機内での快適な過ごし方と服装を究極に考えぬいてみた 

a0006_000344

 

 

海外旅行では、かなりの時間狭い機内に閉じ込められることになります。

 

基本的にずっと席に座っていなければいけないし、席の間隔は狭いし・・・。

 

そんな機内でどうやって快適に過ごせばいいの?

 

ここでは、狭い機内でも快適に過ごせるたるためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

 

【スポンサードリンク】


 

機内で快適に過ごすための第一歩

 

機内で快適に過ごすための第一歩。

 

それは、拠点となる場所。

 

すなわち、座席です。

 

良い席ならば、飛行機に乗っている間も快適に過ごせますが、変な席だと色々とストレスを感じることになりかねません。

 

例えば、

 

  隣の人がトイレにいくたびに立たされる

  一度座ったら身動きが取れなくなる

  食事や飲み物が運ばれるたびに知らない人に気を使う

 

などなど。

 

そこで、ベストな席選びが快適な空の旅の第一歩です。

 

では、ベストな席とはどこなのか?

 

それは人によって変わります。

 

飛行機の席は窓側?通路側?徹底比較して、論争に終止符を打ってみた』に詳しく下記ましたので、そちらをご覧ください。

 

止まったように遅い時間の針を進めるには?

 

飛行機の座席はとても狭い。

 

それに、空の上だから、ほとんど景色も変わらない。

 

にも関わらず、ヨーロッパやアメリカ路線など、12時間以上も飛行機の中に閉じ込められる。

 

そこで、大事なのが、

 

いかに退屈せずに、楽しく機内の時間を過ごすか?

 

です。

 

そのためには、暇つぶしアイテムが必須になります。

 

『機内で映画を見ればいいじゃん!』

 

とあなたは言うかもしれません。

 

もしあなたが無類の映画好きなら良いでしょう。

 

でも、もし好みの映画がやっていなかったら?

 

映画すらも見飽きてしまったら?

 

暇つぶし方法がなければ、ぼーっとするか、寝るしか無くなってしまいます。

 

そうならないためにも、暇つぶしアイテムの1つや2つは持って行くことをオススメします。

 

飛行機の中に限らず、空港など、海外旅行は意外と待ち時間が多くありますし。

 

では、何を持っていけばいいか?

 

それは、『機内での暇つぶしベスト5を発表!これであなたも暇知らず?!』で詳しく解説しておりますので、興味のある方はご参照ください。

 

まるで極寒の砂漠のような機内

 

機内は意外に寒いです。

 

特に、寒い可能性が高いのが、欧米路線。

 

欧米系の人たちは日本人よりも体感温度が高いのか、欧米系の搭乗者が多い路線では、空調の温度が低めに設定されている場合があります。

 

夏場や、温度が高い行き先にいく飛行機なども注意が必要です。

 

そこで、海外の航空会社の便に乗る場合は、温かい格好をしていくことをオススメします。

 

日本が夏場だったり、温暖なリゾートなどに行く場合は、

 

『半袖でいいや・・・』

 

なんて、油断してしまいますが、それでは機内で辛い思いをするかもしれません。

 

特に、冷え性の女性などは、しっかり対策をしていったほうがいいです。

 

また、機内はとても乾燥します。

 

冬場に暖房をガンガンにしている部屋を想像してもらえれば、飛行機の乾燥具合が想像してもらえるかと。

 

ですから、乾燥対策もまた機内では重要なのです。

 

機内で女子が快適に過ごすための全方法』で女性のための機内対策をまとめましたので、機内での服装や美容対策など詳しくはこちらをご参照ください

 

うっかり忘れると、入国時に手間取ります

 

海外の入国審査では入国カードというものを提出する必要があります。

 

こちらは機内で配られるのですが、最初の方に配られた場合は、書くのを忘れてしまいがちです。

 

配られたらすぐに書いてしまったほうが良いでしょう。

 

忘れたまま入国審査に行くと、結局向こうで書くハメになるし、空港の外にでるのが遅れてしまいます。

 

ところで、入国カードは大抵英語と日本語併記してあったり、日本語のみで書かれています。

 

しかし、入力する文字は英語だったり、結構わかりにくいものもあるので、あらかじめどのような記載事項が必要かを調べていくといいかもしれません。

 

こちらのJALのサイトに、色々な国の入国カードの解説がついていて、とても便利です。

 

機内では多くの場合インターネットが使えないか、使えてもとても高いので、出来れば印刷して持って行くと良いかもしれません。

 

 

過酷な機内で十分な睡眠を確保するには?

 

快眠。

 

それは現地で元気に過ごすためにも、

 

機内でいっこうに進まない時計の針を一気に進めるためにも、

 

とても大事なものです。

 

ところが、機内は狭いですし、リクライニングも高速バスほども倒れないので、とても眠りにくい。

 

だからこそ、快眠対策が大事です。

 

例えば、飛行機に乗る日は、昼寝をしないとか、前日に寝すぎないとか。

 

また、快眠グッズを持ち込んだりするのも有効です。

 

詳しくは『飛行機で寝れる方法 機内で絶対快眠するための究極法』に快眠方法をまとめてみましたので、興味のある方はどうぞ。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す