初めての海外旅行ツアーのための基礎知識

a1180_007843

 

海外旅行のツアーにはどのようなものがあるのか?

 

どのようなツアーに参加すればいいのか?

 

初めて海外旅行のツアーに参加する場合は不安なことやわからないことがたくさんあるかと思います。

 

そこで、ここでは海外旅行のツアーについて解説していきます。

 

まずは海外旅行ツアーの基礎的な解説をし、その後、ツアーを選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

ツアーの種類

 

海外旅行のツアーと行っても、大きく分けて2つの種類があります。

 

 パッケージ型ツアー

 

 フリープラン型ツアー

 

パッケージ型ツアーとは、ホテルや飛行機に加え、現地の観光や食事などが全てパックになっているツアーです。

 

添乗員さんがいて、みんなでバスで移動というような、そんなスタイルのツアーです。

 

一方でフリープラン型とは、飛行機とホテル、空港からの移動など、最低限必要なものがパックになっているツアーで、観光や食事などはついていません。

 

では、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

パッケージ型ツアーのメリット・デメリット

 

まず、メリットです。

 

 旅行初心者でも安心。

 

日本出発地の空港についてしまえば、後は添乗員さんが全てやってくれますので、集合時間に遅れさえしなければ、トラブルに巻き込まれる可能性は非常に少ないです。

 

旅行先でも、全てプランが決まっていて、何もしなくても旅行会社が目的地まで連れて行ってくれるので、旅行初心者でも、英語が全く喋れなくても安心です。

 

 滞在中のプランをたてる必要がない

 

初めて行く国ならば、滞在中のプランを立てるのも大変です。

 

旅行先の情報を集め、交通機関を探し、時間を計算して・・・。

 

人によっては、「そういうの面倒くさい・・・」と言う人もいるでしょう。

 

このように、旅のプランを立てるのが嫌いな人や、立てる時間がないような忙しい人にはパッケージが向いています。

 

 少ない時間で色々な観光地を回ることができる。

 

例えば、アメリカ旅行に行く場合、ロサンゼルスやハリウッドも行きたいけど、サンフランシスコにもラスベガスにも行ってみたいし、せっかくだからグランドキャニオンにも行きたい。

 

このような周遊型の旅行を考えている場合、個人で行くと現地での飛行機や長距離バス、ツアーなどを全部自分で手配しなければいけません。

 

しかも、全てが良い乗り継ぎで行けるわけではないので、少し長めの日程を取らなければいけません。

 

その上、どこかで遅延などがあった場合は、その先の旅行もパーになってしまう可能性があります。

 

その点、パッケージ旅行ならば、短期間に効率よく回れますし、バスなどは旅行会社の貸し切りですから乗り遅れる必要や乗り継ぎを気にすることもありません。

 

デメリット

 

次に、パッケージ旅行のデメリット

 

 自由がきかない

 

パッケージツアーは全ての予定が組み込まれているので、自由がまったくききません。

 

例えば、ある都市には少し長めに滞在したいけど、○○美術館は興味が無いからスキップ・・・なんてことはできません。

 

他にも、朝はゆっくり寝たいのに、早く起こされるとか、自分の好きな時間に食事が取れないとか。

 

全て、プランに従うしかないし、それに逆らうことは出来ません。

 

 参加メンバーにより、旅行の善し悪しが変わる

 

パッケージツアーは、参加者みんなで団体行動をします。

 

当然ながら、今まで会ったことが無い、見ず知らずの人達と何日間も旅行をします。

 

もちろん、良い人達ならば、とても良い旅行になるでしょうが、万が一嫌な人がいた場合は、旅行自体の満足度が大きく下がってしまいます。

 

また、添乗員の良し悪しでも、ツアーの満足度は影響されます。

 

とはいえ、高いお金を払って海外ツアーに参加している人たちには、良識のある人が多いので、そこまで心配する必要はないでしょう

 

 ホテルや食事などが好みでない場合もある

 

これは、個人旅行でも同じリスクはありますが、パッケージ旅行のほうがリスクとしては高いです。

 

確かに、パッケージ旅行の場合は、旅行会社が良いと思ったホテルやレストランで食事をします。

 

しかし、こればっかりは好みがあるので、旅行会社が良いと思ったものが、必ずしもあなたが良いと思うものとは限りません。

 

例えば、海鮮が嫌いな人が、海鮮系の店に連れて行かれたり、ホテルの夜景にこだわりたいのに、夜景が全然見えない部屋だったなど。

 

次のページでは、フリープラン型のメリット・デメリットを解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す