関西空港へは電車・バスどちらがいい?空港アクセス徹底比較

a0002_003143

 

 

関空に行くには、電車とバスどちらが良いでしょうか?

 

価格は?

 

楽に行けるのは?

 

早く着くのは?

 

関空に行くまでの交通手段を徹底比較してみました。

 

 

【スポンサードリンク】

価格は?

 

まずは各交通手段の価格から比較していきます。

 

JR 特急はるか

  大阪駅発 2,360円

  京都駅発 3,370円

  神戸駅発 3,200円(新大阪まで新快速で、新大阪にて乗り換え)

 

JR関空快速

  大阪駅発 1,190円

 

南海ラピート号

  梅田駅発 1,670円(レギュラーシート)

  なんば駅発 1,430円(レギュラーシート)

  神戸三宮発 1,840円(なんば乗り換え、ラピート号はレギュラーシート)

 

南海本線急行

  なんば駅発 920円

 

高速バス

  京都駅発 2,550円

  梅田発 1,550円

  千里中央発 1,950円

  神戸三宮駅発 1,950円

 

フェリー

  三宮発 2,180円(神戸空港経由)

 

JRの特急料金は比較的高く、電車で行くならば、南海のラピート号が割安

 

特急料金のかからない関空快速や南海の急行ならば、1,000円前後で関空までいけてしまう。

 

ただ、ラピート号の指定席がレギュラーシートであれば、たった510円なので、座れることを考えたら、ラピート号がコスパ的にかなりお得かもしれません。

 

なお、市営地下鉄や阪神、阪急、近鉄などでは、空港への割引きっぷを発売しています。

 

これらを利用することで、運賃が2割ほどお得になります。

 

さらに、なんば~関空間は関空とく割ラピートきっぷというものがあり、これを使うと、レギュラーシートで1,130円と300円もお得になります。

 

高速バスはかなり割安な運賃で空港まで行くことが出来ます。

 

ただ、ラピート号を利用すると、ほとんど高速バスと値段が変わらないため、お住まいの地域によってはラピート号のほうが安くなるかもしれません。

 

所要時間

 

次に、各交通機関の関空までの所要時間を比べてみました。

 

JR 特急はるか

  大阪駅発 約60分

  京都駅発 約80分

  神戸駅発 約90分(新大阪まで新快速で、新大阪にて乗り換え)

 

JR関空快速

  大阪駅発 70分

 

南海ラピート号

  梅田駅発 約55分

  なんば駅発 36分

  神戸三宮発 約80分(なんば乗り換え)

 

 

南海本線急行

  なんば駅発 44分

 

高速バス

  京都駅発 約90分

  梅田発 約50分

  千里中央発 約90分

  神戸三宮駅発 約70分前後

 

フェリー

  三宮発 約60分(神戸空港経由)

 

電車では、はるかよりも、ラピート号のほうが速いです。

 

同じ梅田発でも、はるかの場合は乗り換えなしの直通で60分かかるのに、ラピート号は、なんばでの乗り換えを入れても60分かからないで着いてしまいます。

 

値段も考えると、相当乗り換えが不便なところ以外はJRよりも南海を使って関空まで行ったほうがよいかもしれません。

 

なお、高速バスの場合は、道路状況によって所要時間が変わるので、確実には言えないですが、スムーズに進めば、電車とほとんど時間は変わらない

 

なお、神戸からの方はフェリーが時間的にはかなり早いです。

 

値段も高速バスなどとそこまで変わらないので、フェリーは有力な選択肢となりそうです。

 

乗り心地

 

次に、各交通手段の乗り心地や使いやすさ、重い荷物を持って関空までたどり着くまでの大変さを比較してみました。

 

普通列車

 

普通列車では荷物の置き場もないし、座席に座れる確証もないので、乗り心地はよくありません。

 

特に、通勤時間帯などは、混雑する中大きな荷物を抱えて立っていなければいけないので、かなり大変です。

 

確かに料金は安いですが、南海を利用できるようなら、510円払ってでも、ラピート号に乗ることをオススメします。

 

特急列車

 

はるか、ラピート号、共に、車内に荷物置き場があります

 

また、座席は指定席なので、座れないということはまずありません

 

ただし、特急列車に乗るまでの道のりが長い場合や、乗り換えがしにくい場合は、高速バスのほうが楽かもしれません。

 

なお、はるかとラピート号の比較ですが、ラピート号のほうが快適さは上でしょう。

 

車両の内装の綺麗さでも、オシャレ度でもラピート号のほうが上だと思います。

 

さらに、ラピート号はレギュラーシート代に210円プラスすると、3列シートのスーパーシートが利用できます

 

シート間隔もレギュラーシートよりも20cmも広いし、かなりゆったりと座ることが出来ます

 

これから飛行機の狭いシートにずっと座り続けることを考えると、電車の中ぐらいゆったりと過ごしたいものです。

 

高速バス

 

高速バスは座席定員制のため、たって乗ることは出来ません。

 

ということは、つまり絶対に座れるということです。

 

また、荷物もバスの貨物室に入れてくれるため、身軽でバスに乗り込むことが出来ます。

 

さらに、乗り場も多いため、家の近くからバスが出ていれば、わざわざ電車を乗り継いで行く必要もありません。

 

ただし、乗り場によっては本数が極端に少ないケースもあるので注意が必要です。

 

フェリー

 

神戸空港から出ているフェリー、ベイシャトルです。

 

こちらも高速バスと同じで座席定員制なので、座れないということはありません

 

また、荷物を置くスペースもあるので、スーツケースなどはそこに置くことが出来ます。

 

なお、フェリーのデメリットですが、船なので、日によっては大きく揺れます。

 

船酔いしやすい人は、天候の悪い日などはキツイかもしれません。

 

また、関空についてから、バスに乗らなければいけないなど、荷物を持っての乗り換えがあるため、予想以上につかれるかもしれません。

 

結論

 

関空は、高速バスと南海のラピート号の値段がほとんど変わりません。

 

ですから、大阪南部にお住いで、南海のラピート号が停まる駅までのアクセスがよければラピート号、その他の地域では高速バスがオススメです。

 

なお、京都からは関空まで特急はるかが直通で行きます。

 

料金もそれほど大きく高速バスとは変わらないので、特急はるかという選択肢もあるでしょう。

 

米原からは高速バスが無い代わりに、一部の特急はるかが直通で関空まで行っています。

 

米原からは特急はるかが一番便利でしょう。

 

なお、いずれの交通手段も関空にアクセスするには、関空連絡橋を通らなければいけません。

 

ここはあまり風に強くなく、台風や暴風が吹く日にはしばしば電車が運休になります。

 

そこで、空港まで必ず着くという意味では、バスのほうが無難かもしれません。

 

ただ、道路も封鎖されるような事態になると、もはや関空に行く手段はありませんが。

 

とはいえ、そんな暴風の時は、おそらく飛行機も飛ばないでしょうから、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

※ このページに掲載されている運賃などの情報は、変更される可能性があります。実際にご利用される前に、必ず鉄道・バス会社各社の公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す