海外旅行のスーツケースの選び方、オススメは?サイズは?

a1180_006142

国内旅行に比べて、海外旅行ではどうしても荷物が多くなりがちです。

 

そして、そのような多くの荷物を楽に運べるのがスーツケース。

 

ですから、海外に行く人の多くはスーツケースを選んでいます。

 

とはいえ、たくさんの種類があるスーツケース。

 

どのように選べばよいのでしょうか?

 

ここでは、スーツケースの選び方について解説をしていきます。

 

【スポンサードリンク】

スーツケースを選ぶポイント

 

スーツケースを選ぶポイントは色々あるかと思いますが、私は主に3点を中心に選んでいます。

 

  サイズ

 

まず大事になってくるのが、サイズです。

 

サイズを気にする際には、

 

  荷物が全て入りきるか?

 

  飛行機に預け入れることが出来るか?

 

の2つが基準になります。

 

まず、荷物ですが、当然、持っていく荷物が全て入らなければ意味がありません。

 

とはいえ、積めてみないとわからないのも、荷物のサイズ。

 

これがわからないとスーツケースを購入することは出来ません。

 

そこで、おおよその基準ですが、

 

  2泊~3泊程度の短期旅行は70リットル未満

  4泊~1週間までなら、90リットル未満

  2週間程度の長期旅行なら、110リットル未満

 

という風な、3段階がおおよその基準になります。

 

ただし、女性のほうが男性よりも荷物は多いですし、また真冬の国と真夏の国では、当然真冬のほうが荷物は多くなります。

 

特に、女性が真冬の国に1週間いくとなると、90リットルでは足りないかもしれません

 

次に機内に預けられるサイズか?という点です。

 

機内の預け入れには、重量以外にも荷物の大きさで制限があり、あまり大きいサイズだと超過料金を取られる可能性があります。(詳しくは『海外旅行のスーツケース、重さは大丈夫か?他に注意すべき点は?』を参照ください)

 

また、機内に持ち込みたい場合には、さらに厳しいサイズ制限があります。

 

つまり、荷物が入るか入らないか以外にも、預けられるかという観点でもスーツケースのサイズを選ぶ必要があります。

 

  重さ

 

スーツケースの重さも重要なポイントです。

 

同じ頑丈さならば、軽ければ軽いほどスーツケースは良いです。

 

というのも、サイズ同様、スーツケースの預け入れには重さも関係してくるからです。

 

サイズ以上に重さは大事で、LCCでは、かなり細かい重さで重量が変わってきます。

 

例えば、ジェットスターなどは5kg刻みで料金が変わるのです。

 

だからこそ、荷物はできるだけ軽いほうが良いです。

 

なのに、スーツケース自体の重さで、大事な重量が大きく増えてしまったら、元も子もありません。

 

というわけで、スーツケースを選ぶ際には、軽さも確認してみてください。

 

  運び安さ

 

海外旅行では、移動の際にスーツケースを引いて移動することになります。

 

もちろん、ホテルに預ければ、スーツケースからは開放されますが、空港~ホテル間の移動、また場合によっては、ホテル~次のホテルまでの移動もスーツケースを引いて移動します。

 

そのため、スーツケースの運び安さは重要な点です。

 

  例えば、自分の身長にあっているか?キャスターはスムーズに動いてくれるか?

 

  引いた際に、グラグラしないか?バランスは良いか?

 

  ハンドルは持ちやすいか?手に食い込まないか?

 

  伸縮はやりやすいか?

 

などなど、スーツケースの運び安さを見るポイントはたくさんあります。

 

もし万が一、運びにくいスーツケースを選んでしまったら、旅行の時にとてもつらい思いをします。

 

スーツケースを引くだけで多大な体力を奪われるし、ガタガタした道ではすぐに引っかかるし、すぐにふらつくし、手は痛いし、ハンドルは中々伸びないし、キャスターはガタガタ言うし・・・途中で捨ててやろうかと思いました。

 

体験者は語るです・・・(笑)

 

とにかく、スーツケースは運び安さが重要なのです。

 

さて、以上の基準にプラス値段で選んでいただければよいかと思います。

 

頑丈さについて

 

さて、スーツケースを選ぶ上で、もう1つ重要な点に頑丈さがあります。

 

荷物を預け入れる際に、スーツケースはかなり雑な扱いを受けます。

 

もちろん、空港や国によりますが、ひどいと投げられたり、飛行機の貨物室から落下したりします。

 

そして、運が悪いと、一発で壊れたりもします

 

それほど、スーツケースはひどい扱いを受けやすいので、やはり頑丈なものならば、頑丈なものほど良いかと思います。

 

ただし、サムソナイト(有名スーツケースメーカー)の従業員の人が行っていたのですが、キャスターに関してはどうしようもないそうです。

 

キャスターに関しては、頑丈にするにも限りがあるので、キャスターが一番壊れる可能性が高いそうです。

 

これは、どんなに高級なスーツケースでも同じです。

 

そこで、スーツケースを買う場合には、3つの選択肢があります。

 

  壊れにくいことを信じてある程度しっかりした商品を買う。

 

  壊れるものだと諦めて、使い捨て感覚で買う。

 

  壊れてもいいように、レンタルをする。

 

これはどれを選ぶかは個人によると思います。

 

私などは、比較的しっかりした商品を購入しています。

 

というのも、海外にそこそこ頻繁に行きますし、なによりある程度の値段を出すとスーツケースの運び安さがうんとアップしますし。安いスーツケースにはニューカレドニアでひどい目に会いましたし・・・。

 

ただ、海外にあまり行かない人や、「今回だけ大きいサイズのスーツケースが必要」という人は、安いものでも問題ないかと思います。

 

まあ、あまりに安いもので、現地到着と同時に壊れたというのはちょっと問題もありますが・・・。

 

もしくは、レンタルという手もあります。

 

スーツケースは家の押入れをおもいっきり圧迫してくれますし、広い家に住んでいる人でないと、辛いです。

 

私は、毎回成田空港に近い実家に置かせてもらっています。

 

なお、レンタルについては、こちらで詳しく解説します。(スーツケースレンタルの仕組みについて

 

オススメのスーツケース

 

私がオススメなのは、プロテカというブランドのスーツケースです。

 

戦前からやっている歴史のある日本企業が作っているスーツケースのブランドです。

 

ACEという会社なのですが、この会社はスーツケースで有名な、あのサムソナイトの商品も日本で作っていたのだとか。

 

そのACEの中でも、プロテカはとにかく丈夫ですし、扱いやすいです。

 

それに何よりもよいのが、保証がついている点です。

 

プロテカには3年間のプレミアムケアというものがついています。

 

これは、飛行機などでスーツケースが壊れた場合、3年間は無償で直してくるというものです。

 

製品保証はサムソナイトやリモワにもついていますが、これらのメーカーの保証は、飛行機での故障は含まれません

 

つまり、例え、サムソナイトで10年保証がついていても、最初に乗った飛行機で運悪く壊れてしまえば、自腹で治すことになります。

 

それに比べて、プロテカは3年間まで無料で直してくれます。

 

これは、かなり良いです。

 

なぜなら、どんなに気をつけていても、飛行機に預けた場合は、スーツケースは壊れるときは壊れるからです。

 

だからこそ、高級ブランドのスーツケースなんかは、絶対にオススメしません。

 

なぜなら、買ってすぐの旅行で壊れてしまう可能性もあるからです。

 

なお、プロテカにも、3年間の保証対象外の商品がありますから、購入の時は気をつけてください。

プロテカの商品を見てみる
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す