海外旅行の究極プランニング方法!満足度97%超えを確約?!

a0015_000003

 

 

海外旅行で

 

「こんなはずじゃなかった・・・」

 

と後悔する大きな原因の1つ。

 

それが、プランニング不足です。

 

現地で何をするかをしっかりプランニングしておかないと・・・

 

  自分好みの観光スポットを見逃してしまったり

 

  退屈なスポットに多くの時間をさいてしまったり

 

  やることが無くなって暇になってしまったり

 

そんな大失敗な旅行にしないためにも、ここでは海外旅行のプランニング方法を解説していきます。

 

なお、目的地がまだ決まっていない人は、『海外旅行の行き先決め方 絶対に外せない2つのポイントとは?』を参照ください。

 

【スポンサードリンク】


 

 

ステップ1 観光地の概要を把握する

 

現地のプランニングをする段階まで来たということは、もう既に渡航先の国は決まっていることでしょう。

 

そこで、プランニングの前に、渡航先の観光情報を収集します。

 

ところで、情報収集の方法には2つあります。

 

 ガイドブック

 インターネット

 

これはどちらがよいのでしょうか?

 

結論から言えば、ガイドブックがオススメです。

 

確かに、インターネットでいろいろな情報を調べられるので、一見ガイドブックを買うのはお金の無駄なように感じるかもしれません。

 

しかし、インターネットよりガイドブックをおすすめするのには、わけがあるのです。

 

まず、第一に、

 

インターネットでは、情報を収集するのに、多くの時間がかかります

 

しっかりした情報を載せているサイトにたどり着くまでに検索を繰り返さなければいけません。

 

また、サイト1つで十分に満足の行く情報があることはまず無いので、いくつものサイトを綱渡りして、情報を収集しなければいけません。

 

第二に、インターネットの情報は断片的なものが多く、

 

○○の観光地ベスト3とか

 

○○のオススメレストランベスト10とか

 

そんな情報はあるかもしれませんが、観光地として全体的にまとめてあるサイトはほとんどありません。

 

例えば、ハワイだったら、ショッピングが出来る場所、それぞれの地区のお店、レストラン、さらには綺麗なビーチ、ビーチ以外の観光スポット、現地ツアーなどなど。

 

このような網羅的な情報をいっぺんに見ることが出来るのは、ガイドブックです。

 

時間の節約にもつながりますし、情報の漏れがなく、よりよいプランニングが可能となります。

 

そこで、ステップ1では、ガイドブックを入手し、目的の情報をひと通り読んでみましょう。

 

もしそこで、もっと詳しい情報がほしいと思ったら、その時はインターネットの出番です。

 

なお、最も詳しい情報が載っているガイドブックは地球の歩き方です。

 

しっかりしたプランニングにはオススメの一冊です。

D17 地球の歩き方 タイ 2015~2016

 

 

ステップ2 詳細なプランの設計

 

ガイドブックやインターネットで情報を検索したら、おのずとやりたいことや、見たいスポット、訪れたい店などが見えてくるでしょう。

 

そこでプランを立ててしまってもいいですが、それだけだと肝心なところが漏れてしまうかもしれません。

 

そこで、ぜひ利用していただきたいのが、現地ツアーの情報と、深い情報を持っている情報源です。

 

現地ツアーとは、日本から参加するパッケージツアーではなく、現地で参加する日帰りなどのツアーのこと。

 

日本の旅行会社や現地の旅行会社が取り扱っていて、ウェブサイトでもツアー内容を見ることが出来ます。

 

現地ツアーは効率よく現地の見どころをまわれるので、参加するのもオススメなのですが、ツアー内容を見るだけでも勉強になります

 

というのも、現地ツアーでめぐる場所は、現地の旅行会社イチオシの人気スポットです。

 

現地ツアーの内容をしっかり見ていくと、満足度の高い観光スポットなどがわかってきます。

 

また、現地ツアーだけでなく、もう1つディープな情報源となるところがあります。

 

それが日本の旅行代理店です。

 

旅行代理店は旅行のプロ集団です。

 

彼らは毎日のように旅行の情報を取り扱っているので、当然観光地の情報にはとても詳しいのです。

 

そこで、航空券を予約する際などに、オススメの観光地を聞いてみると、意外な情報が聞けるかもしれません。

 

出来れば、大きな代理店で、地域別に窓口が別になっているようなところがいいです。

 

そして、訪れるのは、比較的暇そうな時間帯にするとよいでしょう。

 

また、特定の国や地域に強い代理店もあります。

 

そのようなところだと、よりディープな情報が集まります。

 

ステップ3 さらにプランを良くするには?

 

旅行のプランニングは日本にいる間に終わるわけではありません。

 

もちろん、人によっては完璧にプランニングをしないと落ち着かないという人もいるでしょう。

 

それはそれで旅行のスタイルです。

 

ただ、プランに少し柔軟性を持たせておくと、より楽しい旅行になります。

 

現地についてから、『ここ行きたい!』と思うようになるかもしれません。

 

また、日本にいる時よりも、現地についてからのほうが情報が集まったりします。

 

だから、もちろん日本でしっかりプランニングしていくことは大事ですが、現地でも柔軟にプランを見なおしたり、追加したりすると、より楽しい海外旅行になります。

 

なお、現地の情報収集先としては、

 

  現地の観光案内所(ツーリストインフォメーション)

  宿泊しているホテル

  日本語が通じるの現地旅行代理店

 

などがあります。

 

日本語が通じる現地旅行代理店とは、HISやJTBなどの海外支店や、海外在住の日本人が経営している現地旅行代理店などです。

 

ぜひ、現地でも積極的に情報を収集をしてみてください。

 

海外旅行満足度の残り3%は?

 

ここまでしっかりプランニングをすれば、あなたの海外旅行は97%の確率で満足のいく海外旅行になるでしょう。

 

ところで、海外旅行満足度の残り3%はなんでしょう?

 

それは、無事に日本に帰ってくることです。

 

いくら良い旅行であっても、事故にあったり、事件にあったりしてしまっては、楽しい海外旅行が台無しです。

 

ぜひ、安全と健康に気をつけて、楽しい旅にしてください。

 

家に帰るまでが海外旅行です!

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す