海外旅行で人によっては必要になる持ち物とは?!

a1180_001392

a1180_001392

 

このページでは、海外旅行で人によっては必須となるような持ち物について解説します。

 

海外旅行の持ち物リスト一覧をご覧になりたい方は『海外旅行の持ち物リスト一覧 必須な物・あると便利な物』を

 

前回の海外旅行中に無いと困るものの解説については、『海外旅行の持ち物ガイド 無いと旅行に支障が出る物とは?』を御覧ください。

 

さて、海外旅行に持っていくもののうち、旅行スタイルや人によっては必須となる持ち物があります。

 

ここでは、そのような持ち物について詳しく解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

人によっては必要になる持ち物

 

イエローカード

 

イエローカードとは、黄熱病予防接種証明書のことです。

 

黄熱病とは、蚊により媒介される感染症の1つで、予防接種により防ぐことが出来ます。

 

主にアフリカの熱帯地域南アメリカの熱帯地域で感染する恐れのある病気です。

 

一部の国では、この予防接種を受けたことを証明するイエローカードが無いと、入国することは出来ません。

 

また、感染地域などで乗り換えを行う場合には、イエローカードがないと乗り換え先の国に入国できないことがあります。

 

例えば、ブラジルからニューカレドニアに立ち寄って、日本に帰国するような場合。

 

ニューカレドニアには感染地域ではありませんが、黄熱病の感染地域から来る人には予防接種の証明書提示が必須となっています。

 

詳しくは、厚生労働省のコチラのページをご参照ください

 

ボディーソープやシャンプーなど

 

格安ホテルなどでは、石鹸しかついていないようなところもあります。

 

ユースホステルなどの格安宿には石鹸もついていないので、自分で持っていく必要があります。

 

また、高級ホテルでも、自分にあうシャンプーなどではない可能性もあるので、気になる人はお気に入りのものを持って行くとよいでしょう。

 

ドライヤー

 

ドライヤーやヘアアイロン・コテなどを持って行く場合は、電圧に注意してください。

 

また、変圧器を持って行く場合は、ドライヤーなどは消費電力が大きいので、変圧器の能力を確認する必要があります。

 

詳しくは、海外旅行で変圧器は必要?プラグはどうする?!をご参照ください。

 

Wi-Fiルーター

 

Wi-Fiルーターは海外専用のものをレンタルすることが出来ます。

 

成田・羽田・関空などの大きな国際空港では、出発当日にレンタルすることも出来ます。

 

ただ、大抵は出発の○日前までと申込期限が決まっているので、早めに申し込みをしておくことをオススメします。

 

目覚まし時計

 

ホテルのグレードによっては、モーニングコールや目覚ましが無いところがあります。

 

また、目覚まし時計があるのに、使いづらかったり、使い方がわからないという場合もあります。

 

ツアー集合時間などが心配な方は、使い慣れた目覚まし時計を持って行くとよいでしょう。

 

もちろん、携帯のアラームでもOKです。

 

マイレージカード

 

マイレージカードは空港のカウンターでチケット受取時に登録しないと、マイルがつかない場合があります。

 

かなりもったいないので、マイルが付く場合には、持って行きましょう。

 

日焼け止め・帽子・サングラス

 

海外の一部の国では、日本では信じられないほど日差しが強い国があります。

 

特に、熱帯地域のビーチリゾートなどでは日焼け止めは男性でも必須です。

 

日焼け止めをつけないで過ごすと、やけどのような日焼けをしたり、後々しみになったり、最悪皮膚がんなどの原因になることだった考えられます。

 

例えば、オーストラリアなどは、学校では日焼け止めを付けない児童は外では遊ばせてもらえません。

 

そのくらいに強力な紫外線とは恐ろしいものです。

 

日差しの強い国に行く場合は、日焼け止めの使用を強く推奨します。

 

また、暑い国で、長い間戸外にいる場合には、帽子も必須です。

 

油断していると、本当に熱射病になり、倒れてしまいます。

 

それから、眼があまり強くない人は、強い日差しで眼がやられないように、サングラスも持っていったほうが良いでしょう。

 

上述のオーストラリアなどは、夏は戸外でサングラスをかけるのは、当たり前なので、恥ずかしがる必要もありません。

 

旅の一言会話帳

 

ちょっとした挨拶や注文など、現地の言葉でできると、旅がより面白くなりますし、困ったときなどにも役に立ちます。

 

また、一部の国や地域では英語ですら通じないこともあるので、そのような国に行く場合には、必需品となります。

 

かつてスペインに行った時など、マドリッドでも、少し郊外になると英語が全く通じず、お店で注文ができないなってことがありました。

 

かろうじて覚えていた、ウノ・ドス・トレスとポルファボールだけでなんとかしのいだものでした。

 

ホッカイロ

 

寒い地域で大活躍のホッカイロ。国によっては売っていなかったり、日本よりも全然高かったりするので、持って行くと重宝します。

 

虫除けスプレー

 

熱帯などでは、マラリアやデング熱の感染の原因にもなりますので、熱帯地域に行く場合は虫除けスプレーは大事なアイテムです。

 

なお、『海外の蚊には日本の虫除けスプレーは効かない』という噂もあるようです。

 

それは、虫除けスプレーに含まれる有効成分ディートの含有比率が、日本の製品は少ないからです。

 

とはいえ、少ないのには理由があり、ディートの含有割合が多い=健康に害になる可能性があるからです。

 

日本のものでも、少量ながらもディートは入っていますので、日本のものをこまめにぬったほうが効果的でしょう。

 

会員証など

 

ユースホステルの会員証、ダイビングのライセンス、その他ライセンスや会員証など海外で使う可能性のあるものは、忘れずに持って行きましょう。

 

タオル・バスタオル

 

ユースホステルレベルの格安宿には、タオルやバスタオルはついていません。

 

また、ビーチリゾートに行く場合も、持っていったほうが良いでしょう。

 

南京錠

 

一部の格安ホテルやユースホステルなどには、セキュリティーがとても甘い場合があります。

 

また、ドミトリー(共同部屋)の場合は、全く知らない人と同じ部屋を使う必要があります。

 

そのような場合は、特に、荷物のセキュリティーが必要です。

 

もちろん、パスポートなどは持ち歩くでしょうが、その他にもパソコンやタブレット端末など一部の高価なものは、部屋に置いていかざるをえない場合があるでしょう。

 

そんな時のために、鍵のかかるスーツケースを持っていくか、バックパック等の場合は、南京錠などで開かないようにする事が必要です。

 

さて、次のページでは、必要ではないけど、あると便利なグッズを紹介します。

 

次のページ:海外旅行に持っていくもの 必須でないけどあると便利なグッズ

 

【スポンサードリンク】

海外旅行の持ち物ガイド 無いと旅行に支障が出る物とは?

a1180_001393

a1180_001393

 

前回のページでは、これがないと海外に行けないという絶対必須の持ち物について解説してきました。

 

こちらのページでは、海外には行けるけど、無いと旅行に支障がでるような持ち物について解説していきます。

 

なお、海外旅行の持ち物一覧リストについては、こちらの『海外旅行の持ち物リスト一覧 必須な物・あると便利な物』を参照ください

 

【スポンサードリンク】

海外旅行に必須な持ち物とは?

 

パスポートや航空券は、忘れてしまった場合は海外に行けなくなってしまいます。

 

しかし、そのような物以外にも、海外についてスーツケースを開けた瞬間、

 

『あっ・・・日本に忘れてきた・・・どうしよう!!』

 

というものが幾つかあります。

 

ここでは、そんなアイテムを紹介していきます。

 

コンタクトレンズやメガネ

 

日本国内の移動もあるため、メガネやコンタクトレンズ自体を忘れる人は珍しいと思います。

 

しかし、よく忘れがちなのが、コンタクトの洗浄液や使い捨てコンタクトの人は翌日以降のコンタクトレンズです。

 

また、コンタクトの人が、コンタクトを外した後に使うメガネを忘れるという場合もあります。

 

目が見えないと、旅行どころではないし、見知らぬ国でめがねやコンタクトを作るのはかなり難しいので、絶対に忘れないようにしましょう。

 

また、メガネ派の人は家から忘れることは無いのですが、意外と忘れてしまうのが、飛行機の中。

 

寝るときに、メガネケースごと座席のポケットに入れておいて、到着時に寝ぼけていて、そのまま忘れてしまったなんて、嘘みたいな話もあります。

 

なお、メガネは忘れなくても、メガネケースはよく忘れられるので、飛行機から降りるときは注意してください。

 

洋服類

 

洋服については、基本的に海外ではあまり高級な洋服はオススメしません。

 

というのも、国によっては、高級な洋服を着ているだけでひったくりなどの犯罪にあうケースが激増してしまうからです。

 

特に、旅慣れていない人は、明らかに高そうな洋服や靴、バッグは持っていかないようにしましょう。(ただし、レストラン等は正装が必要な場合あり

 

また、国や旅行の内容によっては、歩きにくい道を歩いたり、かなりの歩数を歩くことにもなるので、特に女性は歩きやすいスニーカーなどを1つ持って行くと便利です。

 

普段スニーカーなど履かない人は、事前に履いて、インソールなどで調整しておきましょう。

 

最後に、洋服についての注意点として、海外ではかなり日本とは気候が違う場合があります

 

例えば、オーストラリアなどは季節が日本と逆ですし、真冬でも赤道付近ならば真夏のような気候です。

 

北欧などは、真夏でもかなり涼しいです。

 

さらに、同じ気温でも、湿度などにより、体感温度が異なる場合もあります。

 

現地の気候をよく調べて、快適に過ごせる服装を選びましょう。

 

なお、日本が真冬の時に、南半球や赤道付近に行く場合は、空港までの格好と現地に着いてからの格好が大きく変わります。

 

例えば、空港まではコートやダウンジャケットを着て行っても、現地についたら邪魔になります。

 

そのような場合は、空港にコートやジャケットの預かりサービスがありますので、利用すると便利です。

 

コートやダウンジャケットはかさばるので、旅行には邪魔になってしまいます。

 

移動用のハンドバッグ

 

スーツケースやバックパックなどの他に、現地で過ごす際に使うバッグを持っていくかと思います。

 

このバッグについては、特に初めて海外に行く方は注意してください。

 

というのも、日本ではどのようばバッグで歩いていても、ひったくられるなんてことはあまりありません。

 

しかし、国によっては、簡単にひったくりにあってしまう場合もあります。

 

 

ハンドバッグの中には、財布などを入れる場合もありますので、ひったくりに合わないようなバッグが重要です。

 

最もひったくりにあいやすいバッグは高級なブランド物のバッグです。

 

ブランド物のバッグを持っている人=お金持ちと思われ、もっともひったくりの被害に合いやすいのです。

 

だから、高そうなバッグやブランド物のバッグは持っていかないほうが良いです。

 

次に、リュックサック

 

以外に安全そうなリュックサック。

 

しかし、背中にあるために、常に自分の視界から外れてしまいます。

 

人混みなどで、リュックをナイフで切り裂いて、中を持っていかれるなんて事件がありましたので、リュックはあまりオススメしません。

 

では、オススメは?

 

最も安心できるのが、トートバッグです。

 

常に自分の視線の最も近くにあるので、盗まれにくいし、紐が長くないので、ショルダーバッグのようにすれ違いざまに持っていかれることもありません。

 

ただし、バッグの蓋が閉められないものは、盗難の危険があるので、ジッパーなどで閉められるものが良いです。

 

ポーターガール(porter girl)・ネイキッド・トートバッグM (レッド)

 

トートバッグの次にオススメなのが、斜めがけのショルダーバッグ

 

紐の長くないものは、特に防犯性が高いです。

 

逆に、紐が長いものは、すれ違いざまに持って行かれてしまう可能性もあります。

 

あと、常に自分の体の前に来るように気を使わなければいけないというのは、ショルダーバッグのデメリットです。

 

森野帆布 x SIGNAL FLAG MIKASA ボディバッグ SF-0198 グレーII ワンショルダー 海上自衛隊 採用帆布

 

最後に、『盗難は嫌だけど、自分の好きなバッグを持って行きたい』

 

と言う人のために。

 

セキュリティーポーチというアイテムがあります。

 

地球の歩き方オリジナル セキュリティポーチ ベージュ

 

首からぶら下げるもので、ちょっと格好は悪いですが、そこに貴重品を入れておけば、最強です。

 

バッグの中には取られても問題ないものだけ入れて、大事なものはセキュリティーポーチに入れるという方法もあります。

 

なお、万が一路肩などに連れ込まれて、金品を脅し取られてしまう時の事を考えて、バッグにも多少の現金は入れておきましょう

 

これは、本当に万が一の事態に備えてということになりますが・・・。

 

バッグに全くお金がないと、犯人を怒らせて傷つけられてしまう場合があります。

 

また、体の隅々まで調べられて、セキュリティーポーチごと持って行かれてしまう場合もあります。

 

そのような時のために、バッグの中に50ドルくらいを入れておくとよいでしょう。

 

化粧品やスキンケアアイテム

 

化粧品やスキンケアについて、海外旅行ではいくつか注意点があります。

 

まず、旅行先の気候。

 

日本では、冬は乾燥対策が重要ですし、夏は紫外線対策が重要になってきます。

 

例えば、ファンデーションでも、夏はSPFの高いもの、冬は保湿効果の高いものを選ぶという風に使い分けている人もいるでしょう。

 

スキンケアでも、夏は美白効果の高いもの、冬は保湿力の高いものなど。

 

さて、日本と渡航先では、気候や日照量が大きく違う場合があります。

 

例えば、オーストラリアなどは、日本よりも乾燥していますし、オゾンホールの影響で紫外線も日本よりもはるかに強いです。

 

ヨーロッパは乾燥した地域が多いですし、東南アジアは赤道に近い国が多いので、その分日差しも強くなります。

 

このように、渡航先の気候によっては、日本にいる時よりもSPFが高いファンデや別途日焼け止めを塗る必要が出てきたり、より保湿力のある化粧品が必要になってきたりします。

 

そこで、渡航先の気候をチェックし、最適な化粧品を用意するとよいでしょう。

 

次に、機内でのメイク

 

機内でメイクを落とす場合には、クレンジングなどが必要になってきます。

 

また、メイクを落とした後のスキンケアも必要です。

 

かし、機内には、液体物の持ち込みが厳しく制限されています。(※液体物はジェルやクリームを含む)

 

詳しくは、別のページで解説しますが、液体物は1つにつき、100ml以下のものだけ。

 

さらに、100ml以下であっても、透明な袋に入れて持ち込む必要があります。(詳しくは国際線機内持ち込みのサイズや液体物についてを参照ください)

 

これらをあらかじめ準備しておかないと、飛行機の中に持ち込めないという事態にもなります

 

もちろん、種類は限られますが、スキンケアやクレンジングは空港でも調達することができます。

 

しかし、これから旅行に行くのに、不要な出費は避けたいものですよね。

 

空港のショップは値段高めですし。

 

例えば、ダイソーなどの100均にいけば、小分け用の容器は売っています。

 

クレンジングはクレンジングシートならば液体には当たらないので大丈夫です。

 

このように、メイク落としやスキンケアは飛行機に持ち込むには工夫が必要になってきます。

 

とはいえ、飛行機の中は、異常に乾燥するので、地上にいる以上にスキンケアには気を使う必要があります。

 

中には、機内でフェイスパックを始める人もいるくらいに。

 

とにかく、飛行機の中では、念入りな保湿対策が必要にはなります。

 

ガイドブックと電源類

 

これについては、少し長くなりますので、別ページで解説します

 

ガイドブック:海外旅行にオススメなガイドブックは?ガイドブックの選び方

 

電源類:海外旅行で変圧器は必要?プラグはどうする?!

 

さて、次のページでは、条件付きで必須になるアイテムについて解説します。

 

次のページ:海外旅行で人によっては必要になる持ち物とは?!

 

【スポンサードリンク】

海外旅行で持参するアイテムは?何を持っていけばいいの?

a1180_001143

a1180_001143

 

国内旅行と違い、海外旅行では持っていくアイテム数がとても多くなります。

 

例えば、パスポートなどは、海外旅行でないと持っていかないでしょう。

 

また、海外だと宿泊日数も多くなるので、それだけ持っていくものも多くなります。

 

さらに、日本と違い、海外には売っていないものもあるため、『現地で買えばいいか』ということができないアイテムもあります。

 

そこで、ここでは、海外旅行に持参するアイテムとその解説をしていきたいと思います。

 

なお、持っていく物の一覧リストは『海外旅行の持ち物リスト 必須な物・あると便利な物』のページをご覧ください

 

【スポンサードリンク】

絶対に持参する必要があるアイテム

 

海外に絶対に持っていかなければいけないアイテムがいくつかあります。

 

万が一忘れた場合は、海外旅行に行くこと自体ができなくなってしまいます。

 

まずは、そんな最重要アイテムから解説します。

 

パスポート・ビザ・航空券

 

まず、パスポートやビザ、さらに航空券。

 

これがないと、飛行機にすら乗れず、出国ができなくなってしまいます。

 

最重要アイテムですので、出発前日には、手持ちカバンの中に入れておき、出発前に再点検するぐらい、慎重に確認して下さい。

 

なお、ビザについては、たいていパスポートに貼られる場合が多いので、ビザ不要だったり、パスポートに貼られている場合は、確認不要です。

 

ただし、アメリカのESTAやオーストラリアのETASのように、電子渡航認証の場合は、申請番号などをメモした紙を持って行きましょう。

 

航空券については、近年はEチケットが多いため、実際の航空券を持っていくという機会はあまりないかもしれません。

 

しかし、Eチケットの印刷物やお客様番号等が必要になるケースもありますので、その場合は忘れずに持っていくようにしましょう。

 

財布・現金・クレジットカード・保険証や免許証

 

財布については特に説明は不要ですね。

 

現金以外にも、クレジットカードは海外旅行の必須アイテムなので、忘れずに。

 

また、海外で使えるキャッシュカードなどもです。

 

ところで、財布の中には、診察券や会員証などを入れている人も多いと思います。

 

海外では、日本で使うほとんどのカード類は不要になりますので、万が一紛失した時のことを考え、海外で使わないカード類は置いておきましょう。

 

なお、健康保険証はどうしたら良いかという質問があったのですが、私は持っていったほうが良いと思います。

 

万が一にも空港に着くまでや飛行機に乗るまでに怪我や病気になった際に使えますし、帰国直後に関しても、事故に絶対合わないとはいえませんので。

 

また、長旅で体調不良になる場合もありますが、その場合も、すぐに医療機関を受診できます。

 

免許証はどうでしょうか?

 

一部の国では日本の免許証だけで運転出来る国もありますし、また国際運転免許証を持って行く場合は、その元となる日本の免許証が必要になるので、車を運転する人はもちろん持っていくべきでしょう。

 

もし、海外で車を運転する予定がない人は、特に必要がない・・・と思いがちですが、実はそうではないのです。

 

車も運転しないのに、免許証が必要な事態とは・・・それは、パスポートが盗まれた時や紛失した時です。

 

パスポートが無くなってしまった時は、帰国するためにパスポートの再発行などを行う必要があるのですが、そのために、顔写真付きの身分証明書が必要になります。

 

顔写真付きの身分証明書はあまり多くなく、やはりいちばん利用しやすいのが免許証でしょう。

 

そこで、免許証は万が一の時のために海外に持って行き、パスポートとは別に保管しておきましょう。

 

 

保険証券・鉄道パスやアクティビティクーポン、空港までのチケット

 

最後に、海外旅行保険に加入している場合は、保険の証券。

 

海外で使う鉄道パスやアクティビティのクーポン、ツアー参加チケットなどは必ず忘れずに持って行きましょう。

 

あと、意外に忘れがちなのが、日本の空港までの移動手段のチケットです。

 

例えば、電車の指定席で行く場合は、指定席券と乗車券は忘れずに持って行きましょう。

 

バスの場合は、乗車券の場合と番号や電子チケットの場合など、様々です。

 

いずれにしても、忘れないようにしましょう。

 

次のページでは、これがなくても海外にはいけるけど、必須な持ちものについて解説します。

 

次のページ:海外旅行の持ち物ガイド 無いと旅行に支障が出る物とは?

 

【スポンサードリンク】

海外旅行の持ち物リスト一覧 必須な物・あると便利な物

a0002_011465

a0002_011465

 

海外旅行には何を持って行ったら良いのでしょうか?

 

ここは、ある程度旅慣れた人でも迷うところです。

 

また、国内旅行と違って、忘れた場合には現地で買うのも大変です。

 

だからこそ、忘れ物は絶対にしたくないところです。

 

ここでは、海外旅行に必要なものを必要度に応じてリストにしました。

 

準備などにお役立てください。

 

なお、ページ下部には下記のリストを印刷して使えるように、PDFファイルをアップロードしてありますので、あわせてお役立てください。

 

【スポンサードリンク】

海外旅行の持ち物

 

絶対必須の持ち物

 

 パスポート

 ビザ(VISA、査証)

 航空券

 財布(現金とクレジットカード)

 海外旅行保険保険証

 鉄道パスやアクティビティのクーポンなど

 空港までの乗車券など

 

必須の持ち物

 

 パスポート・保険証券などのコピー

 顔写真付きの証明証(運転免許証)

 日程表

 コンタクトレンズ・メガネ

 コンタクトレンズの洗浄液

 洋服

 下着

 靴下・ストッキング

 ハンカチ

 スーツケース(バックパック)

 移動用のバッグ

 歯ブラシ&歯磨き粉

 ひげそり

 メイク道具

 洗顔料&メイク落とし

 化粧水&乳液

 生理用品

 くし・ブラシ

 ヘアゴム(ヘアバンドやヘアターバン)

 医薬品(服用している薬、頭痛薬や吐き気止めなど)

 ヘアワックスなどの整髪料

 カメラ

 携帯電話・充電器

 海外用電源プラグ(変圧器)

 ガイドブック

 雨具

 

人によっては必須

 

 イエローカード(予防接種)

 ボディーソープやシャンプーなど

 ドライヤー(コテ)※電圧注意

 アクセサリー類

 目覚まし時計

 腕時計

 携帯音楽プレーヤー&イヤホンやスピーカー

 Wi-Fiルーター

 マイレージカード

 パジャマ

 セキュリティーポーチ

 日焼け止め

 リップクリーム

 サプリメント

 高級レストランなどのための正装

 帽子

 サングラス

 運転免許証(国際運転免許証)

 旅の一言会話帳

 ノートパソコン・タブレット端末

 オペラグラス

 

<寒い国>

 防寒具

 手袋・マフラー

 ホッカイロ

 スキー・スノボ用品

 

<リゾートや暑い国>

 水着

 虫よけスプレー

 サンダル

 ダイビングライセンス

 シュノーケリングセット

 

<格安宿に泊まる場合>

 ユースホステルなどの会員証

 タオル・バスタオル

 洗濯洗剤

 南京錠(バックパック・カギのないスーツケース)

 洗濯ロープ

 洗濯ネット

 

あると便利かもしれない

 

 エコバッグ

 セキュリティポーチ

 スーツケースベルト

 ポケットティッシュ(トイレットペーパー)

 ウェットティッシュ

 電卓

 筆記用具

 メモ帳・日記帳

 輪ゴム

 ビニール袋、ジップロック

 綿棒(耳かき)

 使い捨てスリッパ

 枕(飛行機用ネックピロー)

 爪切り

 マスク

 耳栓

 紙製便座シート

 懐中電灯

 フェイスパック

 バンドエイド

 おやつ(携帯日本食)

 トランプ

 文庫本

 

印刷用のPDFファイルをダウンロードする場合はこちら

 

なお、次のページでは、上記のリストのアイテムについて詳しく解説します。

 

次のページ:海外旅行で持参するアイテムは?何を持っていけばいいの?

 

【スポンサードリンク】