機内で女子が快適に過ごすための全方法

a0001_017602

 

 

実は、機内はとても過酷な環境です。

 

その上狭いし、長時間乗っていなければいけないし。

 

そこで、ここでは過酷な環境の機内で女性が快適に過ごす方法を徹底的に解説していきます。

【スポンサードリンク】

冷蔵庫な客室に注意!

 

飛行機の中は冷え性の女性にとってはかなり辛い空間かもしれません。

 

というのも、飛行機によっては、かなり空調がきつめになっているのです。

 

特に、欧米便や暑い国などに行く便です。

 

JALやANAなどはどちらかというと、日本人設定が多い気がしますが、海外の航空会社の飛行機の中には、

 

腐る物でも保存してるの?

 

と聞きたくなるくらい客室が寒い場合があります

 

そこで、女性は特に防寒対策をしっかりしていったほうがいいです。

 

特に、夏場に飛行機に乗る場合は、外が暑いから油断しがちです。

 

気をつけてください。

 

さて、機内での防寒対策といえば、カーディガンやジャケットです。

 

パーカーなども便利かもしれません。

 

暑くなったら脱げるし、寒くなったら着れるようなアイテムはぜひ1枚は持って行きたいもの。

 

ただ、寒がりな人はこれだけでは寒いかもしれません。

 

寒がりな人は、機内の空調がとても低い温度だというリスクを考えて、少し厚手のものを持って行くと良いかもしれません。

 

また、寝るときにはブランケットがありますが、これは意外にたいしたことないです。

 

薄いタオルケットのような代物。

 

はっきりって、あまり防寒対策にはなりません。

 

そのため、夜は毛布代わりにくるまれるようなものがあると便利です。

 

具体的には、ストールなど。

 

さらに、冷えに注意なのが手先足先。

 

特に、足は、常に座席の下にして寝なければいけません。

 

ビジネスクラスでもなければ、足を上げて寝るという贅沢は許されないのです。

 

そこで、夜間の冷え対策に便利なのが、靴下。

 

少し厚手のものがあると、足元あったかで、よく眠れます。

 

快眠のためには、手足の温度を上げることが大事だそうなので、冷え防止だけでなく、快眠のためにも靴下は活躍してくれます。

 

最後に、どうしても寒い場合は、余っていればブランケットを貸してもらえることもあるので、CAさんに聞いてみましょう。

 

(ただし、LCCの場合は有料の可能性あり)

 

高高度の砂漠で一晩を明かす

 

お肌にとっての大敵。

 

それは、

 

乾燥

 

です。

 

そして、飛行機の中はとても乾燥します。

 

真冬に部屋で、エアコンを最高温度にした時を想像してみてください。

 

あんな感じです。

 

乾燥しすぎていて、普通に静電気が発生します

 

さて、そんな飛行機の中でとても大事なのが、美容対策。

 

そこで、ここでは飛行機の中の美容対策を解説していきます

 

肌に悪いものは落とす

 

乾燥した状態に長時間滞在する場合、あなたの肌にダメージを与えるのが、メイクです。

 

特に、ファンデーションは肌へのダメージがあるので、落としていったほうがいいでしょう。

 

また、特に肌へのダメージが大きいのが日焼け止め。

 

日焼け止めの紫外線吸収剤紫外線散乱剤は肌を傷つけてしまいます。

 

もちろん、日焼けするよりは肌へのダメージは少ないので、炎天下の下では日焼け止めをぬったほうが良いのですが。

 

飛行機では日焼けの心配はありません。

 

つけても、機内の乾燥と合わさって、肌に大きなダメージを与えるだけです。

 

さて、このようにメイクは落として飛行機に乗るのが理想的なのですが、

 

『すっぴんで飛行機に乗るのは嫌!』

 

と言う人もいるでしょう。

 

その場合は、ポイントメイクだけにするとか、ミネラルファンデーションやSPFのないファンデにすると良いでしょう。

 

メイクを落とす場所

 

ところで、メイクはいつ落とせばいいのでしょか?

 

飛行機の中でクレンジングを使って落とすのは大変です。

 

持ち込むのも大変ですし、飛行機の小さなトイレでちょろちょろとしかでない水で落とすのは至難の業。

 

さらに、トイレを長時間占領するのも迷惑です。

 

そこで、空港の搭乗口付近のトイレで落とすか、クレンジングシートで落とすと良いでしょう。

 

飛行機に乗る際の保湿は?

 

メイクを落とした後は、しっかり保湿するのも大事です。

 

さっぱり目の乳液などを使っている方は、飛行機に乗るときは保湿力の強い乳液にしたほうがよいでしょう。

 

一番しっとりなものでいいと思います。

 

ちなみに、どうしても乾燥が気になる人におすすめなのが、

 

サンホワイト

 

です。

 

これはワセリンの上級アイテムです。

 

有名なあのヴァセリンよりもさらに純度の高いワセリンなので、肌への負担はありません。

 

保湿効果も乳液とは比べ物にならないくらいで、まるで顔にサランラップを巻いているかのようです。

 

ただし、塗りすぎるとテカテカになるのが弱点です。

 

機内に持って行って、乾燥が気になる場所にポイント使いするのもいいかもしれません。

『サンホワイト』をAmazon.jpで見てみる

 

喉の乾燥を防いでくれるし、風邪予防にもなる

 

乾燥するのは肌だけではありません。

 

飛行機の中では喉も乾燥します。

 

喉が乾燥すると、イガイガするし、風邪に対する免疫力も落ちてしまいます。

 

ただですら、人が密集した空間の飛行機の中。

 

せっかく海外旅行に行くのに、風邪をうつされてしまっては大変です。

 

そこで、風邪予防に大活躍するのが、マスク。

 

喉の保湿にもなりますし、風邪予防にもなりますし、飛行機内ではマスクをオススメします。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す