海外旅行のスーツケース、重さは大丈夫か?他に注意すべき点は?

a1180_007843

 

 

海外旅行に行く場合には、多くの人が、預け入れるくらいの沢山の荷物を持って行くことでしょう。

 

しかし、預け入れる荷物には制限があります。

 

それを知らずに、たくさん荷物を持って行くと、とんでもない超過料金を取られる危険性があります。

 

そこで、ここではスーツケース飛行機に無料で載せられる荷物の重量などについて解説していきます。

 

【スポンサードリンク】


 

 

飛行機と預け入れ荷物の規制について

 

飛行機に預けられる荷物には制限があります。

 

この制限は航空会社によって違いますが、制限を超えてしまうと超過料金を取られてしまいます。

 

この制限とは、主に

 

  預けられる荷物の個数

 

  預けられる荷物の重量

 

  預けられる荷物の大きさ

 

により決められています。

 

例えばJALですが、

 

エコノミークラスで預けられる荷物の個数は1人2個まで

 

エコノミークラスで預けられる荷物の重量は1つあたり23kgまで

 

エコノミークラスで預けられる荷物の大きさはスーツケースの縦横高さ全ての合計が203cmまで(キャスター・持ちて含む)となっています。

 

ANAの場合は、荷物の個数と重量はJALと同じですが、荷物の大きさが、縦横高さの合計が158cmまで(キャスター・持ちて含む)となっています。

 

海外の航空各社だと、荷物の個数が1個だったり、重量が20kgだったりと、日本の航空会社よりも制限が厳しいところもあります。

 

そして、いずれの航空会社でも、制限を超えてしまうと、超過分にあわせて追加料金を払う必要があるのです。

 

例えば、JALのハワイ便の場合、荷物が1個追加されると、15,000円、重量が超過すると、32kgまでは6,000円、サイズが超過すると15,000円になります。

 

(※なお、これらの情報は変更される場合もありますので、必ず航空各社の公式ホームページで確認して下さい。

 

さて、ここまではレガシーキャリアの情報ですが、LCCとなると、さらに変わってきます。

 

まず、LCCではそもそも荷物を預けること自体が別料金の場合が多いです。

 

そして、料金も、荷物の重量や大きさなどにより、細かく決められています

 

例えば、ジェットスターなら、15kgなら○○円、20kgなら××円というように。

 

なお、この荷物の料金はチケットを予約する際に支払います。

 

ですから、あらかじめどのくらいの重量になるかを計算していかなければいけないのです。

 

もし、荷物を預けるための料金が嫌な場合は、機内持ち込み荷物のみにするという手もあります。

 

例えば、ジェットスターの場合、ハンドバックとキャリーケースなどの合計2個を機内持ち込み出来ます。

 

なお、合計重量は7kg。

 

持ち込めるキャリーケースの大きさは、縦23cm×横36cm×高さ56cmです。(持ち手・キャスター含む)

 

(※ 情報は変更される可能性もありますので、必ず公式ページで確認して下さい)

 

JALなどのレガシーキャリアにも機内持ち込みの重量やサイズ制限があり、それ以下のキャリーケースでしたら、機内に持ち込むことが出来ます。

 

ちなみに、機内持ち込みのみで旅行するメリットとしては、LCCでの料金以外にも、空港のバゲージクレーム(荷物受取り場所)で荷物が出てくるまで待っていなくて良いという点があります。

 

このバゲージクレームでは、結構待たされる事が多く、預け入れ荷物がないと、『まだ荷物出てこないのかよ・・・』というストレスから開放されます。

 

また、まれに預け入れ荷物は無くなることもあるので、そういったリスクも回避できますね。

 

ただし、もし機内持ち込みのみにする場合は、機内持ち込み出来ない危険物がないよう、くれぐれも注意してください。

 

さらに、液体物もキャリーケースには入れることが出来ません。

 

詳しくは、『液体物の飛行機機内持ち込みについて徹底解説』と『海外旅行に持っていけない意外な危険物とは?!機内持ち込みの手荷物に入れられる?』を参照ください。

 

最後に、海外に旅行に行くと、おみやげなどの関係で、行きよりも帰りのほうが荷物が重くなります。

 

ですから、行きからぎりぎりの重量で行くのはやめたほうが良いかと思います。

 

さて、次のページでは、海外に持っていくスーツケースの選び方などを解説します。

 

次のページ:海外旅行のスーツケースの選び方、オススメは?サイズは?

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す