海外旅行初心者にオススメの国は?英語が出来ない人でもOK!

a0015_000001

 

 

海外旅行に行ってみたい。

 

でも、海外なんて行ったこと無いし、英語力にも自信がない・・・。

 

だけども、海外旅行には行ってみたい!!

 

そんなあなたのために、ここでは英語力に不安がある人でも安心していける海外旅行の行き先をご紹介します。

 

【スポンサードリンク】、


 

 

海外旅行初心者が目的地を選ぶポイント

 

まず、海外旅行の目的地を選ぶ前に、1つ決めておいたほうが良い事柄があります。

 

それは、どのように海外に行くかです。

 

方法は3つ。

 

  パックツアーで行く

  フリープラン型のツアーで行く

  個人旅行(全部自分で手配していく)

 

パックツアー

 

パックツアーとは、旅行会社が全てを手配してくれて、現地でも添乗員や現地ガイドが同行してくれるツアー。

 

パックツアーならば、現地では全てガイドさんが案内してくれるし、例え一切英語が喋れなくても、安心して海外旅行に行けます。

 

フリープラン

 

フリープラン型はホテルと航空券と空港からの移動手段などがセットになったプラン。

 

ただし、現地ではガイドなどはいなくて、空港からホテルなどに移動したら、自分たちだけで行動することになります。

 

フリープラン型だと、現地のガイドなどがない分、レストランやショッピング、観光で、英語やその国の言葉でのやり取りが発生します。

 

また、なにかトラブルがあった際も、自分たちで対処する必要が出てきます。

 

さて、そんなフリープラン型で行くとすると、リゾート地がオススメです。

 

例えば、フィジーやセブ島などのリゾート地では、一度リゾートホテルに到着してしまえば、後はホテルの敷地内や現地ツアーなどに参加して過ごすことになります。

 

リゾートホテルの中には、日本人スタッフがいるところもありますし、現地ツアーでも日本語が話せるガイドによるツアーなどもあります。

 

そのようなケースだと、ほとんど英語を話す必要もなく、旅行を楽しむことが出来ます。

 

仮に、ホテルにも現地ツアーにも日本語を話せるスタッフがいなかったとしても、必要なやり取りは限られていますので、難易度はそこまで高くありません

 

なお、英語がある程度話せるのならば、ニューヨークやロンドンなどの都市でも大丈夫でしょう。

 

大きな都市ならば、日本語の通じる旅行代理店やJCBプラザなどもありますし。

 

目安としては、中学卒業レベルの英語がある程度わかれば、問題なく行けます。

 

 

個人旅行

 

個人旅行はホテルから飛行機まで、全て自分で手配していきます。

 

現地での移動なども全て自分たちだけでなんとかします。

 

難易度としては、一番高い形態です。

 

このように書くと、個人旅行は相当旅慣れていないと出来ないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

中学卒業レベル程度の英語ができれば、例え旅行初心者でも、大抵の国はなんとかなります。

 

仕事や複雑な交渉などをしない限りは、基本的な英語がわかれば結構やり取りは出来るものです。

 

ただし、例え中学卒業レベル程度の英語ができたとしても、治安の悪い国や事件に巻き込まれる危険性が高いような国に行くのはやめたほうが良いでしょう。

 

また、宿泊場所はあらかじめインターネットなどで予約していったほうが良いかと思います。

 

ところで、英語がまったく出来ないような人は、個人旅行で海外に行くことは出来ないのでしょうか?

 

いえ、そんなことはありません。

 

  英語ができない!

 

  海外旅行なんて行ったことない!

 

  でも、海外で個人旅行がしたい!

 

そんな人におすすめの場所があります。

 

海外初心者にとって最も難易度の低い場所は?

 

英語が全くできないし、海外旅行もはじめて。

 

そんな人でも十分に個人旅行ができる場所を4つほどピックアップしてみました。

 

台湾

 

まず最初は、お隣の国、台湾です。

 

台湾は石垣島からすぐの位置にあり、実は船でも行くことが出来ます。(現在は運航停止中)

 

そんな台湾の魅力は、なんといっても、料理の美味しさ、そして観光のしやすさです。

 

台湾は親切な人が多く、人が優しいし、治安も比較的良好です。

 

そして、日本語が通じるところも多く、通じなくても漢字はわかるので、筆談でいくらでも話ができます

 

また、電車やバス、新幹線などで、色々な都市を観光できるのも良い所です。

 

英語ができなくても、個人旅行で色々な都市を巡る旅ができるのも、台湾の魅力です。

 

 

サイパン

 

サイパンは日本から程近く、直行便ならば成田から4時間ほどで着いてしまいます。

 

常夏の国で、海がとても綺麗で、その海の綺麗さからスキューバダイバーにも大人気な場所です。

 

サイパンはアメリカではありますが、日本の領土であった時代もあり、街の作りはあまりアメリカ的には感じないかもしれません。

 

その代わり、街のいたるところに日本語の看板があり、お店などでも日本語が通じ安いです。

 

もしかしたら、英語を全く使う機会がないかもしれません。

 

そんなグアムですが、海やマリンスポーツ以外にも現地ツアーが豊富で、島内の観光ツアーや自転車などで行くアドベンチャーツアーなんかもあります。

 

何日いても飽きないくらいに、色々と楽しめるのがサイパンの魅力です。

 

なお、サイパンの隣にグアムもありますが、こちらも日本からの定番観光地なので、海外初心者にはオススメです。

 

ハワイ

 

日本人の海外観光地、人気ナンバー1はなんといってもハワイ。

 

芸能人も数多く訪れていて、いつになっても日本人を魅了してやまない観光地。

 

アラモアナ・センターやアウトレットなどでじっくり買い物も楽しめるし、綺麗な海で泳いだり、マリンスポーツを楽しんだりすることも出来ます。

 

そんなハワイですが、サイパン同様、日本語が通じやすく、日本語で買い物できる店や、日本語ガイドの現地ツアーなどが数多くあります。

 

もちろん、店などによっては英語が必要になるケースもありますが、それでもアメリカ本土に比べれば、全然日本語がよく通じます。

 

また、困ったときには、日本語が通じる代理店やサービスなども色々とあり、はじめての旅行でも安心。

 

ただし、オワフ島のホノルル中心部以外は、日本語があまり通じないので、他の島に行く場合などは注意が必要です。

 

 

ケアンズ

 

オーストラリアのケアンズといえば、グレートバリアリーフで有名ですね。

 

こちらもハワイ同様、日本人観光客が多く、日本語が比較的通じやすいです。

 

看板も日本語で書かれたものをちらほら見かけるし、日本語が通じる旅行代理店もいたるところにあります。

 

そんなケアンズですが、観光の目玉はなんといっても、グレートバリアリーフでのシュノーケリングやダイビング

 

ケアンズから船ですぐのツアーもあれば、何泊も船の中で過ごすような本格的なダイビングツアーもあります。

 

また、グリーンアイランドなどの島でのんびり滞在するのもオススメです。

 

ケアンズは海だけでなく、陸地をみれば、世界最古の熱帯雨林があり、実はグレートバリアリーフとならんで、こちらも世界遺産なのです。

 

こちらを巡るツアーもありますし、個人で行くなら、キュランダという村が熱帯雨林観光の拠点になります。

 

そんなケアンズですが、海岸沿いのエスプラネード通り以外には、英語が通じない店も結構あるので、要注意です。

 

また、オーストラリアでは、ケアンズに並び、ゴールドコーストも比較的日本人が多く、観光しやすい街です。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す