初めての海外旅行ツアーでフリープラン型は危険?

a1180_012051

 

前回のページではパッケージ型ツアーのメリット・デメリットを紹介しました。

 

こちらでは、フリープラン型ツアーのメリット・デメリットを解説していきます。

 

【スポンサードリンク】

フリープラン型ツアーのメリット

 

まずはメリットからです

 

  自分の好きなようにツアーを組み立てられる

 

パッケージ型では、全てのプランが旅行会社により決められています。

 

しかし、そのプランというのは、全ての参加者の満足度を考えて作られているので、必ずしも自分の好みにあわないことが多々あります。

 

例えば、自然遺産などがみたいのに、美術館や博物館に立ち寄られる。

 

行きたくもない土産やに立ち寄られる

 

嫌いな料理ばかりのレストランに連れて行かれる

 

など。

 

フリープラン型なら、観光地も食事場所も自分で決められるため、そのようなリスクがありません

 

  旅の満足度を他人に左右されない

 

パッケージ型のツアーというのは、団体行動です。

 

添乗員さんや他の旅行者と一緒に長い時間を共有しなければなりません。

 

つまり、旅の満足度がメンバーにより大きく左右されるということです。

 

例えば、お客さんに嫌な人がいたとして、そんな人と何日間も一緒になるなんて、とても嫌ですよね。

 

添乗員さんも性格があう人であればいいけど、どうしても嫌だという人だったら、やはり旅は面白くなくなってしまいます。

 

その点、フリープラン型ならば、現地についたら自分たちだけです

 

添乗員も他のお客さんもまったく関係ありません。

 

フリープラン型は他の人々に旅の満足度を左右されないのがメリットです。

 

  個人旅行よりもお得でリスクが少ない

 

最近はネットで色々と予約ができるので、

 

『フリープラン型ツアーに参加するなら、飛行機もホテルも自分で手配してしまおう!』

 

と言う人も多いかと思います。

 

しかし、フリープラン型にはフリープラン型のメリットがあります。

 

具体的にいえば、ホテルと航空券を別々に手配するよりも、フリープラン型でまとめて手配したほうが安くなる場合があるということです。

 

旅行会社は航空券やホテルの部屋をかなりの数予約しています。

 

つまり、個人よりも価格の交渉力があるのです。

 

だから、特に閑散期などは、かなり格安にホテルや航空券を抑えることができます。

 

旅行会社が間に入る分、高くなると思いがちですが、意外にそのほうが安いなんてこともあるのです。

 

また、旅行会社が間に入ったほうが、何かとリスク回避になります。

 

例えば、インターネットでホテルを予約したとしても、取れていないなんてトラブルがあることもあります。

 

高級ホテルならまずないでしょうが、国によっては格安ホテルなどはかなりいい加減な運営をしているところもあるのです。

 

旅行会社のフリープラン型ツアーで予約したならば、文句を言えば代わりのホテルを確保してくれますが、自分自身で予約した場合は、最悪泣き寝入りなんてことにもなりかねません。

 

また、万が一トラブルに巻き込まれた際も、個人旅行では自力で解決しなければいけませんが、フリープラン型ツアーの場合は、ツアー会社に相談すれば、力になってくれるでしょう。

 

 

フリープラン型ツアーのデメリット

 

次に、フリープラン型のデメリットです。

 

  予定を立てるのが大変

 

確かに、フリープラン型のメリットは、自分の好きにプランを組み立てられることです。

 

しかし、なれない土地で、どこに行くか、何をするか、どうやって行くかなどを考えるのは、大変でもあります。

 

そのようなプランを立てることがストレスになるなら、せっかくの海外旅行も楽しめなくなってしまいます。

 

また、着くまでに予定を立てられず、結局ホテルから出なかったなんてことになったら、わざわざ海外まで来た意味がありません。

 

もちろん、プランを立てるのが好きな人にとっては、フリープラン型はとても良いでしょう。

 

でも、プランを立てるのが苦手な人や、時間のない人にはちょっと辛いかもしれません。

 

  トラブルにあう可能性がある

 

パッケージ型の場合は、旅行会社が安全にも配慮してコースを決めてくれているので、トラブルに合う可能性は少ないです。

 

また、万が一トラブルにあっても、添乗員さんがいれば、助けてくれるでしょう。

 

そのような意味でも、パッケージ型は安心感が大きいです。

 

一方、フリープラン型は現地についたら、全て自分たちだけで行動しなければいけません。

 

もしかしたら、危険な場所に立ち入ってしまうかもしれませんし、衛生面の心配があるレストランに立ち寄ってしまうかもしれません。

 

また、普通に旅行をしていても、盗難などの犯罪に巻き込まれてしまうことだってあります。

 

もちろん、フリープラン型のツアーを申込んだ会社によっては、トラブル時の対応を手伝ってくれるところもあります。

 

しかし、添乗員さんが常にいるわけではないので、すぐに何とかしてくれるというわけにはいかないのです。

 

  個人旅行に比べると自由度が制限される

 

フリープラン型は、自分で予定を決めて動くというところから、個人旅行に近いスタイルでしょう。

 

そして、個人旅行に比べると、ホテルと飛行機、空港からの交通手段を一括して予約してくれるというのが、メリットでもあります。

 

ところが、これにはデメリットもあるのです。

 

というのも、ホテルや航空券を予約する際に、ある程度、代理店の型にはまったプランで応募する必要があるからです。

 

例えば、ホテル。

 

個人旅行では、『1泊だけ申し込んで、あとは向こうでホテルを決める』とか、『泊まったところがあまり良くなかったから、宿を変える』なんてことが出来ますが、フリープラン型だと、そのようなことは出来ません。

 

また、個人旅行でOPENのチケットを持っていれば、現地での延泊や減泊も可能ですが、フリープラン型のツアーの場合はそれが出来ません。

 

なお、余談ですが、フリープラン型ツアーのデメリットとして、キャンセル料を挙げているサイトがありました。

 

しかし、これは正しくない情報です。

 

決して個人旅行に比べて、フリープラン型のツアーはキャンセル料が高いとか、早くからかかるとか、そんなことはありません。

 

キャンセル料についてはケースバイケースなので、個人旅行とフリープラン型のツアーどちらが良いかということは一概に言えません。

 

例えば、海外のホテルでは、一度予約したら、いつキャンセルしても100%の宿泊費がかかるところもあります。

 

また、航空券にしても正規割引運賃では、時期に関係なくキャンセル手数料がかかってくるものが多いです

 

しかしながら、代理店のツアーでは、日数によってキャンセル料が決まっていて、○日前まではキャンセル料無料というものもあります。

 

もちろん、個人旅行でも、航空券やホテルによっては、直前までキャンセル無料という場合もあるのです。

 

キャンセル料についてはどちらのタイプが良いということは一概には言えないのです。

 

さて、ここまでパッケージ型、フリープラン型両方のメリット・デメリットを解説してきました。

 

次のページでは、ツアーの選び方について解説いたします。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す