海外のホテルでチェックインする流れとその時の英会話

a0790_000348

 

 

空港からホテルに移動したら、まずはホテルにチェックインをします。

 

この時も、添乗員さんがいない時は、英語で全てやらなければいけません。

 

そこで、ここでは海外ホテルのチェックイン手続きと、簡単な英語を解説します。

【スポンサードリンク】

ホテルについた時の手続き

 

まず、ホテルに付いたら、日本と同じように、フロントでチェックインをします。

 

この時に、海外のホテルでは、クレジットカードの提示を求められる場合があります。

 

これは、何かがあった際の保険のようなもので、例え日本で支払い済みでも提示を求められる場合もあります。

 

別に料金を二重払いしなければいけないということもないですし、当然のことながら、宿泊費はクレジットカードではなく、現金で支払うことも出来ます。

 

ちなみに、クレジットカードに加え、パスポートの提示が必要なケースもありますので、すぐに出せるように用意しておいたほうが良いと思います。

 

それから、チェックインの際には、宿泊者カードの記入が必要になる場合もあります。

 

これについては、日本と変わりませんので、必要事項を英語で記入していきます。

 

チェックインの時間を過ぎていれば、カギをもらって、部屋に行くことが出来ます。

 

なお、万が一予約がないと言われた場合は、まずパスポート等で名前の確認をしてもらいましょう。

 

スペルが間違っていたり、氏名が逆になっている可能性も考えられます。

 

チェックイン時間前だった場合

 

飛行機や交通手段の都合で、午前中の早い時間などにホテルに着く場合があります。

 

ホテルによっては早くチェックインできる所あるかもしれませんが、たいていはチェックイン時間まで待たされてしまいます。

 

とはいえ、せっかく海外に来ているのだから、チェックイン時間までホテルでぼーっとしているのは、もったいないですね。

 

そんな時には、ホテルに荷物を預けて、時間まで観光をしましょう。

 

ほとんどのホテルは、チェックイン前でも予約さえあれば荷物を預かってもらえます

 

フロントスタッフに荷物預かりをお願いし、荷物室に入れてもらいます。

 

大抵はフロント横の一室で、頑丈な鍵がかかった部屋なので、セキュリティ的にも安心でしょう。(とはいえ、カギのかからないスーツケース等に貴重品は入れないほうがいいです。)

 

ちなみに、荷物を預かって貰う場合は、荷物の引換証のようなものをもらいますので、無くさないように保管します。

 

チェックインに役立つ英会話

 

ここでは、チェックインに役立つ英会話を紹介します。

 

数も少ないですし、覚えておくと便利なので、ぜひ渡航前にチェックしてみてください。

 

なお、発音が聞きたい場合は、コチラのページにアクセスし、左側の空欄に英語の文をコピペして、左下の音声ボタンを押せば、音声が聞こえます。(下図参照)

 

※画像はクリックで大きくなります

mybaggage

 

チェックインの時に

 

I have a reservation and I am checking in.

 

『予約があるので、チェックインしたいのですが。』

 

日本ではチェックインですが、海外ではチェッキングインになります。

 

ホテルの人もAre you check in? ではなく、Are you checking in?

 

と聞いてくるはずです。

 

なお、日本人は一般的にRの発音が苦手と言われており、reservationが通じないかもしれません。

 

その場合は、reservationの代わりにbookingという言葉が使えます。

 

これは、日本でもブッキングって使いますね。

 

意味はreservationと同じで『予約』です。

 

チェックイン前に荷物を預かってもらう

 

Can I leave my luggage here?

 

Could you store my luggage?

 

どちら

 

『も荷物を預かってもらえますか?』

 

です。

 

別に、どちらでも通じるのですが、日本語の感覚的には、1つ目だと『荷物置いてってもいい?』に感じてしまうかもしれないので、2つ目も載せておきました。

 

どちらでも同じ意味なので、どちらを使っても大丈夫です。

 

街の地図が欲しい場合

 

Do you have a map of the city?

 

街の観光をする場合、大抵の人はガイドブックなどがあるから、手持ちの地図はいらないかもしれません。

 

ですが、ガイドブックは重たいし、Wi-Fiレンタルなどを使っていない場合は、スマホも使えません。

 

あと、防犯上も日本語のガイドブックをもってうろうろしていると、ひったくりなどに狙われる確率が激増します・・・。

 

そこで、活躍するのが、紙製の地図。

 

大抵はホテルにあるので、欲しい人は臆せず聞いてみましょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す