クレジットカードが作れない、持ちたくない場合はどうすればいいのか?

a1180_001396

a1180_001396

 

海外旅行ではとても便利なクレジットカード。

 

しかし、中にはクレジットカードを作れない人や、クレジットカードはどうしても持ちたくないという人もいるでしょう。

 

そんな人はどうすればいいのでしょうか?

 

ここでは、クレジットカード以外にも、クレジットカードのように便利に決済できるサービスを紹介します。

 

【スポンサードリンク】

クレジットカードとおなじ感覚で使えるデビットカード

 

かつてはデビットカードといえば、Jデビットが主流でした。

 

こちらは、銀行のキャッシュカードで支払いができるというもので、もちろん今でも日本国内であれば、取扱のある店も多くあります。

 

しかし、こちらはあくまで日本国内向けサービスですので、海外では使えません。

 

ところが、海外で使えるデビットカードサービスが最近始まりました。

 

それがVISAデビットです。

 

VISAデビットカードはクレジットカードのVISAカードのように、VISAの決済ができる店であれば、支払いに使うことが出来ます。

 

ただ、VISAカードと違う点は、カードを使用した時点で、即時にお金が口座から引き落とされるという点です。

 

だから、「来月はどれだけカードの請求が来るんだろう・・・」なんて怯えることもありません。

 

また、即時決済ですので、特にカード審査というものも無く、どのような人でも作ることができます。(ただし、年齢制限はあり)

 

VISAデビットはVISAが提携している銀行の口座を開設し、その時にVISAデビット機能付きのキャッシュカードを申しこめば、簡単に作れます。

 

簡単にいえば、VISAデビットはクレジットカードというよりも、デビット機能がついたキャッシュカードといった感じです。

 

手数料に関しては、銀行によって異なり、ジャパンネットバンク銀行などは手数料が無料になっています。

 

一方、楽天銀行は2種類のデビットがあり、安い方で年会費が1,000円かかります。

 

VISAデビットは、取扱している銀行がとても増えているので、もしかしたら、あなたが口座を持っている銀行でも取り扱いがあるかもしれませんね。

 

ところで、VISAデビットは即時決済なので、口座残高がなければ決済はできません。

 

そこで、海外旅行での盗難や使いすぎが心配な人は、あらかじめ口座残高を使う分だけにして海外に行けば、それ以上使ってしまう心配はありません。

 

海外旅行に強いプリペイドカード

 

プリペイドカードとは、あらかじめお金を入金し、その分だけ使えるようになるカードです。

 

かつては、プリペイド型の携帯電話などもありましたが、同じ意味ですね。

 

デビットカードは使用分が口座から即座に引き落とされますが、プリペイドカードはあらかじめ入金した金額から引かれます。

 

ですから、デビットカードと同様に審査はなく、年齢制限さえクリアしていれば、誰でも持つことが出来ます。

 

また、デビットカードと違い、特定の銀行の口座がなくても持つことができるのが特徴です。

 

では、プリペイドカードはどのように申しこめばいいのでしょうか?

 

プリペイドカードは、VISA以外にも、Masterも取扱があり、それぞれプリペイドカードの取扱のあるカード会社やショップなどで申込むことになります。

 

なお、プリペイドカードには、ネット専用海外専用汎用型の3種類があります。

 

ネット専用はカード自体が発行されず、インターネットショッピングのみに使用できるプリペイドカードです。

 

海外専用は海外でのみ利用でき、国内では使用できません。

 

汎用型とは、店でのショッピングでも使用でき、日本国内でも海外でも使用できるものです。

 

ですから、海外旅行に行くとなると、海外専用か、汎用型になります。

 

では、どちらのほうが良いかというと、為替手数料の面では海外専用のプリペイドカードのほうがよいです。

 

というのも、海外での利用に特化したカードですので、その分、汎用型よりも手数料がお得になるようになっています。

 

【スポンサードリンク】

海外旅行にはどのクレジットカードを持っていけばいいのか?

a1180_001396

a1180_001396

海外旅行に行く上で、現金とともにとても大事なものがクレジットカード。

 

そこで、どのクレジットカードを持っていけばいいのか?

 

各クレジットカードにどのような違いがあるのか?

 

など、クレジットカードにまつわる疑問を解説していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

どんなクレジットカードを持っていけばいいのか?

 

クレジットカードには、色々な種類があります。

 

VISAカードやMasterカード、楽天カードにセゾンカード。

 

ライフ、エポス、ニコスなどなど、いろいろな種類があります。

 

これらのカード、基本的に海外に行くのに、何を持って行っても大差ないのでしょうか?

 

いえ、そんなことはありません。

 

実は、カードによっては、全然使えないなんてこともあります。

 

そこで、どのカードを持っていったら良いかを解説していきましょう。

 

クレジットカードとブランド

 

クレジットカードには、カードのブランドがあります。

 

ブランドとは例えば、VISAやMaster、UCやニコスです。

 

このブランドには、大きく分けて2つのものがあります。

 

国内ブランド国際ブランドです。

 

上で言えば、国内ブランドはUCやニコスで、海外ブランドはVISAやMasterです。

 

では、この2つの違いは?

 

ごくごく簡単にいえば、国内ブランドは国内でしか使えないブランド。

 

国際ブランドは世界で幅広く通用するブランドです。

 

さて、このように書くと、国際ブランドのカードを作るほうが良い用に感じますが、実は必ずしもそうとはいえません。

 

というのも、国内ブランドのほとんどのカードには海外ブランドがついているからです。

 

例えば、UC・MasterカードやニコスVISAカードのように。

 

国内ブランドのクレジットカードは、国内でしか使えないと不便なため、ほとんどのカードが国際ブランドと提携しています。

 

提携というのはどういうことかというと、

 

自分のブランドのカード決済が出来ない場合は、提携している国際ブランドの決済機能を使うことができる。

 

ということです。

 

具体的には・・・。

 

例えば、デパートで洋服を買ったとしましょう。

 

あなたはセゾンVISAカードで支払いをしました。

 

しかし、そのお店はセゾンとは契約していなくて、VISAとしか契約していません。

 

このような場合は、セゾンVISAカードのVISAを使って、決済ができるわけです。

 

もちろん、セゾンの決済が出来れば、VISAよりも優先的にセゾンが使われます。

 

このように、セゾンVISAカードといえば、セゾンとVISA、両方のクレジット機能が使えるというわけなのです。(ただし、どちらを使うかは自分で選ぶことは出来ないし、セゾンが優先的に使われる。)

 

まあ、どちらが使われても同じようにカード会社から請求が来るので、使っている側にしてみれば、あまり違いはありませんが。

 

とにかく、おおよそほとんどのカードには国際ブランドがついています。

 

クレジットの国際ブランドはどんな会社があるのか?

 

クレジットカードの国際ブランドで日本で一般的なものは5つだけです。

 

VISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブです。

 

日本で発行されているほぼ全てのカードには、このいずれかのブランドがついています。

 

では、この5つの大きな違いはなんでしょうか?

 

簡単に説明しますと、

 

VISAとMasterは世界的なブランドで、最も多くの国々で使われています。

 

JCBは日本発の国際ブランドで、日本を始め、アジアの国々やアメリカでは比較的使えるお店が多い。(※ただし、一部のアジアの国ではクレジット自体があまり使えない国もある)(※※ アメリカの場合は、Discoverカード加盟店でJCBを利用できるようになったため)

 

アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブは富裕層向けのカード。

 

特に、ダイナースクラブはかなりしっかりしたステータスでないと、通常のクレジットカードを作るのも難しい。

 

結局、どのカードがいいのか?

 

さて、では5つのうちどのカードがいいのでしょうか?

 

まず、絶対に持っていくべきは、VISAかMasterです。

 

どちらも、利用できる店が圧倒的に多く、逆にVISAやMasterを利用できないけど、他の国際ブランドが利用できる店というのは、ほとんど無いです。(ただし、例外的に、日本国内ではJCBのほうがVISA・Masterより使える店が多い)

 

ところが、他の国際ブランドですと、VISAやMasterが使えるのに、使えないということが頻繁にあります。

 

例えば、JCBはアジアやアメリカ以外の国では、使える店が多くありません。

 

アメリカン・エキスプレスはアメリカでは強いですが、他の国ではほとんど使えないところもあります。

 

ダイナースはアメリカン・エキスプレスと逆にヨーロッパでは強いようですが、他の国ではVISAやMasterに比べると、だいぶ使える店は少ないです。

 

では、VISAとMasterではどちらがよいのでしょうか?

 

あまり大きくは変わりませんが、一般的にはVISAはアメリカに強く、Masterはヨーロッパに強いと言われています。

 

とはいえ、別にヨーロッパでもVISAはかなりの店で使用できますし、アメリカでもvisaが使えるところはだいたいMasterも使えます。

 

ですから、特にどちらにしなければいけないということはありません。

 

決済以外で便利?持っていると便利なJCB

 

JCBは確かに海外ではあまり多く店では使えません。

 

しかしながら、決済に使う以外にJCBにはお得な点があります。

 

それがJCBプラザです。

 

JCBプラザは世界に60カ国にある、JCBのお店です。

 

JCBプラザでは日本語の話せるスタッフが常駐していて、JCB会員向けに、現地のレストランやホテル、ツアーなどの手配を行ってくれます。

 

また、カードの盗難や紛失の際には、カードの停止などを行ってくれる他、臨時のカード発行なども行ってくれます。

 

特に、英語が苦手な方には嬉しいサービスですから、海外に行く際はJCBカードも持っていったほうが良いでしょう。

 

【スポンサードリンク】