海外旅行に持っていけない意外な危険物とは?!機内持ち込みの手荷物に入れられる?

a1180_001178

a1180_001178

 

海外旅行に行く際に、避けては通れないもの。

 

それは飛行機への搭乗。

 

しかし、飛行機は保安上の理由から、危険物や危険につながるものの持ち込みが厳しく制限されています。

 

空港についてから

 

「その物品は、預け入れも機内持ち込みも出来ません!」

 

なんて言われて困らないように、事前にしっかり確認しておく必要があります。

 

あなたの持ち物は大丈夫ですか?

 

このページで確認してみてください。

 

なお、液体物については、『液体物の飛行機機内持ち込みについて徹底解説』を参照ください

 

【スポンサードリンク】

危険物の持ち込みや預け入れは注意が必要!

 

危険物となる可能性のあるものは、主に2つです。

 

 火がついたり、爆発したりする恐れのあるもの

 

 凶器となるようなもの

 

そのうち、火がついたり爆発したりする恐れのあるものは、貨物室への預け入れも不可能になります。

 

つまり、飛行機では海外に持って行くことが出来ないため、注意が必要です。

 

また、預け入れが出来るものもでも、注意が必要です。

 

というのも、手荷物検査を受けるのは、スーツケースを預けてしまった後です。

 

つまり、手荷物検査でダメと言われた時点では、引き返してスーツケースに入れるという事ができません。

 

一度スーツケースを預けてしまえば、余程の事情がない限りは飛行機を降りるまで返してはもらえないのです。

 

ですから、スーツケースを預け入れる前に、機内持ち込み可能かどうかを判断し、あらかじめスーツケースに入れておかなければいけません。

 

では、どのようなものが危険物となるのでしょうか?

 

危険物となるもの、持ち込みに注意が必要なもの

 

危険物となるもののうち、一般的に持ち込む可能性のあるものを上げていきます。

 

リチウムイオン電池

 

リチウムイオン電池とは、パソコンや携帯などの充電式電池に主に用いられているものです。

 

国内の製品ならば、リサイクルマークの下に「Li-ion」と書かれています。

 

リチウムイオン電池は、発火の危険があるため、機内への持ち込みと預け入れが厳しく制限されています。

 

まず、160Wを超える大型の電池は持ち込み、預け入れ共に不可です。

 

ただし、これは相当大型のものなので、個人で持っている人はあまりいないでしょう。

 

次に、160W以下のもの。

 

160W以下のものは、次の2つで取り扱いが異なります。

 

 何かに付属している電池

 

 電池単体(予備のバッテリーなど)

 

例えば、パソコンやデジカメに付属している電池。

 

こちらに関しては、付属したままの状態であれば、預け入れも機内持ち込みも出来ます

 

例えば、デジカメの電池をデジカメに入れたままにしておけば、大丈夫ということです。

 

ただし、デジカメから取り外してしまうと、電池単体の扱いになります。

 

さて、電池単体ですが、こちらは預け入れは出来ません。

 

ですから、チェックイン時に預け入れるスーツケースにデジカメや携帯などの予備バッテリー(リチウムイオン以外の乾電池を除く)が入っていた場合は、スーツケースを預けることができなくなってしまいます。

 

その場合は、スーツケースをいったん開けて、手荷物に入れるという手間が発生してしまいます。

 

なお、電池単体を手荷物として飛行機の中に持って行く場合は、短絡防止措置が必要になります。

 

短絡防止措置とは、電池から電気が他の物質に流れ込まないようにすること。

 

例えば、電池を1つずつビニール袋に入れたり、紙などの電気を通さない物質でくるんで、とれないようにガムテームで固定するなどです。

 

なお、100Wを超えるリチウムイオン電池は、2個までしか機内に持ち込めません

 

100Wを超えるものも家庭用では珍しいですが、一部のノートパソコンなどは超えるものもあるようです。

 

だいたい、一般的なノートパソコンだと、50W前後のものが多いです。

 

計算方法としては、バッテリーに書いてある、Ah(アンペア時)×V(ボルト)で計算できます。

 

もし、mAh(ミリアンペア時)で記載してあった場合は、mAh×V÷1000をすればOKです。

 

わからない場合は、各メーカーなどに聞いてみるとよいでしょう。

 

 

ライター

 

喫煙者には必需品のライター。

 

海外でもライターは必要になりますし、お気に入りのライターを持って行きたいという人もいるでしょう。

 

しかし、ライターは危険物扱いとなるため、注意が必要です。

 

まず、ライターは預け入れの荷物に入れることは出来ません。

 

そして、機内に持ち込めるライターも1つのみです。

 

つまり、2つ以上のライターは機内にも持って行くことは出来ないのです。(マッチもライターと同じ扱いになります。)

 

では、ライター1つならばなんでも良いのかというと、そうではありません。

 

一般的な100円ライターは大丈夫です。

 

ジッポ(ZIPPO)のライターも大丈夫です。

 

しかし、ジッポのように、綿にオイルを吸着させないようなオイルライターは持ち込めませんので注意してください。

 

また、ジッポのオイルについては、預け入れも機内持ち込みも出来ませんので、フル充電で行くか、現地で調達するしかないです。

 

アルコール

 

アルコールはアルコール度数によって制限が違います。

 

まず、アルコール度数70度を超えるもの。

 

一部のウォッカなどですね。

 

これは、預け入れも機内持ち込みもダメです。

 

完全な危険物扱いとなります。

 

次に、アルコール度数25~70度のもの。

 

こちらは、機内持ち込みも預け入れも出来ます。(別途、液体物に関する規定はあり)

 

ただし、最大で一人あたり5リットルまでという制限があります。

 

最後に、アルコール度数24度以下のもの。

 

こちらについては、非危険物扱いですので、制限は特にありません。

 

ただし、アルコール度数に関係なく、水筒などに移し替えたアルコールはダメです。

 

必ず、販売されている容器のまま、預け入れ、もしくは機内持ち込みしてください。

 

ヘアカーラー・ヘアアイロン

 

ヘアカーラーやヘアアイロンについては、一般的な充電式ではないものは、危険物ではありませんので気にしなくて大丈夫です。

 

問題になるのは、充電式のもの。

 

まず、リチウムイオン電池式のものは、そのままでは預け入れも機内持ち込みも出来ません

 

どうしても持って行きたい場合は、電池を本体から取り外し、本体は預け入れ荷物か機内持ち込み、電池はリチウムイオン電池の功を参考に、短絡防止措置などをして手荷物での機内持ち込みとなります。

 

電池と切り離せないものは、残念ながら、海外に持って行くことは出来ません。

 

また、ガス式のものについては、一人あたり1個までで、なおかつ液体物扱いになりますので、1Lの袋に入れる必要があります。

 

さらに、予備のガスボンベは持ち込みも預入も不可になります。

 

ガス式はかなり大変なので、念のため、航空会社などにしっかり確認をしてください。

 

防水スプレー

 

防水スプレーは引火性のあるもの(火気注意・火気厳禁の表記があるもの)は預入もも持ち込みも出来ません。

 

引火性ではないものは、機内持ち込みは出来ませんが、預け入れは可能です。

 

ただし、500ml以上の大型のものは預け入れることが出来ません

 

スキー・スノーボードのワックス

 

引火点が60度以下の液体状のワックスは持ち込みも預け入れも出来ません。

 

固形状のものならば大丈夫です。

 

包丁

 

包丁は海外で人気のあるおみやげなので、持っていく人も多いかもしれません。

 

しかし、包丁は凶器になるので、当然ながら機内への持ち込みはダメです。

 

ただし、預け入れは出来ますので、スーツケースなどに入れて預けるようにしましょう。

 

凶器となる刃物類は基本的に、預け入れれば持って行くことができるので、他にもハサミや万能ナイフなど、凶器になりそうなものは、スーツケースに入れるようにしましょう。

 

なお、先の尖っていない、化粧用はさみや鼻毛きりばさみなどは、機内持ち込みが出来ます。

 

しかし、不安な人は、機内でどうしても使わなければいけないということがないかぎりは、預け入れ荷持に入れておいたほうが良いでしょう。

 

花火

 

花火も海外へのお土産としては使えそうですが、残念ながら、持ち込みも預け入れも出来ません。

 

催涙スプレー

 

防犯用に催涙スプレーを持って行きたいと言う人もいるかもしれませんが、催涙スプレーは持ち込みも預け入れも出来ませんので、他の防犯対策を考えたほうが良いでしょう。

 

他にも、細かい規定がありますので、詳しくは国土交通省のコチラの資料をご参照ください。

 

【スポンサードリンク】

液体物の飛行機機内持ち込みについて徹底解説

a1180_006022

a1180_006022

 

2001年以降、飛行機機内に持ち込めるものが非常に厳しく制限されるようになりました。

 

そんなな方で、特に気をつけたいのが、液体物の機内持ち込みです。

 

ここでは、液体物の機内持ち込みについて、詳しく解説していきます。

 

【スポンサードリンク】


 

液体物のチェックはどのように行われるのか?

 

空港につくと、チケットカウンターでチェックインをします。

 

この時に、スーツケースなどの機内に預け入れる荷物は預けてしまいます。

 

そして、その後、搭乗ゲートに進むために通るのが、セキュリティーゲート(保安検査場)

 

金属探知機があって、人はそこをくぐり、手荷物はX線の機械に通します。

 

このセキュリティーゲートで、液体物のチェックがされるのです。

 

つまり、この時に正しい方法で液体物を持っていないと、搭乗ゲートに進めないか、液体物を廃棄する事が必要になります。

 

逆に言えば、この後に売店などで液体物を購入した場合は、普通に飛行機に持ち込めます。

 

なお、検査の際には、手荷物とは別に液体物の入った袋を出しておくと検査がスムーズになります。

 

液体物はどのように持ち込めばいいか?

 

まず第一に、国際線を利用する場合は、100mlを超える容器に入った液体物は持ち込みできません

 

これは、どのような手段を使っても持ち込みできないので、あきらめるか、100mlより少ない容器に移し替える必要があります。

 

また、例え100ml以内の容器でも、比重の関係で100gを超えてしまうものもアウトなので、念のため重量も注意してください。

 

なお、100均などで容器を買う際は、100mlを超えないものかどうか、しっかりチェックしましょう。

 

次に、100mlを超えない容器に入ったもの。

 

これも、そのままでは持ち込めません。

 

100ml以下の容器に入った液体物は、1L以下の透明プラスチック袋に入れる必要があります。

 

この袋は、

 

  容量が1L(リットル)以下

  ジッパーの付いた袋で、一度開けても再び封ができるもの。

  縦20cm×横20cm以下で、かつマチ(※)がついていないもの。

  透明でプラスチック製であること

 

が条件となります。

 

(※マチとは、立方体(縦×横×高さ)でいうところの縦にあたる部分。奥行き。バッグで言えば、バッグの幅に当たります。つまり、幅のあるプラスチック製の袋はダメだということです)

 

簡単にまとめますと、縦横が20cm以内の封ができるプラスチック製の袋です。

 

まあ、ジップロックのようなものです。

 

ちなみに、ジップロックですと、フリーザーバッグ中がこのサイズに当たります。

ジップロック フリーザーバッグ 中 54枚入

 

 

なお、この袋は1人につき、1袋までしか持って行くことは出来ません。

 

液体物とはどんなものか?

 

次に、機内に持ち込む際に注意が必要な液体物を解説します。

 

飲み物

 

飲み物は当然液体物にあたるため、機内には持ち込めません。

 

また、ほぼ全てのペットボトルは100mlを超えているので、容器を移し替える必要があります。

 

ただ、そのような手間をかけなくても、セキュリティーゲートを抜けた後の売店で購入できるものなので、そこで購入したほうがよいでしょう。

 

また、飲み物だけでなく、ゼリーやヨーグルト、アイスクリームなども液体物とみなされます。

 

化粧品類など

 

化粧品類を持ち込む際には、100ml以下の容器に入っているものか、大きい物は小さい容器に移し替える必要があります。

 

さて、化粧品類で液体物に当たるものは、

 

  化粧水

  乳液

  美容液

  クリーム

  クレンジング全般

  洗顔料

  リキッドファンデーション(パウダーはOK)

  化粧下地クリーム

  液体のマスカラ・アイライナー

  液状のコンシーラー

  グロスやジェル状の口紅(固形のリップクリームや口紅はOK)

  香水

  ヘアスプレー

  日焼け止め

  消臭・制汗スプレー

 

その他

 

その他にも、液体物とみなされるものには以下の様なものがあります。

 

  ヘアワックス

  歯磨き粉

  シェービングフォーム

  軟膏や塗り薬

  育毛剤

  マウスウォッシュ

  ハンドソープ

  修正液(ボールペンは可)

  ライター

  缶詰

  バターやジャム

  スープ

  液体の健康食品

  豆腐やこんにゃく

 

医薬品について

 

医薬品については、機内で使用する分に限っては、液体物としてみなされないで、普通の手荷物として持ち込むことができます。

 

ただし、セキュリティーゲートで検査官に説明する必要があります。

 

なお、コンタクトレンズの洗浄液は医薬品に当たりますので、これについてはプラスチック製のバッグに入れなくても大丈夫です。

 

ただし、持ち込めるのはあくまで「機内で使う量」なので、大きなサイズの洗浄液を持ち込むと、セキュリティーゲートを通過できない可能性もあります

 

注意してください。

 

また、医薬品ではない、健康食品や医薬部外品は液体物扱いになりますので、注意が必要です。

 

さて、次のページでは、危険物の預け入れや、機内持ち込みについて解説します

 

次のページ:海外旅行に持っていけない意外な危険物とは?!機内持ち込みの手荷物に入れられる?

【スポンサードリンク】