海外の空港についた後の手続きや流れ、意外注意点とは?!

a1180_006142

 

 

いよいよ目的地の空港に到着。

 

でも、空港を出て、目的の国に入国するには、まだいくつかのステップがあります。

 

そして、ここからは日本ではないので、やり取りは英語が基本になります。

 

というわけで、ここで海外の空港での流れを予習しておきましょう。

 

流れさえわかれば、恐れることは何もありません。

【スポンサードリンク】

入国審査

 

飛行機から降りて、空港内を歩いて行くと、まず最初にたどり着くのが入国審査です。

 

英語では、immigration もしくは、passport controlと書かれています。

 

日本の入国審査のようなカウンターに、その国の入国審査官がいて、旅行者の入国審査をします。

 

飛行機からはいっぺんに人が降りてくるので、入国審査では大抵並びます。

 

もしあなたが飛行機の入口付近の席だったら、比較的すぐに入国審査を抜けられるでしょうが、一番奥の方の席だと、かなり待つことになります。

 

とはいえ、どっちにしろこの後の荷物受け取りで待つのだから、焦らずゆっくり並びましょう。

 

さて、自分の番が来たら、入国審査官にパスポートと、機内で配られた入国カードを渡します

 

だいたいは、それだけでパスポートにハンコを押されておしまいですが、たまに質問が飛んできます。

 

例えば、よく来るのは、入国目的。

 

英語だと、

 

What is your purpose of visit

 

です。

 

観光の場合は、

 

Holiday

 

と答えましょう。

 

(※ 発音が聞きたい場合は、コチラのページに行き、上の英文を左側の空欄に貼り付け、左下のスピーカーをクリックすると音が聞けます。

下図参照。画像をクリックすると、大きくなります。)

mybaggage

 

他の質問が飛んでくる場合もありますが、大体は入国期間や滞在場所など、旅行に関する基礎的な質問です

 

落ち着いて対処すれば、入国できないなんてことはまず無いので、安心してください。

 

荷物の受取

 

入国審査を超えると、大きなベルトコンベアーのようなものがくるくる回るエリアに来ます。

 

そこは、荷物受取り場所。

 

英語では、baggage claimと書かれています。(luggage claimの場合もあります)

 

まず、ベルトコンベアーの周辺に大抵モニターがあり、そこに便名が書かれています。

 

便名の横に荷物受取り場所の番号やアルファベットが書いてあるので、該当するベルトコンベアー近くで待っていましょう。

 

そのうち、荷物が流れ出します。

 

荷物は結構待たないと出てこないこともありますので、気長に待つ必要があります。

 

なお、もし荷物が多い場合は、カートがあるので、それに乗せて移動することも出来ます。

 

ただし、空港によっては有料の場合や、一度お金を払いカートを返すとお金が戻ってくる方式の場合がありますので、注意してください。

 

さて、大抵の場合はここで荷物が出てくるのですが、極まれに荷物が出てこない場合があります。

 

その時は荷物紛失(ロストバゲージ)の手続きが必要になります。

 

手続きなどは、詳しくは『ロストバゲージ対策 空港に荷物が届かなかった場合の対処法』を参照ください

 

なお、参考までにロストバゲージに合う確率は、おおよそ1%弱だそうです。

 

とはいえ、こればっかりは航空会社や地域によってまちまちなので、確実なことは言えませんが・・・。

 

税関

 

荷物を受け取ったら、最後に待ち受けるのは税関です。

 

税関では、国によっては、入国カードとともに記入した税関申告書を提出します。

 

税関申告書はない国もありますし、入国カードと一緒になっている国もあります。

 

例えば、オーストラリアなどは、一度入国審査時に入国カードを審査官に渡しますが、パスポートと一緒に返ってきます。

 

これは、税関申告で再び使うためです。

 

とにかく、税関申告書がある場合は、税関で提出します。

 

ほとんどの人は申告するものなど無いと思いますので、特に手続きは必要ありません。

 

税関職員に、

 

Anything to declare?

 

と聞かれたら、

 

Nothing.

 

と答えましょう。

 

税関では、申告だけでなく、荷物の検査も行われます。

 

スーツケースなどをX線の検査機にかけ、持ち込み禁止物が無いかをチェックします。

 

普通に考えて犯罪となるようなものは当然持ち込まないでしょう。

 

しかし、まったく問題なさそうなもので、持ち込みが禁止されていて、意外なことでトラブルになってしまう場合があるのです。

 

それが食品。

 

主に、肉や野菜などの食品類などは持ち込みが禁止されている場合が多いです。

 

例えば、オーストラリアは食品の持ち込みが厳しく制限されていて、もし申告せずに持ち込もうとした場合は、日本円で数万円から数百万円の罰金を支払わなければいけなくなるケースがあります。

 

国によって事情は違いますが、入国する前に持ち込み禁止の食品などがないか、チェックが必要です。

 

また、申告書には嘘は書かずに正直に申告しましょう。

 

申告さえすれば、トラブルになる可能性は低いです。

 

余談ですが、税関の周辺で、たまに職員が犬を散歩させているのを見ることがあります。

 

これは、単に飼い犬を散歩させているわけではなく、持ち物のなかに禁止物がないか、犬が嗅ぎ分けているのです。

 

まれに、犬が寄ってきて、あなたの荷物をの臭いを嗅いでいく場合があります。

 

その場合は、拒否せずに、素直に嗅がせましょう。

 

さて、税関と荷物検査を抜ければ、晴れて目的地の国に入国です。

 

自動扉を抜けて、空港の到着エリアに向かいましょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す