航空券のOPEN・FIX、オープンジョーってなに?

a0960_005877

a0960_005877

格安航空券を購入するときに、よくOPENやFIXなどの記載があります。

 

これらの意味は何でしょうか?

 

また、オープンジョーっていったい何のことなのでしょうか?

 

このページで解説します。

 

【スポンサードリンク】

格安航空券のOPENとFIX

 

航空券の普通運賃のところで解説しましたが、そもそも航空券とは、

 

 購入から1年間ならば、いつでも使うことができる

 

 他の会社の航空便にも同じルートならば変更可能

 

 キャンセルも可能

 

というように、色々なオプションがついたものでした。

 

そして、そのような自由度を狭めるために航空券の値段を下げたものが、正規割引運賃や格安運賃です。

 

では、どのような制限を設けて自由度を狭めるかというと、

 

 行き帰りの便をあらかじめ指定してしまう。

 

 1つの航空会社でしか使えない

 

 キャンセルが出来ない(手数料がかかる)

 

などです。

 

さて、OPENやFIXとは、上記の制限のうち、『行き帰りの便をあらかじめ決めてしまう』というものです。

 

FIXというのは、日本語に訳せば『固定』という意味で、文字通り行きも帰りも便を決めてしまい、変えることが出来ません。

 

例えば、行きは4月1日の10時成田発のJAL便、帰りは4月8日ホノルル発のJAL便、と言う風に決めてしまい、変更は一切きかないというものです。

 

一方でOPENは、行きの便は決まっていますが、帰りの便の指定は特にしなくても良いというものです。

 

ですから、帰国の予定が決まっていない人や、帰国日がずれる可能性がある人は、OPENのチケットを購入したほうが良いでしょう。

 

なお、OPENやFIXには有効期間が指定されています。

 

例えば、14日FIXの場合は、行きと帰りの日にちが14日以内という事になります。

 

4月1日に出発したら、4月10日に帰国日を設定できても、4月20日に帰国日を設定することはできません。

 

90日OPENの場合は、出発日から90日後の日付までで、自由に帰国の日にちを決められるというものです。

 

もちろん、OPENなので、滞在先で帰国便を予約することは出来ますが、90日FIXならば、出国日から90日を超えてしまうと、使えなくなってしまうので、注意が必要です。

 

なお、FIXの航空券には、5~14日のように、出国日から帰国日までの日にちを最低5日はあけなければいけないという指定のものもあります。

 

この航空券だと、2泊3日などの短期間の旅行には使えないです。

 

また、FIX/OPENのように、決まった回数だけ帰路の便を変更可能というチケットもあります。

 

オープンジョーってなに?

 

例えば、あなたがアメリカ横断旅行を考えているとします。

 

成田からロサンゼルスに降り立って、キャンピングカーを借りて、アメリカの荒野を横断し、ニューヨークまで旅をするというものです。

 

しかし、この旅には問題点があります。

 

というのも、通常の航空券では、行きも帰りも同じ空港を利用しなければいけません。

 

だから、せっかくニューヨークまで行っても、日本に帰国するために、飛行機でロサンゼルスまで行かなければいけません。

 

このような時に便利なのがオープンジョーの航空券です。

 

オープンジョーとは、航空券の種類で、到着地と発着地が異なるもののこと。

 

上の例では、行きは成田発ロサンゼルス行きの飛行機。

 

帰りはニューヨーク発成田行きの飛行機。

 

というように、到着地の空港と帰路の出発地の空港を異なる空港にできるものなのです。

 

特に、個人旅行では都市から都市に移動しながら観光を楽しむという旅行スタイルを取る人も多いため、そのような個人旅行にはオープンジョーはオススメです。

 

余談ですが、なぜ『オープンジョー』なのかというと、航路が開いた顎のように見えるからだそうです。

 

【スポンサードリンク】

格安航空券の仕組みとは?正規割引運賃と格安航空券の違い

a1820_000015

a1820_000015

前回は、格安航空券の開設のために、普通運賃について解説してきました。

 

このページでは、いよいよ格安航空券の仕組みについて解説していきます。

2種類の格安航空券

 

格安航空券には大きく分けて2つの種類があります。

 

それは

 

 正規割引運賃

 

 格安航空券

 

です。

 

前回も簡単に解説しましたが、ここではもう少し詳しく解説していきましょう

 

正規割引運賃

 

正規割引運賃は、各航空会社が設定している運賃です。

 

特徴としてはスーパーエコ割とか、ダイナミックセイバーなど、航空会社で名前をつけているものです。

 

また、航空会社でも代理店でも予約申込ができるのも特徴です。

 

格安航空券

 

これは、主に旅行代理店が販売している航空券です。

 

この航空券は元々、旅行代理店がパッケージツアー用に航空会社から格安で購入している航空券。

 

それをパッケージツアーに使わず、一般の消費者に販売しているというものなのです。

 

だから、正規割引運賃が航空会社が設定している運賃なのに対し、格安航空券は代理店それぞれが値段を決めて販売しているものです。

 

格安航空券と正規割引運賃の違いは?どちらがお得なの?

 

かつて、航空券の値段といえば、正規割引運賃>>>>>>>>>格安航空券というように、かなり開きがありました。

 

しかし、近年は格安航空券の広がりにより、航空会社各社も正規割引運賃の値下げ幅を拡大しており、2010年代には、あまり変わらなくなっています。

 

とはいえ、まだまだ格安航空券の魅力が無くなったわけではなく、やはり一般的に一番安いのは格安航空券と言えるでしょう。

 

ただ、格安航空券にもデメリットがあります。

 

それは、マイルのポイント率が正規割引運賃に比べて低い

 

さらには、マイルを使ってアップグレードができるのも、正規割引運賃だけです。

 

それに加えて、正規割引運賃は最初から座席の予約ができるのに、格安航空券は空港でチェックインする時まで座席を決められないのです。

 

だから、早めにチェックインカウンターにいかないと、良い席がとれなかったり、最悪、一緒に行く人と隣の席が取れないなんてことにもなってしまいます。

 

このように、正規割引運賃に比べ、格安航空券にはいくつかのデメリットがあります。

 

しかも、最近では正規割引運賃の運賃が、格安航空券の運賃と大差はなくなってきているというのが現状です。

 

ちなみに、正規割引運賃は、予約が早ければ早いほど割引率が高くなります。

 

ですから、正規割引運賃で安い航空券を買いたい方は、できるだけ早く予約するとよいでしょう。

 

なお、シーズンによる価格の変動率が大きいのも格安航空券の特徴です。

 

だから、閑散期には、ものすごく安くなる一方で、繁忙期には値段が高騰します。

 

逆に、正規割引運賃はシーズンによる影響をあまり受けにくいという特徴があります。

 

つまり、繁忙期であるゴールデンウィークなどは、正規割引運賃のほうが安いなんてことも十分にありえるのです。

航空券の普通運賃と格安航空券の仕組み

a0960_005581

a0960_005581

航空券の値段のカラクリをご存知でしょうか?

 

実は、航空券の値段とは、いくつもの体系に分かれていて、わかりづらいのです。

 

そして、航空券の種類によっては、同じ行き先なのに、運賃が10倍近くも違うなんてことがあるのです。

 

ここでは、そんな複雑怪奇な航空券の運賃体系について解説します。

 

まずは、航空料金の基本となる普通運賃から解説します

 

【スポンサードリンク】

最も高い普通運賃

 

かつて、世界の航空運賃は世界的な航空会社の業界団体で決められていました。

 

その業界団体とはIATA

 

IATAはルートや行き先別に、標準運賃を設定し、各航空会社はIATAの運賃に従って、運賃を設定していました。

 

そのため、例えば、東京からニューヨーク間の運賃はどこの航空会社でもたいして変わらないものだったのです。

 

このような運賃を普通運賃、ノーマル運賃などとよんだりします。

 

普通運賃は今でもあり、旅行会社などで売られている航空券に比べ、遥かに高い値段が設定されています。

 

例えば、東京-ニューヨーク間で往復だと、ANAのエコノミークラス2の平日でも、795,000円。

 

エコノミークラス1の週末なら、なんと1,095,000円と100万超え!!

 

では、なんで未だにこんな高い航空券があるのかというと、それは必要な人がいるからです。

 

なぜ必要なのかというと、それは航空券の仕組みから解説する必要があります。

 

航空券の仕組み

 

飛行機とは、かつては高嶺の花で、富裕層しか乗れませんでした。

 

だから、運賃が高い分、かなりわがままがきく仕組みになっていたのです。

 

例えば、一度チケットを買ってしまえば、1年の間ならいつでも予約ができる。

 

同じルートならば、どの航空会社の便でも使える。

 

また、キャンセルや払い戻しも自由。

 

もちろん、1年間いつでも予約ができるので、シーズンによって値段の変動はありません。(ただし、平日・土日で運賃差あり)

 

しかし、普通運賃は非常に価格が高く、庶民はほとんど手にすることが出来ませんでした。

 

そこで、庶民が手にするために、航空券に制限をつけて、その代わり価格を下げたものが発売されました。

 

それが正規割引運賃です(PEX運賃ともよばれます)

 

さらに、正規割引運賃とは別に、旅行会社がツアー用に仕入れた航空券を航空券単体で売り出すということもはじめました。

 

それが格安航空券です。

 

このような仕組みが正式に認められたのは、日本では1994年です。

 

つまり、今からまだ20年程度前の話なのです。

 

それまでは、公に認められていたのは、普通運賃だけでしたので、かつては海外に行くのがどれだけ大変だったことか・・・。

 

なお、今でも普通運賃の航空券を買っている人とは、ビジネスマンなど、航空券にかなり自由な設定が必要な人です。

 

例えば、帰りの便がいつになるかわからないし、航空会社もどれになるかわからない。

 

かなり長期に海外に渡航するとか、逆に、日帰りで海外に行くなど。

 

航空券の設定に高い自由度が必要な人のために、今でもノーマル運賃は残っています。

 

次のページでは、それノーマル運賃以外について、もう少し詳しく解説します。

 

【スポンサードリンク】

LCCとはなに?安全なの?一般の航空会社と何が違うの?

a0960_005877

a0960_005877

 

最近ではかなり一般的になってきたLCC。

 

なんとなく価格が安い航空会社だというのはわかるけど、一体いままでの航空会社と何が違うのか?

 

ここでは、LCCと今までの航空会社の違いや、メリット・デメリットなどを解説します。

 

【スポンサードリンク】

 

LCCとは?

 

LCCとはロー・コスト・キャリアの略です。

 

キャリアとは航空会社のことを指す英語です。

 

LCCに対して、今までの航空会社はレガシー・キャリアと言われています。

 

では、今までの航空会社とLCCでは何が違うのでしょうか?

 

最も違うものは、価格とサービスに対する考え方です。

 

レガシーキャリアはしっかりとしたサービスを提供する分、ある程度の価格になるのは仕方がない。

 

一方LCCは、出来る限りサービスを簡素化し、とにかく価格を安くするというものです。

 

簡単にいえば、レガシーキャリアをデニーズなどのファミリーレストランだとすれば、LCCは吉野家のようなファストフード店のようなものです。

 

人をA地点からB地点まで運ぶ。

 

そのサービスに特化し、その分価格を安くしたのがLCCというわけです。

 

では、LCCはどのようなサービスを削っているかといえば・・・。

 

例えば、機内食

 

レガシーキャリアであるJALなどは、中距離以上の国際線では必ず機内食が出ますが、LCCは原則機内食はついていません。

 

また、レガシーキャリアは飲み物のサービスがありますが、LCCにはそのようなサービスはありません。

 

もちろん、LCCでも機内食やドリンクを注文することは出来ますが、全て追加料金となってしまうのです。

 

では、LCCのメリットとデメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

 

LCCのメリット

 

LCCのメリットといえば、やはり何と言っても価格面でしょう。

 

レガシーキャリアの半額や、キャンペーンなどによっては10分の1の値段になったりするようなこともあります。

 

また、価格面以外でも、お得な点があります。

 

例えば、LCCでは原則、起こされないという点です。

 

レガシーキャリアでは、早朝だろうと深夜だろうと、食事の時間になれば問答無用で起こされます。

 

しかし、LCCでは機内食がないので、機内食のために起こされないということがあります。

 

さらに、片道航空券だけ購入できるという点。

 

レガシーキャリアの航空券は原則往復の航空券です。

 

ところが、長期の旅行や留学などでは、帰国日がわからないか相当先のため、片道だけの航空券がほしいという場合もあります。

 

レガシーキャリアでは、片道航空券もありますが、往復とほとんど値段がかわらないなど、非常に割高になります。

 

その点、LCCならば、片道から通常の安い値段で販売してくれます。

 

LCCのデメリット

 

LCCにはLCCなりのデメリットがあります。

 

例えば、食事やドリンクが有料、預け荷物も有料、毛布やエンターテイメント機器が有料と、なんでもお金がかかってしまう点などはよく知られたデメリットです。

 

ではそれ以外のデメリットは?

 

デメリット1

 

1つ目には、遅延がレガシーキャリアに比べて多いということです。

 

レガシーは少ない飛行機の数でやりくりしているため、1つの飛行機が遅れると、数珠つなぎ的に他の飛行機も遅れてしまいます。

 

例えば、飛行機Aは早朝に成田から関空に飛んで、次に関空から博多に飛んで、博多からセントレアに飛んで、セントレアから成田に飛ぶ。

 

というように、1日にいくつもの経路で使われます。

 

もし、成田から関空が遅れれば、その後の全ての便に遅れが生じます。

 

一方レガシーキャリアはここまで飛行機をフル稼働させていませんし、予備の飛行機などもあるので、遅れが出にくいのです。

 

デメリット2

 

2つ目は、遅延や欠航になった時の対応です。

 

実は、私自身、これが一番のデメリットだと思っています。

 

レガシーキャリアでは、航空会社の都合で遅延や欠航になった場合は、代わりの便の手配や、その日に振替が不可能な場合は宿泊施設の手配をしてくれます。

 

しかし、LCCにはそのようなことが一切ありません。

 

LCCの都合で遅延や欠航になっても、代わりの便の手配もないですし、宿泊施設も手配してくれません。

 

しかも、全てが搭乗者の負担になってしまいます。

 

つまり、LCCの飛行機が欠航になった場合、そのLCCの次の便までの宿泊費や食事などの滞在費は全て自腹で払わなければいけなくなります。

 

もちろん、LCCごとにサービスが違いますので、例えば、ジェットスターのように宿泊費は出してくれるとか、スカイマークのように代わりの便を手配してくれるLCCもあります。

 

しかし、LCCの基本スタンスは、人を目的地に運ぶだけで、遅れなどは補償しないというものです。

 

デメリット3

 

ここまで色々なデメリットがあるLCC。

 

しかし、ここまで色々なデメリットがありながら、時期によってはあまりレガシーキャリアと値段が変わらないなんてこともあります。

 

例えば、繁忙期などは、LCCもそれなりに高くなります。

 

予約する時期によっては、レガシーキャリアとそんなに値段が変わらないなんてこともありえるのです。

 

さて、ここまで色々とデメリットを書いてきましたが、やはり海外旅行で一番お金がかかる部分といえば、航空券代。

 

そこはできるだけ削りたいというのは、誰しも思うこと。

 

LCCを賢く使って、旅行代を極力削っていきたいものです。

 

LCCって安全なの?

 

LCCを使う上で、最も気になるのがLCCの安全性

 

いくら安くたって、命に関わるような航空会社はだれだって御免です。

 

では、LCCは安全なのでしょうか?

 

結論から言えば、LCCも安全面にはしっかり配慮しているので、安いから危険ということはありません。

 

確かに、近年ドイツのLCCが事故にあったりなど、心配なニュースも出ていますが、LCCの運営会社にしてみれば、1機飛行機が落ちるだけで、会社の存続に関わります。

 

ですから、安全面はコストをかけてでも万全を期しています。

 

もちろん、会社にもよりますが、LCCの中には、レガシーキャリア以上に安全だと言われる航空会社もあります。

 

日本で言えば、ジェットスターは、親会社が世界で最も安全と言われるカンタス航空であり、安全性ではLCCの中では非常に高く評価されています。

 

他にも、航空会社の安全性を格付けしているairline ratingによると、レガシーキャリアであるガルーダ・インドネシア航空は安全度3であるのに対し、ピーチ・アビエーションは安全度5とピーチのほうが安全だと評価されています。

 

このように、安全性については、LCCかレガシーかにかかわらず、航空会社がどこまで安全性に力を入れているかに左右されます。

 

ただ、一部のLCCは、安全性を問題視されている航空会社もあります。

 

しかしながら、そのような航空会社は今現在、日本に路線を持っていないので、日本発のLCCならば、問題ないとみて間違いないでしょう。

 

【スポンサードリンク】

航空券の料金の内訳とは?燃油サーチャージや空港税とは?

a1820_000015

a1820_000015

 

スーパーで買うような普通の商品には、値札についている価格を支払えば、商品を購入できます(消費税が別途の場合もあり)

 

しかし、航空券の場合はそうではありません。

 

例えば、成田-ニューヨーク間で往復58,000円(諸費用除く)なんて広告がよくあります。

 

この場合は、58,000円を払えばニューヨークに行けるわけではなく、他にもいろいろな料金が発生するのです。

 

ここでは、複雑な航空券の料金を解説していきます。

 

【スポンサードリンク】


 

最も高い燃油サーチャージとは?

 

燃油サーチャージとは、飛行機の燃料の価格変動分を搭乗者から徴収するものです。

 

飛行機は、実は車以上に燃費が悪いのです。

 

どのくらい悪いのかといえば、最新鋭の飛行機であるボーイング787でも、1リットルあたり、100~150m程度です。

 

最近のハイブリット車の燃費が1リットルあたり30kmとか40kmなんて言われている中で、ものすごい差ですね。

 

だから、東京-ニューヨーク間、10,864kmを飛ぶには、単純計算で、72,500リットルもの燃料が必要になります。

 

仮に、1リットル100円だとすれば、725万円もかかるのです。

 

これだけの燃料を必要としますから、燃料価格が1リットル10円違っても、コストは70万円以上も上がってしまいます。

 

そこで、航空会社は石油価格が変動しても、すぐに航空料金に価格を反映できる仕組みを作りました。

 

それが燃油サーチャージというわけです。

 

なお。燃油サーチャージは細かに価格が反映されるよう、ほとんどの航空会社は2ヶ月ごとに料金を見なおしています。

 

さて、この燃油サーチャージ、当然ながら飛行機が飛ぶ距離が流れば長いほど高くなります

 

東京-ソウル間では、1,000円などでも、東京-ニューヨーク間では10,000円以上かかります。

 

だから、遠くに行こうとしている人ほど、航空券にプラスして燃油サーチャージを気にする必要があるのです。

 

空港使用料

 

これは、日本の空港を使用する際の料金です。

 

今現在では、どこの空港もそんなに大差はありません。

 

2,000円~3,000円程度なので、燃油サーチャージほど気になる価格ではありません。

 

空港税

 

こちらは、外国の空港を使う際の税金や、それぞれの国が定めた飛行機に関わる税金です。

 

この金額は国によって様々で、イギリスのように数万円取られるところもあれば、サイパンのように2,000円程度のところもあります。

 

航空券は安いけど、空港税がありえないほど高かった・・・なんてこともありますので、空港税はチェックしたほうが良いでしょう。

 

航空保険料

 

どこの航空会社も飛行機の事故に備え、航空保険に入っています。

 

この保険の料金が航空保険料です。

 

ただし、この航空保険料はJALで300円程度なので、気にするほどのことはありません。

 

【スポンサードリンク】