海外旅行にはどのクレジットカードを持っていけばいいのか?

a1180_001396

海外旅行に行く上で、現金とともにとても大事なものがクレジットカード。

 

そこで、どのクレジットカードを持っていけばいいのか?

 

各クレジットカードにどのような違いがあるのか?

 

など、クレジットカードにまつわる疑問を解説していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

どんなクレジットカードを持っていけばいいのか?

 

クレジットカードには、色々な種類があります。

 

VISAカードやMasterカード、楽天カードにセゾンカード。

 

ライフ、エポス、ニコスなどなど、いろいろな種類があります。

 

これらのカード、基本的に海外に行くのに、何を持って行っても大差ないのでしょうか?

 

いえ、そんなことはありません。

 

実は、カードによっては、全然使えないなんてこともあります。

 

そこで、どのカードを持っていったら良いかを解説していきましょう。

 

クレジットカードとブランド

 

クレジットカードには、カードのブランドがあります。

 

ブランドとは例えば、VISAやMaster、UCやニコスです。

 

このブランドには、大きく分けて2つのものがあります。

 

国内ブランド国際ブランドです。

 

上で言えば、国内ブランドはUCやニコスで、海外ブランドはVISAやMasterです。

 

では、この2つの違いは?

 

ごくごく簡単にいえば、国内ブランドは国内でしか使えないブランド。

 

国際ブランドは世界で幅広く通用するブランドです。

 

さて、このように書くと、国際ブランドのカードを作るほうが良い用に感じますが、実は必ずしもそうとはいえません。

 

というのも、国内ブランドのほとんどのカードには海外ブランドがついているからです。

 

例えば、UC・MasterカードやニコスVISAカードのように。

 

国内ブランドのクレジットカードは、国内でしか使えないと不便なため、ほとんどのカードが国際ブランドと提携しています。

 

提携というのはどういうことかというと、

 

自分のブランドのカード決済が出来ない場合は、提携している国際ブランドの決済機能を使うことができる。

 

ということです。

 

具体的には・・・。

 

例えば、デパートで洋服を買ったとしましょう。

 

あなたはセゾンVISAカードで支払いをしました。

 

しかし、そのお店はセゾンとは契約していなくて、VISAとしか契約していません。

 

このような場合は、セゾンVISAカードのVISAを使って、決済ができるわけです。

 

もちろん、セゾンの決済が出来れば、VISAよりも優先的にセゾンが使われます。

 

このように、セゾンVISAカードといえば、セゾンとVISA、両方のクレジット機能が使えるというわけなのです。(ただし、どちらを使うかは自分で選ぶことは出来ないし、セゾンが優先的に使われる。)

 

まあ、どちらが使われても同じようにカード会社から請求が来るので、使っている側にしてみれば、あまり違いはありませんが。

 

とにかく、おおよそほとんどのカードには国際ブランドがついています。

 

クレジットの国際ブランドはどんな会社があるのか?

 

クレジットカードの国際ブランドで日本で一般的なものは5つだけです。

 

VISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブです。

 

日本で発行されているほぼ全てのカードには、このいずれかのブランドがついています。

 

では、この5つの大きな違いはなんでしょうか?

 

簡単に説明しますと、

 

VISAとMasterは世界的なブランドで、最も多くの国々で使われています。

 

JCBは日本発の国際ブランドで、日本を始め、アジアの国々やアメリカでは比較的使えるお店が多い。(※ただし、一部のアジアの国ではクレジット自体があまり使えない国もある)(※※ アメリカの場合は、Discoverカード加盟店でJCBを利用できるようになったため)

 

アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブは富裕層向けのカード。

 

特に、ダイナースクラブはかなりしっかりしたステータスでないと、通常のクレジットカードを作るのも難しい。

 

結局、どのカードがいいのか?

 

さて、では5つのうちどのカードがいいのでしょうか?

 

まず、絶対に持っていくべきは、VISAかMasterです。

 

どちらも、利用できる店が圧倒的に多く、逆にVISAやMasterを利用できないけど、他の国際ブランドが利用できる店というのは、ほとんど無いです。(ただし、例外的に、日本国内ではJCBのほうがVISA・Masterより使える店が多い)

 

ところが、他の国際ブランドですと、VISAやMasterが使えるのに、使えないということが頻繁にあります。

 

例えば、JCBはアジアやアメリカ以外の国では、使える店が多くありません。

 

アメリカン・エキスプレスはアメリカでは強いですが、他の国ではほとんど使えないところもあります。

 

ダイナースはアメリカン・エキスプレスと逆にヨーロッパでは強いようですが、他の国ではVISAやMasterに比べると、だいぶ使える店は少ないです。

 

では、VISAとMasterではどちらがよいのでしょうか?

 

あまり大きくは変わりませんが、一般的にはVISAはアメリカに強く、Masterはヨーロッパに強いと言われています。

 

とはいえ、別にヨーロッパでもVISAはかなりの店で使用できますし、アメリカでもvisaが使えるところはだいたいMasterも使えます。

 

ですから、特にどちらにしなければいけないということはありません。

 

決済以外で便利?持っていると便利なJCB

 

JCBは確かに海外ではあまり多く店では使えません。

 

しかしながら、決済に使う以外にJCBにはお得な点があります。

 

それがJCBプラザです。

 

JCBプラザは世界に60カ国にある、JCBのお店です。

 

JCBプラザでは日本語の話せるスタッフが常駐していて、JCB会員向けに、現地のレストランやホテル、ツアーなどの手配を行ってくれます。

 

また、カードの盗難や紛失の際には、カードの停止などを行ってくれる他、臨時のカード発行なども行ってくれます。

 

特に、英語が苦手な方には嬉しいサービスですから、海外に行く際はJCBカードも持っていったほうが良いでしょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す