飛行機の席は窓側?通路側?徹底比較して、論争に終止符を打ってみた

a0790_000082

 

 

飛行機に乗るときにとても迷うのが、席の問題。

 

通路側にするべきか?

 

窓側にするべきか?

 

それが問題だ。

 

ということで、通路側と窓側のメリット・デメリットを徹底比較してみました。

【スポンサードリンク】


 

席はどこに座るべき

 

まず、席を考える際に、真ん中だけは避けたいところ。

 

というのも、この先の解説をよめば理解していただけると思いますが、真ん中はデメリットばかりなのです。

 

人に挟まれて、なんとなく息苦しいし。

 

では、窓側と通路側では?それぞれメリット・デメリットを比べてみましょう。

 

窓側

 

窓側のメリットは

 

  景色が見れる

  CA以外に起こされない

 

デメリットは

 

  トイレにいくのが大変

 

まず、窓側の景色についてはわかりやすいと思います。

 

離陸時や着陸時に外の景色が楽しめます。

 

また、飛行中にも空が見れるし、遥か上空からみる朝焼けや夕焼けの空は息を呑むほどに綺麗なものです。

 

ただし、夜になると、ほとんど何も見えなくなってしまいます。

 

CA以外に起こされないというのと、トイレの点は同じことなので、まとめて解説します。

 

まず、飛行機の座席はとても狭いので、窓側の人がトイレに立とうとすると、通路側の人と真ん中の人に一回立ってもらって、通路に出てもらう必要があります。

 

つまり、通路側の人は、誰かがトイレにいくたびに立たなければいけなくなるのです。

 

寝ている時でも。

 

窓側は自分がトイレに行く時以外は立つ必要はありません。

 

しかし、自分がトイレに行く時は、みんなを立たせなければいけない。

 

気を使う人は、とても嫌です。

 

特にみんなが寝ている時間。

 

だから、自分は立たなくていいけど、人を立たせなければいけないというのが窓側のメリットでもあり、デメリットでもあります。

 

通路側

 

通路側のメリット・デメリットは窓側の真逆となります

 

メリットは

 

  食事やドリンクが取りやすい

  トイレに行く時に全く気兼ねしない

 

デメリットは

 

  誰かがトイレにいく度に立たなければいけない。

 

まとめ

 

窓側か通路側か?

 

結局、もっとも大事な点は

 

  寝たら絶対に起こされたくないか?

  トイレにいく時に気を使いたくないか?

 

の2点です。

 

夜のトイレが近い人なら、通路側がいいし、逆に、寝付きがいい上に寝たらトイレに行かないと言う人は、窓側でもいいと思います。

 

ちなみに、窓側か通路側か、これを選べるのは、航空券を購入するときか、チェックインする時。

 

いずれにしても、あまり遅いタイミングで座席を決定すると、ほとんど通路側も窓側も空いていないで、結局真ん中に座るハメになるので、座席の予約はお早めに。

 

出来れば、正規割引航空券などの座席を予約できるタイプの航空券を早めに買うのが一番確実です。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す