海外旅行で良いホテルの選び方・探し方講座3 ○○を見落とさないで!

a0790_000348

a0790_000348

 

前回はホテル選びの指標として、格付けや口コミサイトを紹介しました。

 

もちろんこれらはホテルを選ぶ上での参考にはなりますが、それだけではあなたに最適なホテルは選べません。

 

というのも、格付けや口コミはあくまで『あなたではない他人から見て、良いか悪いか』のデータだからです。

 

あなた個人のニーズにあっているかどうかは、また別問題なのです。

 

そこで、あなたのニーズに合ったホテルを探すために、是非チェックしていただきたい項目を解説していきます。

 

【スポンサードリンク】


 

格付けには出にくいけど、重要な項目

 

旅行目的に照らし合わせてぜひともチェックしていただきたい項目があります。

 

それは、ホテルのロケーションです。

 

例えば、日本で賃貸などの物件を探すときには、物件の立地を必ず確認するはずです。

 

駅から徒歩何分とか、周辺環境はどうかとか、近くにコンビニはあるかなど。

 

一方で、海外のホテルだと、地理がわからないこともあって、あまり立地を確認しない人もいます。

 

しかし、立地の悪いホテルを選んでしまうと、旅行中に不便な思いや、場合によっては大きなストレスを感じることになります。

 

例えば、ホテルが電車やバスの乗り場に近いか?繁華街から近いか?

 

ツアーなどを使わずに、自分の足や交通機関を使って街をめぐる場合には、ホテルの立地が悪いと大変な思いをします。

 

買い物が目的の場合は、繁華街から遠いと、思わぬ時間のロスをしてしまい、さらに帰りも大変な思いをしたり、タクシーを使って思わぬ出費をしたりします。

 

また、あまりにも繁華街に近いと、それはそれで問題があります。

 

例えば、夜にホテルの周りがうるさ過ぎるとか、あまりくつろげない環境であることも。

 

逆に、郊外過ぎると、一度ホテルに戻ってしまうと、ちょっとした買い物ができないなどのデメリットもあります。

 

立地は都市部のホテルだけでなく、リゾートホテルでも大事です。

 

例えば、ホテルでゆったり過ごしたい人にとっては、ホテル専用の綺麗なビーチがあるかどうかは大事ではないでしょうか?

 

また、格安の宿を予約したけど、ビーチまでの距離が遠いなんてこともあります。

 

大抵の場合、そのような宿ではバス送迎などがついていますが、バス送迎の場合、○時から○時までしか送迎がないとか、そのような問題もあります。

 

このように、立地に関連する事柄は山ほどありますので、あなたの旅の目的によって、どのような立地のホテルがいいかを検討しながら、ホテル選びをすると良いでしょう。

 

なお、ホテルがどのような地域にあるかとか、駅までのアクセスを調べるには、ガイドブックや口コミを参照するとよいです。

 

ガイドブックでは、特に情報量が最も多い、地球の歩き方をオススメします。

 

Amazon.jpで『地球の歩き方』を見てみる
 

 

意外と見落としがちなものが・・・

 

最後に、ホテル選びで意外と見落としがちなのが、ホテルの設備です。

 

例えば、インターネット

 

スマホやタブレット端末は軽いし、Wi-Fiがあれば海外でも使えるので、海外まで持っていく人が多いでしょう。

 

しかし、ホテルに無線のネット環境がなければ、使えません。

 

なお、ホテルにWi-Fiがあっても、有料の場合もあるので、注意が必要です。

 

また、パソコンで仕事をする人などには、有線でのネット環境が必要な人もいます。

 

ネット環境が必要な人は、ホテルにネット環境がしっかり整っているかは要注意なポイントです。

 

ネット環境がない場合は、自分で海外で使えるWi-Fi機器をレンタルする必要がありますが、1日で格安スマホの月額料金くらいの値段がかかってしまいます。

 

また、携帯会社の海外定額プランなどもありますが、上記のWi-Fiレンタルよりもさらに高い料金がかかります。(1日2,980円など)

 

ここまで高い料金を払うなら、その分インターネット無料のホテルに泊まったほうが良いですね。

 

次に、冷蔵庫

 

日本のホテルならば、ビジネスホテルでもだいたい冷蔵庫はついています。

 

ところが、海外のホテルって、意外と冷蔵庫がついていなかったりします。

 

海外では常にミネラルウォーターが必須ですし、冷蔵庫がないと結構不便です。

 

冷蔵庫の他にも、海外旅行中に自炊で節約したい個人旅行派の人は、利用可能なキッチンがあるかは大事なポイントです。

 

個人旅行といえば、長期の人には、洗濯できるかどうかも大事なポイントになります。

 

リゾートホテルにおいても、設備は重要です。

 

ホテルにプールは付いているか?コンビニなどの買い物ができる店はついているか?営業時間は?ジムはあるか?スパ施設はあるか?付属のレストランの価格や評判は?などなど。

 

余談ですが、かつて、島の中に1つしかないリゾートホテルに滞在したことがあるのですが、そこのレストランは1食で10,000円近くもかかってしまい、食事に大半の予算を使ってしまったなんてことがあります。

 

さて、このようにホテルの設備や施設も事前に確認しておくと、「こんなはずじゃなかった・・・」というリスクを大きく減らす事ができます。

 

ぜひ、ホテルを選ぶ際にチェックしてみてください。

 

【スポンサードリンク】

海外旅行で良いホテルの選び方・探し方講座2 ホテル選びの指標

a0050_000092

a0050_000092

前回の講座では、ホテルを選ぶ前に、ホテルに求めるものを確認するということでした。

 

あなたがどんなホテルを求めているかを再確認することはできましたか?

 

では、ホテル選び講座の続きを解説していきましょう。

 

【スポンサードリンク】


 

ホテルのレベルを簡単に判別する方法

 

ホテルには、非常にわかりやすい客観的な指標があります。

 

それが、ホテルの格付けです。

 

ほとんどのホテル予約サイトでは、ホテルの格付けが星の数で表示されていて、星が多ければ多いほどホテルのグレードが高いということになります。

 

簡単にいえば、

 

★(1つ星)は格安宿

 

★★~★★★(2~3つ星)はビジネスホテルなどのエコノミーなホテル

 

★★★★ (4つ星)は高級ホテル

 

★★★★★ (5つ星)は超高級ホテル

 

と言う感じです。

 

ところで、この格付は、どこが行っているのでしょうか?

 

世界的に統一した機関が行っているのでしょうか?

 

実は、この格付けは世界的に統一されていませんし、国によって基準がバラバラなのです

 

例えば、イギリスやフランスなどは国の機関(観光局など)が行っています。

 

アメリカは、いくつもの民間機関が格付けを行っており、各会社によりホテルの格付けは異なっています。

 

また、★の数においても、国や会社ごとに基準がバラバラなため、イギリスの3つ星とフランスの3つ星では、同じグレードとはいえません。

 

ですから、ホテルの格付けは、ある程度のホテルのレベルを確認するためには使えますが、絶対的な指標にはならないのです。

 

また、国をまたいでしまうと、ほとんど参考にならない指標となってしまいます。

 

というわけで、ホテルの格付けはあくまで参考程度にみたほうがよいでしょう。

 

では、ホテルの格付けより、もっと参考になる指標はないのでしょうか?

 

ホテル格付けよりも参考になる指標

 

ホテル格付けよりも参考になる指標。

 

それは、口コミです。

 

やはり、実際に泊まった人の感想に勝る情報はありません。

 

泊まった人の多くが「素晴らしい」と思うホテルは、普通のホテルよりも優れたものをもっていますし、

 

「最悪だった・・・」という口コミが多いホテルというのは、何かしら欠点のあるホテルです。

 

では、口コミを確認するには、どのサイトが良いのでしょうか?

 

ホテル予約サイトにも、口コミがあるものもありますが、口コミ数が最も多いのは、

 

トリップアドバイザー

 

です。

 

トリップアドバイザーは多くの国で使われているサイトで、ホテル1つ1つにかなり多くの口コミが書かれています。

 

口コミは多ければ多いほど信頼度の高い指標となります。

 

仮に口コミが数件や10数件程度しかないものだと、書いた人の偏りによりあまり参考にはなりません。

 

例えば、たまたま評価の甘い人たちばかりが書いたなんてこともありますし、逆に、厳しい評価の人の割合が多かったなんてこともあります。

 

しかし、100人を超えてくると、統計上、偏りは小さくなります。

 

トリップアドバイザーの口コミは、多くのホテルで100人以上の人がクチコミをしており、中には1000人以上の人がクチコミをしているホテルもあります。

 

クチコミ数は、多ければ多いほど統計的に信頼できるデーターになるので、トリップアドバイザーは頼りになる口コミサイトです。

 

なお、口コミを見る際に1つポイントがあります。

 

それは、最も良い口コミと悪い口コミの両方を見ることです。

 

というのも、どんなホテルでも欠点というものはあるものです。

 

その欠点は人によっては全然気にならない場合もあるでしょうが、人によっては非常に不快に感じてしまう場合もあります。

 

そして、その欠点とは悪い口コミのほうに書かれているものなのです。

 

例えば、大変満足(5つ星)の評価が990件で、悪い(2つ星)が5件、大変悪い(1つ星)が5件という口コミがあったとしましょう。

 

この10件の『悪い』や『大変悪い』を書いた人の中には、辛口コメントをつけたいだけの人もいるでしょう。

 

しかし、中には、非常に厳しい基準をもって評価している人や、少ないながらも存在する『そのホテルの欠点に我慢できなかった人』である場合もあります。

 

そのような人が発見した欠点というのは、結構ホテル選びの参考になったりします。

 

もちろん、欠点ばかりに眼をやると、どこのホテルも悪いものに見えてしまうので、あくまで参考程度にとどめてほしいと思いますが。

 

英語の口コミを読み解く方法

 

さて、トリップアドバイザーの口コミについてもう1点。

 

トリップアドバイザーは各国の人が使っていますので、書かれている言語も色々です。

 

日本語での口コミも数多くありますが、英語の口コミも多いですし、中には英語の口コミしかないなんてホテルもあります。

 

では、英語が出来ない人は、どうやって英語の口コミを理解すればいいのでしょうか?

 

そんなときに役立つのが、翻訳サイトです。

 

有名なので、知っている人も多いかもしれませんが、簡単に解説をしておきます。

 

まず、英語の口コミを全文コピーします。

 

そして、Google翻訳のページに行き、左側の空白に、コピーした英語の全文を貼付けします。

 

すると、自動で右側に翻訳結果が出ます。

 

なお、空欄の上に言語を選ぶ個所があるので、そこは、『言語を検出する』もしくは、『英語』にしておくとよいでしょう。

 

『言語を検出する』にしておくと、口コミがフランス語でもスペイン語でも、自動で判別して翻訳してくれるので、便利です。

 

ただ、Google翻訳の弱点として、翻訳レベルはそこまで高くありません。

 

ほとんどにおいて、翻訳とは呼べないレベルの内容が表示されます。

 

ですから、まともに英語のレビューを全文読むことは出来ませんが、なんとなくの言いたいことは機械翻訳でも理解できることが多いです。

 

参考にしてみてください。

 

次回のホテル選び講座は最終回、ホテル選びの際に意外な見落としポイントを解説します。

 

次のページ:海外旅行で良いホテルの選び方・探し方講座3 ○○を見落とさないで!

 

【スポンサードリンク】

海外旅行で良いホテルの選び方・探し方講座1 まず最初にやるべきことは?

a0016_000351

a0016_000351

『せっかく高いお金と長期の休みを利用して海外に行くのだから、できるだけ良い旅行にしたい!』

 

これは誰しもが思うことでしょう。

 

そのためには、渡航先選びや現地観光のプランニングも大事です。

 

しかし、それと同じくらいに大事なのがホテル選びです。

 

というのも、いくら最高に楽しい旅行プランでも、滞在するホテルがよくないと、楽しいはずの旅行が台無しになってしまうからです。

 

ゆっくり眠れなかったり、ホテル滞在中に不快な思いをしたり、すごく不便を感じたり。

 

そのようなことにならないためにも、ホテル選びはしっかりとしたいものです。

 

そこで、ここでは、最高の旅行にするためのホテルの選び方を解説していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

ホテル選びの第一歩

 

ホテル選びの第一歩。

 

それは、ホテル予約サイトでめぼしいホテルを探すこと・・・ではありません。

 

ホテルを探し始める前に、1つやっていただきたいことがあります。

 

それは、旅行の目的を今一度確認することです。

 

ホテルを選ぶには、かなり多くのポイントがあります。

 

ホテルのグレード、値段、設備、アクセス、周辺環境・・・。

 

そして、どんなグレードのホテルに泊まるか?どのような設備や周辺環境を求めるか?

 

それらは、あなたの旅の目的によっても変わるからです。

 

例えば、個人旅行で、いろいろな国の人と情報交換しながら旅をしたいのであれば、高級ホテルは向いていません。

 

ショッピングを楽しみたいのなら、街の中心地から離れたホテルでは、とても不便ですし、買ったものを持って帰るのも一苦労です。

 

朝から活動的に行動するのならば、繁華街よりも郊外のホテルのほうが静かでゆっくり眠れるかもしれません。

 

旅行中に料理をして、食費を浮かせたいなら、部屋やホテル内に、宿泊者が使えるキッチン設備や冷蔵庫があるホテルを選ぶべきでしょう。

 

リゾートホテルでも、アクティビティを活発にやるか、ホテルの敷地内でのんびりすごすかで、選ぶべきホテルも変わってきます。

 

このように、あなたの旅のスタイル、目的などにより、ベストなホテルは変わってきます。

 

あなたがホテルに何を求めるかをしっかりと確認すること

 

これが良いホテルを選ぶための第一歩です。

 

さて、次回は、ホテルを選ぶ指標について解説します。

 

次ページ : 海外旅行で良いホテルの選び方・探し方講座2 ホテル選びの指標

 

【スポンサードリンク】

海外ホテルを最も格安に予約する裏ワザ

a0790_000348

a0790_000348

 

前回のページでは、海外のホテルを予約する方法について解説してきました。

 

ホテルについては、ネットでホテルを予約することも出来ますし、現地でホテルを見ながら予約することもできます。

 

これらの方法である程度安く予約することも出来ますが、実は海外のホテルには裏技的にとてもお得にホテルを予約することが出来る方法があります。

 

ここでは、そんなホテル予約の裏ワザについて解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

ホテル格安予約の裏ワザ1 基礎編

 

ホテルを最も安く予約する方法。

 

その第一歩は、まず、色々なサイトを比較することです。

 

ホテル予約サイトによってホテルの値段は異なります。

 

そして、予約サイトによっては、キャンペーンなどを行っている場合があるのです。

 

ですから、1つ1つサイトをめぐって、価格を確かめるというのがよいでしょう。

 

具体的には、まずエクスペディアなどのサイトで、めぼしいホテルを見つけます

 

もちろん、1つだけでなく、複数のホテルをピックアップしてもよいでしょう。

 

あとは、そのホテル名で、色々なサイトで検索していきます。

 

海外、日系にかかわらず、色々なサイトで検索です。

 

また、それと同時に、各サイトでキャンペーン中のホテルなども確認すると、意外な掘り出し物があったりする場合もあります。

 

なお、価格以外にもキャンセルポリシーも重要な判断指標になりますので、注意して見てください。

 

ホテル格安予約の裏ワザ2 以外に盲点なのが・・・

 

海外ホテル予約というと、ホテル予約サイトが有名なので、非常に多くの人がそこで予約をします。

 

しかし、ホテル予約は予約サイトだけではありません。

 

実は、各ホテルも、自分のサイトでホテル予約を受け付けているのです。

 

そして、ホテルのサイトで直に予約するのが、は一番安いなんてことがよくあります。

 

というのも、予約サイトでお客さんを獲得すると、ホテルは予約サイトに手数料を払わなければいけません。

 

しかしながら、自分のサイトで予約を受ければ、手数料は一切かかりません。

 

ですから、手数料分お得に泊まれたりする場合があるのです。

 

もちろん、ホテル予約サイトのほうが安いなんてこともよくある話なので、両方しっかりチェックするのが大事です。

 

ホテル予約最終奥義!直前予約

 

これは、最終的な裏ワザになります。

 

当然ながらリスクもあるので、やるかやらないかは自己判断でお願いします。

 

さて、日本でも一休ドットコムのように直前予約で大きな割引をしてくれるサイトがありますが、海外ホテルでも同じような仕組みがあります。

 

それがエクスペディアの直前割引です。

 

文字通り、直前になると、大幅な割引をしてくれるものなのですが、ホテルによっては宿泊料金が半額以下になったりします。

 

だから、旅の上級者は、現地について、エクスペディアの直前割引のホテルを確認し、実際にホテルを見てみてから予約するなんてことも出来たりします。

 

『でも、直前までホテル予約しないのは心配』

 

なんて人でも大丈夫。

 

もう1つの裏ワザが・・・。

 

まず、通常の方法でホテルを予約します。

 

しかし、予約するホテルは、できるだけ直前までキャンセルが無料でできるホテルです。

 

キャンセル手数料がかかるホテルは予約してはいけません。

 

そして、キャンセルギリギリになったら、エクスペディアの直前割引でホテルを確認し、良いホテルがあれば、予約します。

 

もちろん、より良い予約があった場合は、元の予約はキャンセルです。

 

良いホテルが見つからなければ、そのまま予約したホテルに泊まります。

 

さて、この方法ですが、当然ながらリスクがあります。

 

まず、キャンセルは予約サイトとのトラブルが最も多いものですし、信頼できるところでないと、お金が返ってこないなんてことにもなりかねません。

 

また、キャンセルOKな日付を間違えていた場合には、二重にホテル代を払わなければいけなくなります。

 

そのようなリスクを承知で試して見たい人は試してみてください。

 

もちろん、閑散期などは、直前でも割にホテルが取れるので、直前まで予約をしないで、いきなり直前割引を試すという手もありです。

 

ただし、現地の思わぬイベントで宿が取れないというリスクが常にあるということもお忘れなく。

 

【スポンサードリンク】

おすすめの海外ホテル予約方法とは?格安でホテルに泊まる!

a0050_000092

a0050_000092

 

前回のページでは、フリープラン型のツアーと現地ホテル予約について解説してきました。

 

こちらのページではそれ以外のホテル予約方法について解説します。

 

【スポンサードリンク】

国際的なホテル予約サイトで予約

 

ホテル予約サイトとは、インターネット上で海外のホテル予約を専門に扱う代理店のことです。

 

国際的なホテル予約サイトとは、エクスペディアアゴダが有名です。

 

これらのサイトでは、旅行先の国、都市と日付から、空きのあるホテルを一括検索することが出来、インターネット上だけで予約を完結することが出来ます。

 

さらに、国際的なホテル予約サイトは全世界で運営をしていますので、ものすごい数の予約を取り扱っています。

 

つまり、その分安い価格でホテルを予約することができるようになっているのです。

 

 

さらには、予約サイトによっては口コミ情報も充実しているので、ホテル選びの参考になります。

 

やはり、実際に宿泊した人の感想以上に頼りになる情報はありませんからね。

 

さて、ここまでメリットづくしですが、デメリットもあります。

 

それは、国際的なホテル予約サイトは、海外の会社が運営を行っているということです。

 

そして、多くの海外の会社は日本の旅行会社ほどきめ細かいサービスがなく、しばしば日本ではありえないようなサービス内容だったりします。

 

例えば、よくあるのが、キャンセルの場合は、返金が一切なし。

 

全てのホテルがそうではなく、予約プランによってはということなのですが。

 

一部の宿泊プランは、予約した瞬間から、返金不可になってしまうというものがあるのです。

 

また、一般的にコールセンターやメール対応も日本の大手旅行代理店に比べると、やや劣るという意見が多いです。

 

しかし、このようなデメリットを払拭してしまうくらい、価格が安いというのも事実なので、利用する際は、キャンセルの可否などをしっかり確認しつつ利用してください。

 

国内のホテル予約サイトや代理店で予約をする

 

エクスペディアなどの国際的なホテル予約サイト以外にも、日本の代理店でも当然ホテル予約は行っています。

 

例えば、HISやJTB、楽天トラベルやじゃらんのようなホテル予約サイトも海外ホテルを取り扱っています。

 

これらのサイトを使うメリットは、なんといっても日本の企業ならではのきめ細やかなサービスです。

 

例えば、ホテルの検索などは、細かい条件を指定できますし、サイト自体が海外のものよりも日本人には馴染みのある、見やすいものです。

 

また、一般的にはトラブルの対応についても、国際的なホテル予約サイトよりは評判が良い傾向にあります。(もちろん、会社やトラブルの種類によります)

 

ただし、デメリットとしては国際的なホテル予約サイトよりは若干値段が高めになる傾向があります。

 

ホテルによっては値段が変わらないということもありますので、一概には言えませんが。

 

また、いくら日系の企業だからといって、やはりキャンセル手数料がかかる場合はあるということです。

 

ホテルによっては、エクスペディアなどと同じように、予約したら一切返金不可というものもありますので、予約の際には、しっかりキャンセルポリシーを確認して下さい。

 

また、日にちなど間違えないように注意をしたほうが良いでしょう。

 

さて、次のページでは、海外ホテルを格安で予約する裏ワザを紹介します。

 

【スポンサードリンク】