海外旅行のツアーと個人旅行の魅力を徹底比較

a1180_012051

 

 

海外旅行に行くなら、ツアーにすべきか、個人旅行にすべきか?

 

どちらかを選ぶかによって、旅のスタイルは大きく変わってきます。

 

どっちにするべきなのか?

 

ここでは、両者を徹底比較していきたいと思います。 「海外旅行のツアーと個人旅行の魅力を徹底比較」の続きを読む…

一人参加者の満足度が激高、○○海外旅行ツアーとは?

a0015_000008

a0015_000008

 

前回のページでは、一人で参加できる基本的な海外旅行ツアーをご紹介してきました。

 

そして、ここからはいよいよ応用編です。

 

これから紹介する2つのツアーは一人参加者でも非常に高い満足度を得られるツアーです。

 

むしろ、一人で参加することが醍醐味ともいえるくらい。

 

では、早速紹介していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

今の時代ならではのソーシャル一人旅とは?

 

2010年代はSNS、つまりソーシャルネットワーキングサービスが花開いた時代。

 

そんな時代に、とても素晴らしい旅行サービスが誕生しました。

 

それはトリッピース

 

トリッピースとはソーシャル旅行サービスというもの。

 

人々がネットワーク上に集まって、旅行を組み立てていくというサービスです。

 

もう少し具体的にいいます。

 

トリッピースには「こんなプランで旅に行きたい!」という人が、旅の仲間を募集して、旅仲間が一定以上集まったら、その旅を旅行会社が企画して、実際に実現してくれるというものです

 

例えば、『南アメリカの主要な観光地(マチュピチュやウユニ塩湖)を網羅した旅行に行きたい!』と言う人がいたとします。

 

その人がトリッピースに登録し、トリッピース上で旅の企画を投稿します。

 

その企画に賛同した人が集まり、みんなで旅行日程などを考えます。

 

一定以上の人が集まったら、旅行会社がその企画を実現するオリジナルツアーを組み立てます。

 

そして、実際に旅行が実現するという仕組みです。

 

トリッピースでは、もちろんあなたが旅行の企画をすることも出来ますし、誰かが企画した旅行に参加することも出来ます。

 

トリッピースでは、誰かが考えたオリジナリティの高いツアーに参加することが出来ますし、自分で、自分だけのツアーを考えて、仲間を募集することも出来ます。

 

また、参加する人たちはみんな旅好きの人なので、旅行を通じて新たな旅仲間と出会えるというのも大きなメリットです。

 

ただし、行きたい旅行が必ずしも実現されるわけではないというのが難点です。

 

まだまだ認知度が低い○○ツアー

 

海外の観光地をじっくりと巡りたい。

 

いろいろな観光地を周遊したい。

 

もっと、満足度の高い旅行をしたい。

 

そんな人にうってつけなのが、現地ツアー

 

『現地ツアーって旅行会社がオプションで付けるやたら高いやつでしょ?』

 

なんて思う人がいるかもしれませんが、そちらの現地ツアーではありません。

 

ここでいう現地ツアーとは、現地の旅行会社が海外から来たお客さん向けにやっているツアー。

 

しかも、何泊もするような泊まりのツアーがオススメです。

 

例えば、アメリカ西海岸の都市やグランドキャニオン、モニュメントバレーなどを幅広く身て回れるツアー。

 

オーストラリアのウルル(エアーズロック)を巡り、クーバーピディの地下都市に滞在し、アデレードまでの砂漠の荒野をバスで駆け抜ける。

 

このような、ツアーが現地の旅行会社で数多く開催されています。

 

現地ツアーは多くの場合が、主要都市から出発し、バスで旅をして、主要都市まで返ってくると言うのもです。

 

だから、あなたが手配するものは、現地までの飛行機、ツアーが始まるまで滞在するホテル、現地ツアーだけなのです。

 

ツアーに入ってしまえば、基本的にはガイドが案内してくれるので、自分でプランニングしたり、交通手段を確保したりなんてことは一切必要あります。

 

『でも、ツアーなら一人で参加している人ってあんまりいないんじゃないの?』

 

と言う心配があるかもしれませんか、それは大丈夫です。

 

なぜなら、海外の人は日本人のように『2人以上で旅行するのが当たり前』、なんてことはなくて、一人でもツアーに参加します。

 

だから、一人旅で参加しても全く問題ないのです。

 

ただし、これらのツアーでは多くの場合、ガイドが英語しか喋れないので、ある程度の語学力は必要になります。

 

とはいえ、英語がほとんど喋れなくても、参加する人はたくさんいるので、そこまで語学を不安視する必要はありません。

 

まったく英語は無理です!という人は心配ですが、中学レベルの英語しか出来ないと言う人でも全然参加していたりします。

 

なお、日本人向けの現地ツアーの場合は、参加者が日本人ばかりで、日本のツアーとかわらないなんて場合もあります。(主に日本語の現地ツアー)

 

【スポンサードリンク】

海外旅行ツアーに一人で参加したい人ってどうすればいいの?

a0810_000006

a0810_000006

仕事が忙しくて、一緒に海外に行ける人がいない。

 

まわりに海外旅行が趣味な人がいない。

 

そんな場合にオプションとなるのが、一人旅。

 

しかし、個人旅行は手慣れてないので怖いし、

 

一人でツアーに参加しても大丈夫なのだろうか?

 

そんな方のために、ここでは、一人参加できるツアーについて解説します。

 

【スポンサードリンク】


 

通常のツアーに参加する

 

まず、ツアーといえば一番に思いつくのが、パッケージ型ツアーフリープラン型のツアー

 

こちらに個人参加することは、もちろん可能です。

 

特にパッケージ型ツアーならば、他のお客さんもいるし、ツアーによっては添乗員さんもいるので、一人参加でも寂しくありません

 

また、都市を中心に散策する場合は、フリープラン型のツアーに一人参加するのもよいでしょう。

 

ただ、一人参加の場合、これらのツアーでは「一人部屋追加料金」というものを取られてしまいます。

 

これは、ツインやダブルの部屋を一人で使うためにかかってしまう料金です。

 

これが結構な値段になるので、どうしてもこれらツアーに一人で参加するのは割高になってしまいます。

 

また、ツアーによっては一人参加不可のものもあるので、注意が必要です。

 

一人旅専用ツアーに申込む

 

最近は海外に一人で行く人も増えているため、旅行会社によっては一人旅でも料金が変わらないツアーというものもあります。

 

例えば、一人旅企画とか、お一人様歓迎ツアーとか。

 

さらに、もう一つ上をいくのが、お一人様専用ツアー

 

つまり、ツアー参加者全員が一人参加。

 

これであれば、「ツアー参加者の中で自分だけ一人参加だよ・・・」というような疎外感を味わわずに済みます。

 

また、ツアーで新たな旅仲間ができるかもしれません。

 

ただし、こちらのツアーでも注意点があります。

 

それは

 

 どのような人が参加するか

 

 参加者の年齢層はどうなのか?

 

例えば、あなたが女性で、他の参加者のほとんどが男性だったら、どうでしょう?

 

十分に楽しめないですよね。

 

また、自分と年齢層がかけ離れた人たちばかりだったら?

 

そうならないように、一人旅専用ツアーに参加する場合は、事前に旅行会社に参加者のタイプや年齢層などを確認したほうが良いでしょう。

 

さて、次のページでは、ちょっと特殊だけど、面白い一人旅ツアーを2つご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

初めての海外旅行でのツアーの選び方と注意点

a1180_006142

a1180_006142

 

海外旅行の満足度を大きく左右するもの。

 

それはツアー選びです。

 

良いツアーを選べれば、楽しい海外旅行になるでしょうし、

 

ツアー選びに失敗すれば、旅行の満足度は大きく下がってしまいます。

 

せっかく高いお金を払って、貴重な長期休みを使っていく海外旅行。

 

絶対失敗するのは嫌ですよね。

 

そこで、ここでは、海外ツアーの選び方について、詳しく解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

パッケージ型はフリープラン型か?

 

まず、どのスタイルのツアーで行くかを決めるのが最初のステップになります。

 

詳しくは、パッケージ型ツアーのメリット・デメリットフリープラン型のメリット・デメリットを参考にしていただければと思います。

 

ここでは、上記に書いてある事以外で重要なことを解説していきます。

 

まず、フリープランにするか、パッケージにするか、どちらにするかは旅行先によるというところが大きいです。

 

例えば、1都市に滞在するような旅行やリゾート地であれば、パッケージ型のメリットは少なくなってしまいます。

 

パッケージ型の最大のメリットは、何と言っても、色々な観光地を効率よく回れること

 

その必要がなければ、そもそもフリープランでも十分代用できます。

 

もちろん、1都市滞在でも、海外が初めてで不安という方や、プランを立てるのが面倒くさいかたはパッケージ型でも良いでしょう。

 

逆に、色々な都市を周遊する場合は、複数の都市のホテルを予約してくれるようなフリープランはないので、パッケージ型か個人旅行ということになります。

 

以上の点を考慮すると、

 

 複数観光地周遊型 → パッケージ型ツアー か 個人旅行

 

 1都市滞在型やリゾート → フリープラン型ツアー か 個人旅行

 

という選択になるかと思います。

 

パッケージ型ツアーの選び方

 

次に、パッケージ型ツアーの選び方をポイントごとに解説していきます。

 

  パンフレットの詳細をチェックすべし

 

パッケージ型旅行には、フリープラン型以上にチェックすべき項目がたくさんあります。

 

例えば、添乗員の有無。

 

パッケージ型だからといって、添乗員が全て付いているわけではありません。

 

他にも、食事についても、全てついているものと、一部しかついていないものがあります。

 

また、パッケージ型でも旅行の日程の中に自由行動があるものもあります。

 

中には、丸々1日自由行動なんてツアーだってあるのです。

 

完全おまかせがいい、というような人は、このような自由行動のあるなしもポイントになります。

 

最後に、飛行機の時間にも注目しましょう。

 

旅行の自由時間が増えるのは、当然ながら機中泊のものになります。

 

逆に、朝出発で日本に夜着などのものは、1日が飛行機の中になってしまいます。

 

ただ、機中泊が苦手な人は、日中移動のプランが魅力的かもしれません。

 

  パッケージ商品や旅行会社の客層をチェックすべし

 

パッケージ型ツアーで注意したいのは、旅行中はずっと他のお客さんと同じということです。

 

つまり、旅行の善し悪しが、一緒にツアーに参加する他のお客さんに影響されるということです。

 

さて、旅行会社やパッケージの商品によっては、年齢層やお客さんの雰囲気がある程度固定しています。

 

比較的年齢層が高めの方が多いツアー。

 

若者が多いツアー。

 

例えば、もしあなたが60代くらいの方で、間違えて若者が多いツアーに参加してしまったらどうでしょう。

 

若者のノリに疲れてしまうかもしれませんし、移動中うるさくて、ストレスを感じるかもしれません。

 

逆に、20代くらいの方が、年配の方の多いツアーに参加したら、物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

また、ツアー内容自体も、参加者の年齢層を考慮して作られているので、間違った年齢層をターゲットとしたパッケージツアーに参加してしまうと、楽しめないこともあるかもしれません。

 

では、どうすれば自分にあったツアーを見つけられるのか?

 

まず、旅行会社によって、大きくカラーが異なります。

 

JTBは高額の商品が多いため、お金に余裕のある方で、年齢層も比較的高めです。(一部商品を除く)

 

HISは、格安旅行が多いので、若い人が比較的多いようです。

 

ただ、これも商品や時期によりけりなので、一番確実なのは、旅行会社に相談してみることです。

 

参加者の傾向はどうか?ツアーの内容はどのような年代向けか?

 

  商品の価格帯をチェックすべし

 

パッケージ型ツアーには、比較的リーズナブルなツアーと、高級ツアーがあります。

 

この部分についても、吟味して選ばないと、安かろう悪かろうの商品を選んでしまう可能性もあります。

 

例えば、ツアー人数。

 

安いツアーではツアー参加者の人数が多い傾向にあります。

 

価格が安い分、少ないスタッフで多くのお客さんを相手にする必要があるからです。

 

しかし、ツアー参加者の人数が多ければ、トラブルも多くなります。

 

集合時間に全員集まらないとか、食事やトイレが長い時間かかるとか。

 

また、添乗員さんも、一人一人にじっくり対応することも難しくなってしまいます。

 

次に、添乗員さんのレベル。

 

添乗員さんにもベテランもいれば、経験の少ない方もいます。

 

当然ながら、ベテランやスキルの高い人は高級ツアーへ、経験の少ない方は格安ツアーの担当になります。

 

他にも、もちろん、食事やホテルのレベルも価格に比例します。

 

このように、格安ツアーと高級ツアーでは、いくつもの点で異なってきます。

 

もちろん、ツアー会社自体のレベルもあるので、格安ツアーでも質の高いツアーを提供しているところもあります。

 

フリープラン型ツアーの選び方

 

フリープラン型については、パッケージ型に比べて注意する点は少なくなります。

 

価格とホテルや航空会社便のバランスで考えるとよいでしょう。

 

ただ、1つだけ注意点があります。

 

それは、あまりにも安い旅行会社は選ばないということです。

 

というのも、旅行会社経由で旅行を申込と、万が一旅行会社が倒産した時に、いろいろと大変な思いをするということです。

 

旅行会社の大半は、万が一の倒産の時でも、申込者に返金ができるように、保険のようなものに入っています。

 

しかし、これは全ての旅行会社ではありません。

 

また、例え、保険に入っていても、全額返ってこない場合もあります。

 

さらに言えば、お金が返ってきても、旅行自体をキャンセルしなければいけない事態になるかもしれませんし、運良くお金の損もなく、旅行にも行けたとしても、無用なトラブルに巻き込まれることにはなります。

 

嫌な思いをしないためにも、無名の会社のあまりにも安い商品には注意しましょう。

 

【スポンサードリンク】

初めての海外旅行ツアーでフリープラン型は危険?

a1180_012051

a1180_012051

 

前回のページではパッケージ型ツアーのメリット・デメリットを紹介しました。

 

こちらでは、フリープラン型ツアーのメリット・デメリットを解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

フリープラン型ツアーのメリット

 

まずはメリットからです

 

  自分の好きなようにツアーを組み立てられる

 

パッケージ型では、全てのプランが旅行会社により決められています。

 

しかし、そのプランというのは、全ての参加者の満足度を考えて作られているので、必ずしも自分の好みにあわないことが多々あります。

 

例えば、自然遺産などがみたいのに、美術館や博物館に立ち寄られる。

 

行きたくもない土産やに立ち寄られる

 

嫌いな料理ばかりのレストランに連れて行かれる

 

など。

 

フリープラン型なら、観光地も食事場所も自分で決められるため、そのようなリスクがありません

 

  旅の満足度を他人に左右されない

 

パッケージ型のツアーというのは、団体行動です。

 

添乗員さんや他の旅行者と一緒に長い時間を共有しなければなりません。

 

つまり、旅の満足度がメンバーにより大きく左右されるということです。

 

例えば、お客さんに嫌な人がいたとして、そんな人と何日間も一緒になるなんて、とても嫌ですよね。

 

添乗員さんも性格があう人であればいいけど、どうしても嫌だという人だったら、やはり旅は面白くなくなってしまいます。

 

その点、フリープラン型ならば、現地についたら自分たちだけです

 

添乗員も他のお客さんもまったく関係ありません。

 

フリープラン型は他の人々に旅の満足度を左右されないのがメリットです。

 

  個人旅行よりもお得でリスクが少ない

 

最近はネットで色々と予約ができるので、

 

『フリープラン型ツアーに参加するなら、飛行機もホテルも自分で手配してしまおう!』

 

と言う人も多いかと思います。

 

しかし、フリープラン型にはフリープラン型のメリットがあります。

 

具体的にいえば、ホテルと航空券を別々に手配するよりも、フリープラン型でまとめて手配したほうが安くなる場合があるということです。

 

旅行会社は航空券やホテルの部屋をかなりの数予約しています。

 

つまり、個人よりも価格の交渉力があるのです。

 

だから、特に閑散期などは、かなり格安にホテルや航空券を抑えることができます。

 

旅行会社が間に入る分、高くなると思いがちですが、意外にそのほうが安いなんてこともあるのです。

 

また、旅行会社が間に入ったほうが、何かとリスク回避になります。

 

例えば、インターネットでホテルを予約したとしても、取れていないなんてトラブルがあることもあります。

 

高級ホテルならまずないでしょうが、国によっては格安ホテルなどはかなりいい加減な運営をしているところもあるのです。

 

旅行会社のフリープラン型ツアーで予約したならば、文句を言えば代わりのホテルを確保してくれますが、自分自身で予約した場合は、最悪泣き寝入りなんてことにもなりかねません。

 

また、万が一トラブルに巻き込まれた際も、個人旅行では自力で解決しなければいけませんが、フリープラン型ツアーの場合は、ツアー会社に相談すれば、力になってくれるでしょう。

 

 

フリープラン型ツアーのデメリット

 

次に、フリープラン型のデメリットです。

 

  予定を立てるのが大変

 

確かに、フリープラン型のメリットは、自分の好きにプランを組み立てられることです。

 

しかし、なれない土地で、どこに行くか、何をするか、どうやって行くかなどを考えるのは、大変でもあります。

 

そのようなプランを立てることがストレスになるなら、せっかくの海外旅行も楽しめなくなってしまいます。

 

また、着くまでに予定を立てられず、結局ホテルから出なかったなんてことになったら、わざわざ海外まで来た意味がありません。

 

もちろん、プランを立てるのが好きな人にとっては、フリープラン型はとても良いでしょう。

 

でも、プランを立てるのが苦手な人や、時間のない人にはちょっと辛いかもしれません。

 

  トラブルにあう可能性がある

 

パッケージ型の場合は、旅行会社が安全にも配慮してコースを決めてくれているので、トラブルに合う可能性は少ないです。

 

また、万が一トラブルにあっても、添乗員さんがいれば、助けてくれるでしょう。

 

そのような意味でも、パッケージ型は安心感が大きいです。

 

一方、フリープラン型は現地についたら、全て自分たちだけで行動しなければいけません。

 

もしかしたら、危険な場所に立ち入ってしまうかもしれませんし、衛生面の心配があるレストランに立ち寄ってしまうかもしれません。

 

また、普通に旅行をしていても、盗難などの犯罪に巻き込まれてしまうことだってあります。

 

もちろん、フリープラン型のツアーを申込んだ会社によっては、トラブル時の対応を手伝ってくれるところもあります。

 

しかし、添乗員さんが常にいるわけではないので、すぐに何とかしてくれるというわけにはいかないのです。

 

  個人旅行に比べると自由度が制限される

 

フリープラン型は、自分で予定を決めて動くというところから、個人旅行に近いスタイルでしょう。

 

そして、個人旅行に比べると、ホテルと飛行機、空港からの交通手段を一括して予約してくれるというのが、メリットでもあります。

 

ところが、これにはデメリットもあるのです。

 

というのも、ホテルや航空券を予約する際に、ある程度、代理店の型にはまったプランで応募する必要があるからです。

 

例えば、ホテル。

 

個人旅行では、『1泊だけ申し込んで、あとは向こうでホテルを決める』とか、『泊まったところがあまり良くなかったから、宿を変える』なんてことが出来ますが、フリープラン型だと、そのようなことは出来ません。

 

また、個人旅行でOPENのチケットを持っていれば、現地での延泊や減泊も可能ですが、フリープラン型のツアーの場合はそれが出来ません。

 

なお、余談ですが、フリープラン型ツアーのデメリットとして、キャンセル料を挙げているサイトがありました。

 

しかし、これは正しくない情報です。

 

決して個人旅行に比べて、フリープラン型のツアーはキャンセル料が高いとか、早くからかかるとか、そんなことはありません。

 

キャンセル料についてはケースバイケースなので、個人旅行とフリープラン型のツアーどちらが良いかということは一概に言えません。

 

例えば、海外のホテルでは、一度予約したら、いつキャンセルしても100%の宿泊費がかかるところもあります。

 

また、航空券にしても正規割引運賃では、時期に関係なくキャンセル手数料がかかってくるものが多いです

 

しかしながら、代理店のツアーでは、日数によってキャンセル料が決まっていて、○日前まではキャンセル料無料というものもあります。

 

もちろん、個人旅行でも、航空券やホテルによっては、直前までキャンセル無料という場合もあるのです。

 

キャンセル料についてはどちらのタイプが良いということは一概には言えないのです。

 

さて、ここまでパッケージ型、フリープラン型両方のメリット・デメリットを解説してきました。

 

次のページでは、ツアーの選び方について解説いたします。

 

【スポンサードリンク】