海外旅行時に激安で両替をする方法

a1180_001393

 

海外旅行に行く際には、現金を現地の通貨に変えるかと思います。

 

しかし、お金を現地の通貨に変えるには、為替手数料がかかります。

 

そして、この為替手数料。

 

実は、両替所で交換する場合には、かなり高い手数料がかかってしまいます。

 

『でも、両替所で交換する以外にどうやって現地の通貨を手に入れるんだよ?』

 

そんな疑問にここではお答えしましょう。

 

【スポンサードリンク】

実はかなり為替手数料が有利な○○カード

 

別のページで海外での支払いには、現金以外にもう1つ方法があることを解説しました。

 

読んだ方は覚えていますか?

 

そう、クレジットカードですね。

 

クレジットカードは、商品を現地の通貨で購入し、それが日本の口座から円で引き落とされます。

 

では、この時の交換レートはどのようなものなのでしょうか?

 

それは、国際ブランドの管理会社が提示する為替レートに手数料を載せた金額になります。

 

そして、この手数料というのが、実は為替の交換手数料よりも、安いのです。

 

レートはクレジットカード会社によって変わりますが、おおよそ1.6%程度のようです。

 

ちなみに、三井住友VISAカードの場合は、1.63%になります。

 

これは例えば、1ドル=100円の場合は、手数料が、1.63円かかるということです。

 

通常、両替所でアメリカドルヘ交換する際には、3円程度の手数料がかかります。

 

つまり、1ドル=100円の場合は、1ドル得るのに合計103円かかるということです。

 

こうやって比較してみると、クレジットカードと両替では倍ほど違います。

 

ちなみに、これは米ドルでの為替手数料ですが、両替所で一番安いのが米ドルです。

 

最も取引量があるからです。

 

つまり、マイナーな通貨になればなるほど、両替所の為替手数料は高くなります。

 

ところが、クレジットカードの事務手数料は一律1.6%程度なので、マイナー通貨になればなるほどクレジットカードの手数料のほうがお得になります。

 

ここまでクレジットカードの手数料について解説してきましたが、クレジットカードが得なのは、手数料がだけではありません。

 

というのも、クレジットカードの場合は、残金を再び日本円に交換するということがないので、その手間も省けるし、手数料を二重に取られることもありません。

 

なお、ここでいうクレジットカードにはデビットカードも含まれます。

 

それから、クレジットカードには、買い物以外にもキャッシングという方法もありますが、買い物より手数料が高くなるし、クレジットカードでキャッシングするくらいなら、後述のプリペイドのほうがお得です。

 

知名度は低いけど、海外旅行ではとてもお得なプリペイド

 

まだまだ知名度は低いけど、海外旅行にはとても便利なのが、プリペイドカード。

 

プリペイドカードとは、クレジットカードのVISAやMasterが発行している前払式のカード。

 

一度カードを申し込み、カードのアカウントに前もって入金しておけば、アカウントの残額分だけクレジットカードとして使えたり、お金を引き出したりできるものです。

 

なお、プリペイドカードには、いくつか種類がありますが、その中でもお得なのが、海外旅行専用のプリペードカード

 

名前の通り、海外旅行に特化したプリペードカードで日本国内では使えません。

 

しかし、あらかじめ、旅行先の外貨で入金しておくことができるので、旅行先で為替レートを気にする必要がありません

 

また、インターネットで入金できるので、旅行先で残額がなくなっても、安心です。

 

さらに。

 

海外旅行専用プリペードカードで最も強いのが、コストの面。

 

手数料ではクレジットカード以上にお得なのです。

 

例えば、Masterのプリペードカードであるマネパカード。

 

このカードならば、為替手数料が通常のMasterのクレジットカードの半額。

 

つまり、1ドル=100円の場合、クレジットカードのMasterが1.6円程度の手数料ですが、マネパの場合は、その半分の0.8円程度の手数料なのです。

(※手数料は変更となる可能性がありますので、公式サイトでご確認ください。)

 

もちろんドル以外の通貨でも、手数料の率は変わりませんので、現金両替と比べたら、遥かにお得な手数料です。

 

それでも現金が欲しい人のために。

 

それでも現金が欲しいと言う人は、どうすればいいでしょうか?

 

実は、裏ワザで、かなりお得に両替する方法があります。

 

それはFX取扱会社を使うというものです。

 

FXとはなにかというと、詳細な説明はwikipediaを参照いただくとして、ここではとても簡単に説明します。

 

FXとは株式の通貨版のようなものです。

 

株取引の場合は、各会社の株価をもとに株を売買し、株式を買った価格より株価が上がれば儲けが出るし、下がれば損するというもの。

 

一方FXは、海外の通貨を売り買いします。

 

買った時よりも通貨の価値が上がれば儲かるし、下がれば損をします。(※ただし、取引の形態によりこの逆もある)

 

ようは、FX取扱会社とは、株でいう証券会社のようなものです。

 

FX取扱会社はものすごい量の通貨を取引していますので、両替所に比べて、通貨の両替手数料がはるかに安いです。

 

それこそ、1ドルで0.2円とか0.3円とか銭レベルです。

 

例えば、FX取扱会社のマネーパートナーズならば、1ドルで0.2円(20銭)が為替手数料となります。(これに加え、1両替に手数料が500円必要)

 

さらに、マネーパートナーズならば、成田、羽田、関空、セントレアそれぞれの空港で、通貨を受け取ることができるようになっています。

 

では、FX取扱会社で両替するにはどうすればいいのか?

 

まずは、FX取扱会社に口座を開設します。

 

大抵の場合、口座の開設や維持に手数料はかかりません。

 

この口座に日本円を払い込み、それを両替してもらう形になります。

 

なお、両替に関しては少々時間がかかるので、FX取扱会社で両替を希望される方は、少し早めに手配をしたほうが良いでしょう。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す