セントレアは電車・バスどちらがいい?空港アクセス徹底比較

a1820_000004

 

 

セントレアにはどうやって行けばいいのか?

 

電車?

 

それともバス?

 

値段は?

 

時間が早いのは?

 

便利なのは?

 

セントレアへのアクセスについて徹底比較していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

名古屋市内からセントレアへ行く場合

 

名古屋市内からセントレアに行く場合には、大きくわけて3つの交通手段があります。

 

  1つ目は、電車

 

  2つ目は、バス

 

  3つ目は、タクシー

 

です。

 

電車

 

まず電車ですが、名鉄がセントレアまでの路線を運行しています。

 

地下鉄各線やJRなどからは名古屋駅金山駅で乗り換えができます。

 

JRは名古屋駅、金山駅双方で乗り換えできますが、地下鉄の場合は、

 

桜通線、東山線は名古屋駅

 

名城線・名港線は金山駅での乗り換えとなります。

 

鶴舞線は何度か乗り換えが必要になります。

 

このように、名古屋市内各地からは比較的アクセスよく名古屋駅や金山駅で空港行きの電車に乗り換えることが出来ます。

 

なお、運賃ですが、名古屋駅からは運賃が870円、金山駅からは810円、特別列車のミュースカイや特急の指定席を使う場合には、別途360円が必要になります。

 

所要時間は特急利用で名古屋駅から33分、金山駅からは31分、ミュースカイならば、名古屋駅から28分、金山駅からは24分でセントレアに到着します。

 

電車の本数は、名古屋、金山ともに、平日土日ともに10分に1本程度の感覚で電車があります。

 

ただし、ミュースカイは1時間に2本となっています。

 

さて、名鉄でセントレアまで行く場合は、ミューチケット(座席指定券)を買って、ミュースカイや特急の特別車に乗るか、買わずに特急の一般車両に乗るか迷うところです。

 

私としては、360円払って、ミューチケットを購入するほうをオススメします。

 

というのも、事前購入をすれば、必ず座席に座れますし、車両の前後にはスーツケースなどを置く荷物置き場があります

 

対して、一般車両では座れない可能性がありますし、大型の荷物を常に持っていないといけません。

 

スーツケースなどのキャスターがついた荷物は電車が傾くたびにコロコロ転がるし、とても大変な思いをします。

 

これから長旅がまっているのですし、行きの電車くらいは多少お金を払っても、快適な旅がしたいものです。

 

バス

 

名古屋市内からセントレアへバスで行く場合には、藤が丘駅まで行く必要があります。

 

藤が丘からは30分~1時間に1本路線が出ており、最終便も藤が丘発18時台まであります。

 

一方で期間限定ではありますが、栄周辺からも空港行きのバスが出ています。

 

こちらは1日4本と、便数も少ないため、栄や伏見周辺のホテルに宿泊している人が主な利用者となりそうです。

 

バスの運賃は、藤が丘発が1,440円、栄周辺発が1,000円となっています。

 

所要時間はどちらも1時間弱となりますが、栄周辺のバスは各ホテルを巡回してから空港に行くため、最初の方の乗り場から乗った場合は、多少時間がかかります。

 

また、バスの所要時間は道路状況にも左右されるため、渋滞に巻き込まれた場合は多少多めに時間がかかってしまいます。

 

バスについては、乗車時に荷物を預けられるため、とても楽ですが、主に藤が丘周辺や東山線沿いの人以外には、アクセスが大変かもしれません。

 

タクシー

 

タクシーでセントレアへ行く場合は、道路状況などにもよりますが、名古屋市内からの運賃はおおよそ15,000円から20,000円程度になるようです。

 

なお、ジャンボタクシーの場合は、さらに4,000円から5,000円プラスになります。

 

所要時間はセントレアまでの距離が比較的短い熱田神宮からは45分、比較的遠い守山区役所からは1時間程度となっています。

 

ただし、この時間は渋滞により遅れる可能性があります。

 

タクシーは家から空港まで楽に移動できますし、重たい荷物を持ち運ぶ必要もありません。

 

値段は高いですが、とても楽ちんです。

 

名古屋市外からのアクセス

 

次に名古屋市外からセントレアのアクセスについて解説します。

 

名古屋北部、岐阜方面から

 

名古屋北部や岐阜方面からはセントレアへは高速バスがないので、電車でのアクセスとなります。

 

名鉄本線犬山線などからセントレアへの直通電車が1時間に2~3本のペースで出ていますので、どちらかの線から出ている空港直通の列車を利用すると便利です。

 

運賃は名鉄岐阜からが1,340円、犬山からも1,340円、新可児からは1,500円で、ミュースカイや特急の特別車を利用するには、プラス360円かかります。

 

所要時間は名鉄岐阜からがおおよそ60分、犬山からはミュースカイ利用で60分、使わないと80分前後、新可児からは90分から110分程度になります。

 

なお、名鉄岐阜や新可児からはほとんどミュースカイが出ていないため、金山での乗り換えになるか、特急や準急でセントレアまで行くことになります。

 

犬山からは1時間に1本程度、ミュースカイが出ています。

 

愛知東部(三河)方面から

 

三河方面からセントレアに行くには、電車とバス両方が利用できます

 

高速バスは、豊田市駅、岡崎駅、知立駅、南安城駅、三河安城駅、東名豊川、知多半田からでていて、運賃はそれぞれ

 

  豊田市駅発、岡崎駅発が1,750円

  知立駅発が1,330円

  南安城駅発が1,440円

  三河安城駅発が1,440円

  東名豊川発が2,000円

  知多半田発が770円

 

です。

 

時間については、道路状況にもよりますが、おおよそ60分から80分といったところでしょう。(知多半田発は38分)

 

電車で行く場合は、名鉄で神宮前まで行き、それから空港行きの電車に乗り換えるようになります。

 

運賃は

  豊橋からが1,630円(所要時間80-90分)

  知立からが1,060円(所要時間50-60分)

  南安城からが1,190円(所要時間60-80分)

  知多半田からが810円(所要時間40-50分)

 

となります。

 

知多半田以外は電車のほうが若干安くなっていますが、新宮前での乗り換えなどを考えると、バスのほうが楽かもしれません。

 

三重方面

 

三重方面からはバスが出ています。

 

乗り場は近鉄四日市駅と桑名駅の2つがあり、両方共三重交通が運行しています。

 

運賃は両方共1,500円。

 

時間は四日市が93分、桑名駅前発が55分となっていますが、交通状況により前後します。

 

なお、津や松坂からは高速船がでており、津からは2,470円で45分ほど、松坂からは2,780円で70分前後となっています。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す