海外旅行に必須の電源アダプターコンセント 変圧器だけでなくプラグも必要?!

a0002_001030

 

海外旅行に電化製品を持って行くには、電圧問題をクリアしなければいけません。

 

しかし、例え、電圧をクリアしても、もう1つクリアしなければいけない課題があります。

 

それをクリアしないと

 

『電圧は大丈夫なのに、全然電化製品が使えないじゃないか!!』

 

なんて事態になってしまうのです。

 

その課題とは・・・。

 

【スポンサードリンク】

 

海外ではこれがないと電化製品を使えない?

 

海外では、例え電圧の問題が大丈夫でも、あるアイテムがなければ電化製品は使えません。

 

それは、コンセントの変換プラグです。

 

国ごとに規格が違うのは、電圧だけではありません。

 

実は、電源プラグの形も違っています

 

しかも、結構なバリエーションがあり、

 

 A型

 B型

 BF型

 B3型

 C型

 O型

 O2型

 SE型

 

と、なんと8パターンもあるのです。

 

だから、海外に行く場合には、その国のプラグの形状を確認し、適切な変換プラグを持っていく必要があります。

 

とはいえ、実はこれ、結構難しいのです。

 

なぜなら、1つの国で2つ以上の形状があるなんて国もあります。

 

例えば、サウジアラビアなどは、A、B、B3、BF、C、SEと、6つもの形状があるのです。

 

『それなら、ほとんど全種類を買わなければいけないじゃないか!』

 

ってなりますよね。

 

でも、安心してください。

 

実は、とても便利なアイテムが売っています。

 

それがマルチ変換プラグ

 

1つのプラグで、幅広い国の形状に変換してくれるという優れものな商品です。

 

これなら、『今年はオーストラリア、来年はマレーシアに行く』なんて時も、買い直しも不要ですし、買ったものが無駄になるなんてこともないです。

 

当然、間違えて買ってきてしまった・・・なんてリスクも回避できますね。

 

オススメのマルチ電源プラグ

 

カシムラ マルチ電源プラグサスケ(ブルー) TI-13

 

なお、こちらの商品は南アフリカのBLという形状と、シャッターが付いているBFには使えないそうです。

 

不安な方は、ビックカメラなどの家電量販店で専門スタッフに聞きながら買ったほうが、間違いないと思います。

 

ところで周波数は気にしなくていいの?

 

最後に、『周波数については気にしなくていいのか?』という質問をもらったことがあったので、少し解説しておきます。

 

周波数とは、簡単にいえば、電気の形のようなもので、ヘルツ(Hz)であらわされます。

 

詳しくは交流(AC)と直流(DC)などの説明をしなければいけないので、興味がある人は、電気会社のサイトなどで確認してみてください。

 

さて、この周波数。

 

実は、日本国内でも東日本と西日本で違います。

 

具体的には、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川のあたりを境に、東は50ヘルツ、西は60ヘルツです。

 

なんでも、明治時代に電気が輸入された時に、関東はドイツ式の発電機、関西はアメリカ式の発電機を使っていたからだそうです。

 

でも、関西から関東に引っ越しても、家電が使えなかった・・・なんて声は聞いたことないですよね。

 

そうなんです。

 

実は、日本のほとんどの家電は50ヘルツと60ヘルツ両方に対応しているのです。

 

だから、関東だろうと関西だろうとどこでも使えます。

 

そして、世界的に周波数は50ヘルツと60ヘルツだけなので、日本の家電は電圧さえあえば、世界中で周波数を気にせず使えることになります。

 

jirei1

 

ちなみに、周波数の確認の仕方は、電圧と同じ所に、50-60Hzと書かれていたら大丈夫です。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す