海外旅行のホテル予約方法徹底比較!予約しないはあり?!

a0016_000351

海外旅行に行く際には、宿泊場所の確保は必須です。

 

パッケージ旅行で海外に行く場合は、旅行代理店が手配してくれますが、そうでない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

ここでは、海外旅行にいくためのホテル予約の方法を解説します。

 

【スポンサードリンク】

旅行初心者に最もオススメな方法

 

旅行初心者に最もオススメなホテル予約の方法。

 

それは、フリープラン型のツアーに申し込んでしまうことです。

 

フリープラン型ツアーとは、旅行代理店が販売している旅行ツアーの一種。

 

旅行代理店のツアーといえば、添乗員がついて、団体で観光地をまわるというイメージが有るかもしれませんが、フリープラン型ツアーはそれとは異なります。

 

フリープラン型とは、上記のパッケージツアーとは異なり、ホテルと航空券、空港からの送迎などがセットになっているものです。

 

そして、それ以外は何もついていないため、ツアー料金も安く、自由度の高いツアーなのです。

 

さて、詳細はツアーのページをご参照いただければと思いますが。

 

フリープラン型ツアーのメリットは、航空券とセットにすることにより、価格がかなりお手頃になっている点。

 

旅行代理店はかなりの数のホテル予約や航空券を取り扱っています。

 

そのため、価格交渉力は個人よりもかなり強いのです。

 

だから、個人で予約するよりも、例え旅行代理店の利益を入れても、安く予約できる可能性があります。

 

特に、航空券とホテルをパッケージにしたフリープラン型のツアーはお得度が高いのです。

 

ただし、時期や場所によっては、ホテルと航空券を別々に予約したほうが安くなる場合もあります。

 

さて、フリープラン型ツアーのメリットの2つ目は、リスクが少なく、初心者でも安心という点です。

 

旅行代理店が間に入ってくれますので、万が一予約がうまく取れていないという時や、ホテル側の不手際で宿泊できない場合でも、旅行代理店が間に入って、対応をしてくれます。

 

また、旅行中に何かトラブルに巻き込まれた時も、代理店がトラブル解決の手助けをしてくれます。

 

上級者にオススメな方法

 

次に、上級者におすすめな方法です。

 

それは、現地でホテル予約をすることです。

 

最近では、インターネットの口コミなどで情報が手に入りやすくはなってきているものの、やはり、実際の良し悪しは見てみないとなんとも言えない

 

それに、ホテルのアクセスなども、現地に行かないとわからないことなどがあります。

 

そこで、一番理想に近いホテルを予約する方法が、現地で予約をするという方法です。

 

具体的には、2つの方法があります。

 

1つは直接ホテルに行ってみる方法です。

 

予約というよりは、宿泊の申込になりますが、実際にホテルのフロントで空き部屋を確認し、部屋を確保すること。

 

自分の足でホテルに行けば、ホテルまでのアクセスや周辺の状況もよくわかります。

 

また、フロントにお願いすれば、実際に宿泊する部屋を見せてもらうこともできるでしょう(ホテルや時期によっては不可の場合も)

 

このようにして、自分の眼で確認できるのが、ホテルに直接申し込む際のメリットです。

 

デメリットとしては、部屋が空いていない可能性があること。

 

さらには、宿泊料金がお得な割引などにならないことです。

 

宿泊予約サイトなどでは、お得な割引キャンペーンを行っている場合もあります。

 

しかし、ホテルに直接申込場合は、そのようなキャンペーンの対象にならない可能性があります。

 

2つめの方法は、現地の代理店でホテル予約をすることです。

 

大きな街であれば、HISなどの日系の旅行代理店やJCBプラザなど、日本語の通じる代理店で予約をすることができます。

 

また、語学がある程度できるのであれば、現地の観光センターや代理店でもホテル予約はできます

 

こちらの方法でも、現地で自分の目でホテルを確認できるし、いくつかのホテルを比較しながら決めることができるのも、現地代理店のメリットです。

 

ただし、デメリットとしては、料金的に少し高くなってしまう可能性があること。

 

また、これは現地でホテルを予約する事自体の最大のデメリットなのですが・・・。

 

ホテルが空いていない可能性があることです。

 

特に、現地の繁忙期は注意が必要です。

 

街中のホテルがどこも空いていないなんてことにもなるからです。

 

実は、現地の繁忙期とは、日本からではわかりにくいものです。

 

というのも、日本人に馴染みはないけど、とても有名なイベントがある場合や、現地のスクールホリデー、祝祭日など、日本からではわからないイベントというのが結構あるからです。

 

たまたまそのような繁忙期にあたってしまった場合は、最悪野宿なんてことにもなりかねません。

 

ですから、現地でのよやう方法はあくまで上級者のみで、旅行初心者は少なくとも最初の数泊は日本で申し込んでいったほうがよいでしょう。

 

それに、短期間の旅行の場合は、現地での貴重な時間をホテル探しに費やさなければいけないことになってしまいます。

 

ただ、その反面、現地の人とコミュニケーションを取りながら、自分の宿を決めるというのは、個人旅行の楽しさでもあります。

 

特に、安くていい宿を見つけられた時には、大きな満足感を味わうことも出来ます。

 

さて、次のページでは、安い価格でなおかつ簡単なホテル手配方法を解説します。

 

【スポンサードリンク】

 

コメントを残す