海外でお土産をお得に買う裏ワザと楽々持ち帰る裏ワザ

a1180_009709

 

 

海外旅行でバカにならないのが、お土産代。

 

せっかくの海外旅行だから、豪華に色々と買い物したり食事したりしたいけど、お土産も買わなきゃいけないし・・・。

 

それに、お土産は持ってかるのには重たいし、あまり書いすぎると荷物が重量や容量オーバーとなり、空港で追加の荷物代金を請求されます。

 

たくさんお土産を買わなきゃいけないけど、LCCだから荷物の制限厳しいし・・・。

 

そんなお土産の困ったを解消するための方法をいくつかご紹介します。

【スポンサードリンク】


 

免税店やお土産屋さんで買うのはもったいない?!

 

日本へのお土産は、免税店やお土産屋さんで購入。

 

なんとなく海外に行くと、そんな風に思ってしまいがちです。

 

しかし、ちょっと待って下さい。

 

確かに、免税店は税金がかかっていない分商品は安く買えます。

 

しかし、免税のお得が大きくなるのは、商品価格が高いものや香水などの税金が高い一部の商品に限られます。

 

というのも、例えば、10%の消費税を取られる国で、500円相当のお菓子を買っても、税金は5円です。

 

免税になってもたいして大きくないのです。

 

むしろ、免税かどうかよりも、その店がどれだけ割引価格で売っているかのほうが、大きいです。

 

では、免税店やお土産屋さんは割引価格で売っているかというと・・・そうではありません。

 

どちらかと言うと、観光客向けのお店は、一般的には商品価格が高めなのです。

 

では、割引率高く商品を買えるのは?

 

それは、地元のスーパーです。

 

例えば、会社などのおみやげに地元のお菓子やチョコを買う場合、

 

免税店では1箱1,000円も2,000円もするものが、スーパーだと数百円で済んだりします。

 

例えば、オーストラリアのお土産として定番のティムタム。

 

免税店でも、お土産さんでも、スーパーでも売っています。

 

ただ、価格はというと、免税店やお土産屋さんでは、スーパーの倍くらいの価格だったりするのです。

 

おみやげ代を安く済ませたい人は、スーパーは要チェックです。


※ 画像はクリックすると、Amazon.jpのサイトにリンクします。

 

無駄なくお金を使うには?

 

帰る頃になると困るのが、あまった現金。

 

旅行中に現金が足りなくなると困ると、少し余分に日本円から現地の通貨に両替したものの、使わずに余ってしまった。

 

そんな時には、普通は再両替して日本円に戻すかと思います。

 

ただ、現地の通貨から日本円に戻しても、両替手数料で結構持っていかれてしまいます。

 

さらにいえば、数万円分の両替ならば、もちろんするけど、数千円となると、両替するのも手間だし・・・なんてことも。

 

そこで、あまった現金の使い道としてオススメなのが、お土産。

 

どこの国際空港にも、ほぼ必ず免税店はありますし、そこにはおみやげ用の物品が売られています。

 

ここで買えば、重たいお土産をホテルから空港に運ぶという手間も無いですし、余ったお金も使えるし。

 

お土産は観光中に買わずに、空港で最後にまとめてという方法もあります。

 

重たいお土産を持って帰るのが嫌だ・・・

 

海外旅行でお土産を買うと、問題になるのが、お土産が『重い、かさばる』ということ。

 

大抵の飛行機には、預けられる荷物の重量やサイズ、個数に制限があります。

 

だから、お土産を買いすぎて、重量オーバーしてしまったり、スーツケースに入らず別にバッグを用意したりなどすると、超過料金を取られてしまいます。

 

せっかくお得におみやげを買ったのに、超過料金で大金を取られてしまったら、元も子もありません。

 

特に、LCCは荷物の持ち込みに厳しく、重さなどでかなり細かい料金が設定されています。

 

荷物の重量が5kg刻みで料金が上がっていくなど。

 

さらに、空港の預け荷物をクリアしたとしても、家に帰るまでが大変。

 

ただですら長旅で疲れている中、重たい荷物を持って家に帰るなんて、考えるだけでもどっと疲れませんか?

 

そんな時に役に立つのが、通販。

 

実は、海外土産は日本で通販で買えるのです。

 

海外専門の通販土産サイトがあり、そこで全世界のいろいろな国々のお土産を購入することが出来ます。

 

通販ならば宅急便で送ってくれるし、わざわざ自分で荷物を持ち運ぶ必要はありません。

 

当然ながら、飛行機の重量を気にする必要もないのです。

 

また、

 

『海外旅行中に見つけたあの絶品を、日本でもう一度食べたい!』

 

なんて時にも、使えます。

 

ただし、デメリットとして、海外で買うよりも当然値段は割高になってしまいます。

 

海外から輸入しているので、どうしても価格面は仕方がないのです。

 

おみやげ通販だと、例えば、ギフトランドなどが有名です。
国内・海外土産通販サイトのギフトランド

 

また、有名な商品ならば、Amazon.jpで購入すれば、そこそこ安く帰るかもしれません。
Amazon.jpの海外土産ストア

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す