ワーキングホリデーの費用は?予算は一般的にどのくらい?

a1180_001744

 

ワーキングホリデーってどのくらいお金がかかるの?

 

いくらくらい貯金があればいいの?

 

ワーキングホリデーは長期間にわたって海外で暮らします。

 

海外には頼れる親戚などもおらず、万が一にも資金が底をつきてしまったら、大変なことになります。

 

そこで、ここではワーキングホリデーにかかる費用を解説していきます。

【スポンサードリンク】


 

一般的なワーキングホリデーの費用

 

ワーキングホリデーには、通常の生活費以外にも、色々とかかってくるお金があります。

 

そこで、ここでは大まかな内訳と、どのくらいお金がかかるのかを解説していきましょう。

 

生活費

 

海外で生活するためのお金です。

 

この金額は、おおよそ日本で暮らすのに、どのようなことにお金を遣うかを考えていただければいいかと思います。

 

最も大きいのは、

 

  住居費

 

  食費

 

の2点です。

 

他にも、生活用品や洋服、お茶代や飲み代などの遊びに使うお金もあります。

 

日本で生活していても、この辺りは人それぞれで、お金のかけ方次第で大きく変わるところになります。

 

おおよその目安としては1ヶ月あたり10万円の生活費が基準になるでしょう。

 

つまり、12ヶ月の滞在なら、120万円です。

 

語学学校

 

ワーホリでは、多くの人が滞在初期に語学学校に通います。

 

英語の習得はもちろん、最初は全く誰も知り合いがいない地で、友人を作れるのも語学学校のメリット。

 

また、語学学校とホームステイをあわせれば、海外生活に全く慣れていない人でも安心してワーホリのスタートを切れます。

 

費用は語学学校やホームステイをする期間にもよりますが、1ヶ月でおおよそ

 

  語学学校授業料 1,200ドル(約11万円)

  ホームステイ代(朝夕食込) 1,000ドル(約9万円)

 

となります。

 

3ヶ月火曜となると、おおよそ60万円程度となります。

 

海外旅行保険

 

海外では日本の健康保険は使えませんので、病気や怪我などの治療費のために、保険に入るのが一般的です。

 

保険は必ず入る必要はありませんが、万が一入院を伴うような病気や怪我などをした場合は、治療費が数百万かかる場合もあります。

 

また、ワーホリは期間が長いので、一般的な海外旅行よりも、病気や怪我をするリスクは当然高くなります

 

だから、保険には入っておくことを強くおすすめします。

 

さて、海外旅行保険の費用ですが、12ヶ月でおおよそ15万円前後です。

 

保険会社やコースによっても多少差は出ますが、どんなに少なく見積もっても10万円以上はかかってしまうようです。

 

航空券

 

海外の往復航空券です。

 

国によっても大きく違い、近場の韓国へのワーホリであれば、往復2~3万程度でもいけてしまいます。

 

逆に、距離が遠いヨーロッパだと、20万円くらいかかってしまう場合もあります。

 

また、オーストラリアなどはLCCの便があり、片道航空券でも安く買えるので、そのような方法を使えば、航空券代は切り詰めることが出来ます。

 

ビザ取得費用

 

ワーキングホリデービザを取得するには、それなりにお金がかかります。

 

例えば、オーストラリアのワーキングホリデービザを申請するには、420豪ドル、カナダなら150カナダドルの申請費用が必要になります。

 

生活滞在費の総額に比べれば、そこまで大きな金額ではありませんが、ビザ申請段階でも費用はかかります。

 

旅行代金等

 

これに関してはすべての人にかかるわけではありません。

 

しかし、ワーホリに行く人の多くは、複数の都市に住んでみたり、滞在国を旅したりします。

 

そのため、都市間の移動費やツアーの参加費、また、ダイビングやスキー・スノーボードなどのアクティビティをする際には、その費用もかかります。

 

これらの費用もあればあるほどいろいろな活動ができるようになります。

 

まとめ

 

ワーキングホリデーにかかる費用をモデルケースとしてまとめてみました。

 

なお、国や為替の状況により、かかる費用は変わりますので、あくまで一般的な例としてみてください。

 

また、これらは支出分ですので、ワーホリで働けば、その分収入を得ることが出来ます。

 

ですから、この額の貯金が必要というわけではありません。

 

生活費 : 130万円(ホームステイ代含む)

語学学校 : 33万円

海外旅行保険 : 15万円

航空券 : 10万円

ビザ申請 : 3万円

旅行代金等 : 30万円

 

合計 :221万円

 

となります。

 

もちろん、これはかなり一般化した例ですので、語学学校に行かないとか、旅行なんてまったくしないとなれば、その分かかる費用は安くなります

 

また、仕事によっては年間で200万円以上稼ぐこともできますので、やり方によっては貯金が出来る人もいるくらいです。

 

(※ ビザの申請費用など、記載の情報は変更されている可能性があります。必ず公的機関などで事前に確認してください)

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す