初めての海外旅行でのツアーの選び方と注意点

a1180_006142

 

海外旅行の満足度を大きく左右するもの。

 

それはツアー選びです。

 

良いツアーを選べれば、楽しい海外旅行になるでしょうし、

 

ツアー選びに失敗すれば、旅行の満足度は大きく下がってしまいます。

 

せっかく高いお金を払って、貴重な長期休みを使っていく海外旅行。

 

絶対失敗するのは嫌ですよね。

 

そこで、ここでは、海外ツアーの選び方について、詳しく解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

パッケージ型はフリープラン型か?

 

まず、どのスタイルのツアーで行くかを決めるのが最初のステップになります。

 

詳しくは、パッケージ型ツアーのメリット・デメリットフリープラン型のメリット・デメリットを参考にしていただければと思います。

 

ここでは、上記に書いてある事以外で重要なことを解説していきます。

 

まず、フリープランにするか、パッケージにするか、どちらにするかは旅行先によるというところが大きいです。

 

例えば、1都市に滞在するような旅行やリゾート地であれば、パッケージ型のメリットは少なくなってしまいます。

 

パッケージ型の最大のメリットは、何と言っても、色々な観光地を効率よく回れること

 

その必要がなければ、そもそもフリープランでも十分代用できます。

 

もちろん、1都市滞在でも、海外が初めてで不安という方や、プランを立てるのが面倒くさいかたはパッケージ型でも良いでしょう。

 

逆に、色々な都市を周遊する場合は、複数の都市のホテルを予約してくれるようなフリープランはないので、パッケージ型か個人旅行ということになります。

 

以上の点を考慮すると、

 

 複数観光地周遊型 → パッケージ型ツアー か 個人旅行

 

 1都市滞在型やリゾート → フリープラン型ツアー か 個人旅行

 

という選択になるかと思います。

 

パッケージ型ツアーの選び方

 

次に、パッケージ型ツアーの選び方をポイントごとに解説していきます。

 

  パンフレットの詳細をチェックすべし

 

パッケージ型旅行には、フリープラン型以上にチェックすべき項目がたくさんあります。

 

例えば、添乗員の有無。

 

パッケージ型だからといって、添乗員が全て付いているわけではありません。

 

他にも、食事についても、全てついているものと、一部しかついていないものがあります。

 

また、パッケージ型でも旅行の日程の中に自由行動があるものもあります。

 

中には、丸々1日自由行動なんてツアーだってあるのです。

 

完全おまかせがいい、というような人は、このような自由行動のあるなしもポイントになります。

 

最後に、飛行機の時間にも注目しましょう。

 

旅行の自由時間が増えるのは、当然ながら機中泊のものになります。

 

逆に、朝出発で日本に夜着などのものは、1日が飛行機の中になってしまいます。

 

ただ、機中泊が苦手な人は、日中移動のプランが魅力的かもしれません。

 

  パッケージ商品や旅行会社の客層をチェックすべし

 

パッケージ型ツアーで注意したいのは、旅行中はずっと他のお客さんと同じということです。

 

つまり、旅行の善し悪しが、一緒にツアーに参加する他のお客さんに影響されるということです。

 

さて、旅行会社やパッケージの商品によっては、年齢層やお客さんの雰囲気がある程度固定しています。

 

比較的年齢層が高めの方が多いツアー。

 

若者が多いツアー。

 

例えば、もしあなたが60代くらいの方で、間違えて若者が多いツアーに参加してしまったらどうでしょう。

 

若者のノリに疲れてしまうかもしれませんし、移動中うるさくて、ストレスを感じるかもしれません。

 

逆に、20代くらいの方が、年配の方の多いツアーに参加したら、物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

また、ツアー内容自体も、参加者の年齢層を考慮して作られているので、間違った年齢層をターゲットとしたパッケージツアーに参加してしまうと、楽しめないこともあるかもしれません。

 

では、どうすれば自分にあったツアーを見つけられるのか?

 

まず、旅行会社によって、大きくカラーが異なります。

 

JTBは高額の商品が多いため、お金に余裕のある方で、年齢層も比較的高めです。(一部商品を除く)

 

HISは、格安旅行が多いので、若い人が比較的多いようです。

 

ただ、これも商品や時期によりけりなので、一番確実なのは、旅行会社に相談してみることです。

 

参加者の傾向はどうか?ツアーの内容はどのような年代向けか?

 

  商品の価格帯をチェックすべし

 

パッケージ型ツアーには、比較的リーズナブルなツアーと、高級ツアーがあります。

 

この部分についても、吟味して選ばないと、安かろう悪かろうの商品を選んでしまう可能性もあります。

 

例えば、ツアー人数。

 

安いツアーではツアー参加者の人数が多い傾向にあります。

 

価格が安い分、少ないスタッフで多くのお客さんを相手にする必要があるからです。

 

しかし、ツアー参加者の人数が多ければ、トラブルも多くなります。

 

集合時間に全員集まらないとか、食事やトイレが長い時間かかるとか。

 

また、添乗員さんも、一人一人にじっくり対応することも難しくなってしまいます。

 

次に、添乗員さんのレベル。

 

添乗員さんにもベテランもいれば、経験の少ない方もいます。

 

当然ながら、ベテランやスキルの高い人は高級ツアーへ、経験の少ない方は格安ツアーの担当になります。

 

他にも、もちろん、食事やホテルのレベルも価格に比例します。

 

このように、格安ツアーと高級ツアーでは、いくつもの点で異なってきます。

 

もちろん、ツアー会社自体のレベルもあるので、格安ツアーでも質の高いツアーを提供しているところもあります。

 

フリープラン型ツアーの選び方

 

フリープラン型については、パッケージ型に比べて注意する点は少なくなります。

 

価格とホテルや航空会社便のバランスで考えるとよいでしょう。

 

ただ、1つだけ注意点があります。

 

それは、あまりにも安い旅行会社は選ばないということです。

 

というのも、旅行会社経由で旅行を申込と、万が一旅行会社が倒産した時に、いろいろと大変な思いをするということです。

 

旅行会社の大半は、万が一の倒産の時でも、申込者に返金ができるように、保険のようなものに入っています。

 

しかし、これは全ての旅行会社ではありません。

 

また、例え、保険に入っていても、全額返ってこない場合もあります。

 

さらに言えば、お金が返ってきても、旅行自体をキャンセルしなければいけない事態になるかもしれませんし、運良くお金の損もなく、旅行にも行けたとしても、無用なトラブルに巻き込まれることにはなります。

 

嫌な思いをしないためにも、無名の会社のあまりにも安い商品には注意しましょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す